カテゴリー「ネット」の53件の記事

2018年2月17日

(このブログは「控え」であり,メインのブログではありません)

 ブログ記事の更新を長期間サボっていたら,Google検索などで“三日画師”を検索したときのランクが下がってしまったらしく,メインのブログ『写真撮っけど,さすけねがい?』よりも,名前を付けたこっちのブログのほうが上位に表示されてしまうようになった。

 以前は『写真撮っけど,さすけねがい?』を見てくれていた人が,検索結果上位にある『三日画師のかすかだり』を見て,

 「最近ブログの傾向を変えた?」
 「以前とは全然違ったブログになったね」

という反応をしてきたので,とりあえずメインブログへのリンクを冒頭に置くことにしてみた。

 私のメインブログ『写真撮っけど,さすけねがい?』は下記になります。

_01
https://mikkagashi.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日

iPhone 5s から iPhone 7 に機種変更

170405230730

 docomoがiPhoneを始めた2013年9月から使い続けてきたiPhone 5sだったが,バッテリーが完全にヘタってしまい,満充電だったiPhoneを一日中職場の携帯ロッカーの中に置いておくと,帰宅時には残り容量が数%にまで減少している状態になってしまった。

 金属製ロッカーの中で電波が弱くなるので,iPhoneが頑張って通信しようと電波を増幅するためにバッテリーを余計に消費するのだろう。通信量の多いアプリを落としたり,飛行機内モードにしたりしていたが,焼け石に水。

 とうとう新しいiPhone 7に機種変更した。4.7インチディスプレイの256GBモデルで色はジェットブラック。
 実は片手使用派なのでiPhone SEが本命だったが,ストレージが最大でも128GBのままで,とうとう256GBのタイプが出なかったため,泣く泣くあきらめた。256GBあればiTunesの音楽が丸ごと入ってしまうのが大きい(Apple MUSICがあるので,丸ごと入れる魅力は薄くなったが)。

 帰宅してさっそくバックアップからシンクロ……と思ったが,なぜかエラーが出る。一瞬焦ったが,新しいiPhone 7のOSが古いiOS10.2のままだったため,まずは最新のiOS10.3.1にアップデートしたら無事にシンクロ完了。

 待つこと約30分でiPhone 5sと中身がまったく同じiPhone 7が出来上がった。壁紙はiPhone 4の頃の水滴のやつがそのまま引き継がれている。iPhoneを使っている限り,新機種になってもアプリをインストールし直したり,データを読み込み直ししなくて済むので楽ちんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日

「Eye-Fi」旧製品のサポートが終了

Eyefi

 Eye-Fiから「あなたの Eye-Fiカードに関する重要なお知らせ」というメールが届いた。なんと,本日(2016年7月6日)旧製品ラインのサポートを停止するという突然の通知だった。

 対象となる旧世代の製品は「Eye-Fi Pro X2またはそれよりも前の世代の製品」で,私がRICOHのGRやCanon PowerShot S100で使用している「4GB Connect X2」がモロに合致する。

160710001416

 まずは2016年9月16日にクラウド機能が利用できなくなり,2016年9月X日以降にはスマートフォンやPCに直接転送する“ディレクトモード”も使えなくなるようだ(正確な表現をすれば,機能するかどうかの保証ができない状態になるという)。

 もともとクラウド機能は使っておらず,GRで撮った写真をその場で1枚だけiPhoneに転送するのに使用していたため,クラウド機能が使えなくなっても問題ないと思っていたが,iPhoneのEye-Fiアプリのアップデートもなくなるため,iOSのアップデートにともなう動作保証がなくなってしまうのである。

 iPhone側のEye-Fiアプリが動作しなくなると,私のEye-Fiカード4GB Connect X2は,わずか4GBしか容量がなくて,バッテリーを多めに消費するだけの単なるSDカードになる……

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月18日

ソニーグループの「ソネット」が社名変更

 ソネット社名変更 「ソニーネットワークコミュニケーションズ」に(2016年06月16日 ITmediaニュース)

 ソニーグループでISP「So-net」を運営するソネットは、7月1日から「ソニーネットワークコミュニケーションズ」に社名を変更すると発表した。

 従来の通信事業に加え、ソニーグループ内で、クラウド・サービス・IoTを中心とした新規事業の展開や、企画・運用をより強化するとしている。

000807181722
〔SONYの「ソネットサーバー」〕

 ソニーグループの老舗インターネットサービスプロバイダ「So-net」を運営するソネットが,ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社へ社名変更するという。

 ちょっと前に『老舗ISPの「BEKKOAME」が新規受付を終了』で書いたように,私はISPとしてBEKKOAME〜朝日ネット(〜現在はナイショ)を利用してきたのでSo-netに縁はないが,メールクライアントにポストペット(PostPet)というキャラクターが登場するサービスをウリにしていて,最初から最後まで意味がわからなかった記憶がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日

My Yahoo!サービス終了

 「My Yahoo!」サービス終了のお知らせ(2016/6/13 My Yahoo!スタッフブログ)

いつもMy Yahoo!をご利用いただき、ありがとうございます。

Yahoo! JAPANでは、より多くのお客様の課題解決につながるサービス作りを進めるため検討を重ねた結果、選択と集中の観点から、2016年9月29日をもってMy Yahoo!を終了することになりました。

長らくご愛用いただいたにもかかわらず残念なお知らせとなってしまい、誠に申し訳ありません。

My Yahoo!に登録されているRSSデータのエクスポート機能の提供を、1週間以内に開始する予定です(パソコン版のみ)。提供を開始しましたら、このブログでお知らせいたします。

My_yahoo

 衝撃的だった2013年のGoogleリーダーの終了から3年,Googleリーダー・iGoogle難民の受け皿のひとつだったMy Yahoo!のサービスが今年の秋で終了する。

 2013年には『Googleリーダー終了へ……「ブログ」終了の始まり』,『やっとGoogleリーダーからFeedlyに切り替え……』という記事を書いた。
 私は運良くRSSリーダーをFeedlyに切り替えたので問題ないが,うっかりGoogleリーダーからMy Yahoo!に乗り換えた人は,またRSSデータを切り替える面倒くさい作業が必要となる。

 気になる情報をRSSで取得し,大量のデータの中から必要な情報を得るというのは,もう時代遅れなのかもしれない。RSSを配信しないサイトも増えている。TwitterがRSSリーダーの代わりになるとは思えないが,なぜかTwitterで十分という声も聞く。5年後はどんなふうになっているのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日

老舗ISPの「BEKKOAME」が新規受付を終了

 老舗ISP「ベッコアメ」、新規受け付け終了(2016年05月25日 ITmediaニュース)

 GMOインターネットは、ISPサービス「BEKKOAME//INTERNET」の新規申し込み受け付けを5月20日で終了した。既存ユーザーへのサービス・サポートは続ける。

 BEKKOAME//INTERNETは、個人向けISPの草分けで、尾崎憲一さんが1994年にスタートした。尾崎さんが創業したベッコアメ・インターネットが運営していたが、04年にISP事業とホスティング事業を現GMOインターネットに譲渡していた。

Photo
〔「INTERNET magazine」掲載の商用ネットワークサービスプロバイダー接続マップ(1995年3月末日現在)〕

 久しぶりに「BEKKOAME//INTERNET」という名前を見て,懐かしさとともに,ひとつの時代が終わったことを実感した。

 1994年に自宅で最初に契約したのがBEKKOAMEだった。当時はJUNETからの流れで“業務以外の用途(業務以外で接続してはいけない現在とは真逆)”なら職場からインターネット接続が可能で,ニュースグループのfjやメイリングリストに,「○○@※※社△△研です」のように職場名付きの実名を名乗って書き込みをしていたおおらかな時代だった。

 1987年からNIFTY-Serveでパソコン通信を行っていたが(それ以前は個人が設営していた「草の根ネット」のいくつかに接続していた。まだ16bit文字が完全に普及しておらず,8bitカナだけの草の根ネットもあった),自宅からもfjに書き込みがしたくなり,サービスを開始したばかりのBEKKOAMEに飛びついたのだった。他の選択肢としてIIJが既に存在したが高嶺の花だった。

 個人向けインターネット接続サービスプロバイダの誕生と,Windows 95の登場,そしてパソコン通信サービスからのインターネットへの移行が重なり,fjやメイリングリストが混沌に陥っていったことも記憶に新しい。

 ダイヤルアップ接続が従量制だったので,ノートパソコン(私はずっとPowerBook)を使って,オフラインでもメールやfjの読み書き,パソコン通信の読み書きを少しでも快適に行うことに夢中になっていた日々も懐かしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月18日

携帯のGPS情報を本人通知なしで捜査利用

 携帯のGPS情報、本人通知なしで捜査利用 新機種から(2016年5月16日 朝日新聞)

 今夏発売の携帯電話の新機種の一部から、捜査機関が、本人に通知することなく、GPS(全地球測位システム)の位置情報を取得できるようになることがわかった。総務省が昨年、個人情報保護ガイドラインを改定し、本人通知を不要としたことを受けた措置で、機種は今後順次拡大していく見通し。犯罪捜査に役立つ一方、プライバシー侵害の懸念もある。

 NTTドコモは、11日に発表した、基本ソフト(OS)「アンドロイド」を使うスマートフォン5機種で対応を始めるという。19日から順次発売する。

160326034808edit

 ちょうど1年ぐらい前に,携帯電話のGPS情報の捜査利用が話題になっていたことを思い出した。
 Evernoteで探したところ,2015年6月24日に「総務省が通信業界への指針(ガイドライン)を改定し,携帯電話のGPS情報を犯罪捜査に使いやすくした。裁判所の令状があれば,携帯会社が本人に知らせなくても位置情報を得られるようにし,詐欺集団などの摘発にいかす」という記事が見つかった。

 改定前は,プライバシーへの配慮から,捜査機関が情報を取得するにあたっては位置情報取得の「本人への通知」が条件になっているため,犯人に逃げられたり証拠隠滅の恐れがあり,捜査には使えないことが問題になっていた。

 そして,今夏発売の新機種から,とうとうGPS情報の本人通知なしでの捜査利用が始まることになる。

 ドコモによると,既存の端末については,ソフトのアップデートを通じて対応することを検討中だという。

 しれっと「アップデートを通じて対応」と書かれているが,利用者に無断で,あるいは利用者が気づかないうちにキャリアまたは捜査機関が位置情報を取得するアプリを端末にインストールすることは,「不正指令電磁的記録に関する罪」に該当しかねない対応だ。犯罪捜査という“正当な理由”がどこまで錦の御旗になるか,議論のあるところだろうと思う。

 とてもモヤモヤする話だが,私が利用しているAppleのiPhoneは,キャリア側から利用者の位置情報を取得できない仕組みになっており,本件の影響は受けない。位置情報取得の対象はAndroidだ。iPhoneを犯罪に利用するわけではないが,とりあえず安心できる。

 本人への通知なしで捜査機関にGPS情報をホイホイと渡す日本の携帯キャリアと,FBIの執拗なロック解除要請を断り続けたApple。古い機種や旧バージョンOS利用者をあっさり切り捨てるAppleは気にくわないが,どこを信用するかといえば一択となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日

自宅内Wi-Fiブリッジ接続トラブルにはまる

160209195900

 2月9日にAppleの新しいAirMac Time Capsule 2Tを購入し,問題解決したはずだった自宅内Wi-Fi環境だが,その後トラブルに苦しむことになった。

 AirMac Time Capsule 2Tの設定は完了するのだが(有線LAN,無線LANどちら側からでも設定できる),いざWi-Fiで接続しようとすると,ルーターがMacに割り振るIPアドレスが 169.254.*.* になってしまい,インターネットに接続できない。

Wifi_airmac_time_capsule

Wifi_airmac_time_capsuleedit

 このトラブルをGoogleで検索すると,まあよくあるトラブルで,ルーターかWi-Fiブリッジ(私の場合はAirMac Time Capsule)かMacを再接続したり,電源を入れ直したりすることで問題解決することが多いらしい。

 さっそくそれぞれの電源を入れ直したりしてみたがトラブったままだ。複数のMacBook ProやMacBook Air,そしてiPhoneでも同じ症状が発生する。同じ設定にしたAirMac Expressでは問題なく動作することから,購入したAirMac Time Capsuleが初期不良であるとしか考えられない。

 そこで,購入したヨドバシカメラに持っていき,別のAirMac Time Capsuleを出してもらうところまで行ったのだが,念のため店内のルーターにつないだところ,何の問題もなく動作したのだった。ヨドバシの店内では何もせずに繋がったということは,つまり自宅でもAirMac Time Capsuleの設定は問題なく完了していたことになる。

 こうなると,まったく原因がわからない。完全に泥沼状態である。

 その後もヒマがあるたびに接続を試みたが,ルーターが割り当てるIPアドレスは 169.254.*.* になってしまい,うまくいかない。設定を見直すといっても,設定するところがほとんど無いから困る。

 結局,AirMac Time CapsuleをWi-Fiブリッジとして使うのをあきらめ,2TBのNASとして使うこととし,Wi-Fiブリッジとして新しくNECのAterm WG2600HPという無線LANルーターを購入した。

160321141833

 これがNECのAterm WG2600HP。カタログ値で,無線LAN: 1733Mbps(11ac/5GHz帯),800Mbps(11n/2.4GHz帯),有線LAN: 1000BASE-Tで,実効スループットも高速であることを謳っている製品だ。
 デザインはイマイチだが,常時見えるところに置いておくわけではないので我慢できる。電源を入れると何の問題もなくWi-Fiブリッジとして動作した。そもそもWi-Fiブリッジとして設定することなどはほとんど何もないのだから,つながって当然である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日

自宅内Wi-FiブリッジのTime Capsuleが突然死

160209195900

 約5年使い続けてきた AirMac Time Capsule 2T(写真右)が一昨日突然死した。その前に使っていたUFO型のAirMac Extremeは約10年で接続不良を繰り返すようになってから徐々に壊れたが,心構えなしに訪れる突然死は痛い。

 とりあえず,AirPlay用(iTunesやApple MUSICの音楽をリビングのスピーカーで再生する)に使っていたAirMac Express(写真中央)を使ってしのいだが,IEEE 802.11nに慣れてからだとIEEE 802.11b/gの通信速度は遅すぎる。

 ということで,新しいAirMac Time Capsule 2T(写真左)を買ってきた。写真を見たときにはずいぶん小さくなったと思ったが,実物は想像より背が高く,以外に大きく重い。
 これで新しくIEEE 802.11acも使えるようになって,さらに快適……と思ったが,この後,接続で苦しむことになる……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日

ソフトバンクの iPhone を解約した

080803001033
〔2008年夏に買ったiPhone 3Gとオマケ〕

 年内最後の通院帰り,雲ひとつない青空が気持ちよかったため,ソフトバンクのiPhoneを解約し,約7年間続けてきたソフトバンクとドコモのiPhoneの2回線持ちをやめた。

 2008年の夏にiPhone 3Gを買ったときからソフトバンクとdocomoの2回線持ちが始まった。その頃はまだdocomoがiPhoneを出していなかったので,しかたがなかったのだった。
 docomoのいわゆるガラケーを通話専門にし,あっという間にiPhone 3Gがメインとなった。

131005032503
〔2013年ドコモのiPhone登場。2台体勢になる〕

 そして2013年にdocomoからiPhoneが登場。さっそくiPhone 5sを購入し,iPhoneの2台体勢となった。

 iPhone 5とiPhone 5sという同じような機種の2台体勢なので,ソフトバンクのiPhone 5は出歩くときのGPSトラッカーとして使い,後でデジタル一眼レフなどで撮った写真へのGPSデータマッチングのために利用していた。

 TwitterやInstagramやメールや地図表示を頻繁に使用するメインのiPhoneと違って,ほぼGPSトラッカー専用としてiPhone使うと,バッテリーの持ちを気にせずにGPSの精度を上げ,衛星捕捉頻度も増やせるので,とても優秀なGPSトラッカーになるのだった。GPS機能付きコンパクトデジカメのGPSは,まったく使わなくなった。
 新しいiPhoneが出れば,古いソフトバンクのほうのiPhoneを機種交換しようと思っていたが,iPhone 6もその次のiPhone 6sも片手で操作するには大きすぎて,買う気にならず……

 しばらくは「なんとか割引(ケータイの契約は複雑すぎて全部を把握していなかった)」などで,ソフトバンクへの支払いは4500円前後,ドコモへの支払いは3800円前後だったので,昔の固定電話でのネット料金が1万円をオーバーしていた時代のことも頭の中にあり,それに比べればマシかなと……

 それがある日から,ソフトバンクへのiPhoneの支払いが5千円を超えた。

Photo
〔パケット定額料が4200円から5200円にアップしたので,たまらず2段階プランの2000円〜6200円プランに変更〕

2
〔ソフトバンクの料金プラン(iPhone向けのパケット定額サービス〕

 ソフトバンクの利用額が5千円を超えたのは,「かいかえ割」による特典「パケット定額料1,050円割引」が発生してから1年が経ち,それがなくなってしまったからだった。

 さすがにソフトバンクとドコモを合わせて,約1万円の支払いになるのはつらい。GPSトラッカーとして携帯電話回線を使うのは,GPS衛星が捕捉できない状態で基地局情報を使うぐらいだから,普段は回線をまったく使わない飛行機機内モードでも問題ないし,パケット定額2段階プランに変更した。これだとひと月のソフトバンクへの支払い料は1600円ぐらいに抑えられそうだ。

 これなら,ソフトバンクとドコモへの支払いをあわせても5千円ちょっと。まだしばらくは2回線を維持できそうだ……と安心していた。

 ここからがソフトバンクへの怨み節になる。

 普段はGPSロガーアプリ(myTracksというものを愛用している)だけを起動し,他には何も起動していない。常時機内モードにしているし,自宅では宅内の無線LANに繋がっているため,ソフトバンクの回線をまったく使用していない。請求額は1800円ぐらいだった。
 この使い方をしているかぎり請求額は変わらないはずだから,請求額など気にせずに使い続けていた。

 OSのアップデートも,昔からのやり方でMacにつないだ状態で行うから,問題ないと思っていたのが失敗だった。アップデート後にiPhoneを再起動すると,機内モードじゃなくなっているのだが,それに気付かなかった。その間に,何らかのデータがソフトバンク回線を使用していたらしい。

 機内モードじゃないといっても,ソフトバンクのiPhoneはGPSロガー以外のアプリは起動していないし,通話もしない。毎日使うわけじゃなく,自宅で無線LANに繋がった状態で放置する期間も長かった。

 再起動で機内モードが解除されていることに気付かなかった自分も悪いのだが,まったく使わない状態で1ヶ月放置していても,パケット定額料は2000円ではなく,なんとパケットし放題の上限である6200円に達していたのである。

 OSアップデート時の再起動したときに,すぐに機内モードに設定した場合は問題なかったが,他に作業をしていて,気付くのが数時間遅れただけでも,パケット定額料が2000円を超えている。
 私の使い方のような異常な使い方,つまりほとんどソフトバンク回線を使わないようにしていても,パケット定額料2000円を維持するのは難しいのだ。実質的にこのプランは「使用量の少ない人向けの格安プラン」ではないことがわかる。鳥綱コウノトリ目(あるいはペリカン目)に属する水鳥の名前で呼びたくなるプランだと思う。

 さて,ソフトバンクの回線を解約し,回線使用料を気にせずにiPhone 5をGPSトラッカーとして使うことができるようになった。基地局情報を使わなくなるので精度は落ちるだろうが,まあそれでもデジカメに付いているGPS機能よりはまともに働いてくれることだろう。

 それにしても,ソフトバンクショップで解約の手続きをしたとき,店員さんが解約理由をひとことも聞いてこなかったのには,ちょっと拍子抜けしたかな。以前,WILLCOMのPHSを解約したときには,ものすごく低姿勢で,不満を感じていた理由や,他社に比べて劣っていると感じる点,どんな点が改善したら将来的にまた契約してもらえるか……等々,丁寧に細かく聞かれた記憶がある。

 ソフトバンクショップの店員さんは,「解約した瞬間にメールその他が使えなくなりますけど,よろしいでしょうか?」と聞いただけで(どうせ私は20年ぐらい前から同じメールアドレスを使い続けているので影響はないが),その他には何にも質問なし。どういう理由で客がソフトバンクから離れるのかに興味はないのかな。「7年間ご利用有難うございました」ぐらいあっても良さそうな気がするけど,そういう気づかいもなしだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧