« 大東亜戦争中のニコン戸塚製作所内の映像 | トップページ | 愛される銚子電鉄 銚子商の生徒が銚電支援 »

2016年8月 7日

JR三江線の存廃問題

 島根)三江線問題、議論の時間求める住民意見相次ぐ(2016年8月4日 朝日新聞)

 JR三江線の存廃問題で島根、広島両県の沿線6市町長らでつくる「三江線改良利用促進期成同盟会」が2日夜、邑南町で住民説明会を開いた。JR西日本が前日、存廃についての考え方を9月1日に沿線自治体に示す方針を明らかにしたことを受けた最初の説明会で、住民からは議論の時間を確保するよう求める意見が相次いだ。

 住民約60人のほかJR米子支社や県の関係者らが出席。石橋良治町長が、JR西日本本社(大阪市)で来島達夫社長と面会したことなどを説明した。住民からは「(存続を)もうあきらめている住民もいる。将来に禍根を残さないためにも、納得できるよう議論する時間をいただきたい」などと要望が出された。

 県に対しては「三江線沿線の活性化にイニシアチブを取っていただきたい」との注文もあった。

030430160418
三次駅にあった三江線専用0番線ホーム

 朝日新聞の記事は「議論の時間求める住民意見相次ぐ」という内容だが,三江線の状況が最近になって急激に悪化したわけではなく,今までにも議論する時間は十分にあったはずだ。

 2013年8月の豪雨被害で不通になった三江線の復旧には,トータルで10億8千万円かかったという(JR西日本が約6億円,地元自治体などが約4億8千万円)。約3年前,全国の多くの人が「とうとう廃線だろう」と感じていた三江線に巨額の税金を投じて復旧したばかりだ。どの時点で判断を誤ったのか,きちんと検証しておく必要があると思う。

 三江線は広島県三次市の三次駅と島根県江津市の江津駅を江の川に沿って結ぶローカル線で,全通は1975年と比較的新しい路線である。福山と三次(塩町駅)を結ぶ福塩線と合わせて,山陰地方と山陽地方を結ぶ陰陽連絡路線という位置づけも弱く,開通したときには既にマイカー時代になっており,沿線における代替道路未整備という理由によって廃線を免れている状況だった。

 沿線の主な自治体の人口は広島県三次市5万3千人,島根県美郷町約5千人(中心は粕淵駅で2012年の1日平均乗車人員は23人),島根県川本町約3.5千人(石見川本駅の1日平均乗車人員は35人),島根県江津市約2万4千人であり,いずれも人口が大きく減少している。全国どこのローカル線にも共通しているが,県境を跨ぐ区間は利用客が極端に少なくなるので,この沿線人口の少なさは致命的だ。

 三江線の旅客輸送密度はJR全路線で最下位の約50人/日で,1992年度には1日平均1409人だった利用客が,2014年度は183人にまで減少しているという。国鉄再建法では,鉄道からバスへ転換する目安となる旅客輸送密度は4000人/日とされ,廃止対象となる特定地方交通線に指定されており,三江線の50人/日という数字は,既に公共交通機関としての役目が終わっていることを示す。

 三次から雲南市木次町・三刀屋町を通り出雲・松江方面とを結ぶ松江自動車道(中国横断自動車道尾道松江線)が2013年に全線開通した。三次東から三刀屋木次は新直轄方式で建設され,無料区間となっている。無料とはいえ,建設・運用に掛かる費用は税金でまかなっているわけだから,交通行政の判断で税金を投入していることになる。
 三江線の赤字を税金で補填しようとすると,今後の10年間で10億円ぐらいだろうか。松江自動車道に島根県がどのぐらいの税負担をしているのか不明だが,これから沿線の自治体が三江線をどうしたいのかを判断することになるだろう。

|

« 大東亜戦争中のニコン戸塚製作所内の映像 | トップページ | 愛される銚子電鉄 銚子商の生徒が銚電支援 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント


「議論の時間を」と自治体は言っているようですが、
今までさんざん時間があったはずですし、
逆になぜ今まで存廃議論を行っていなかったのか、
どう考えてもただの怠慢と今更の廃止引き延ばしでしかないですよね。


投稿: BOY | 2016年8月 9日 10時48分

こんにちは
輸送密度50人って.......
いままで何をしてたんでしょうね。
どうせ廃止にはならないとたかをくくっていたんでしょうか。地元からは法人税の減免を提案したそうですがせめて上下分離ぐらいはしないと話にならないでしょう。JRもこれで地元のやる気のなさを判定したのではないですか。自分ではなにも提示せずただ残せ残せでは周りも納得しないでしょうね。

投稿: 猫めん | 2016年8月 9日 15時12分

 沿線自治体の反応が薄い感じがしますね。記事からは,本気で三江線が必要だと感じているのかどうかが伝わってきません。銚子電鉄とは対照的かも…

投稿: 三日画師 | 2016年8月10日 18時33分

正式に発表がありましたね。
確かにご指摘の通り同じ中国地方の木次線と比べてもちょっと反応が薄かったような印象があります。立地条件等もあるので一概に言えないのですが「亀嵩そば 砂の器 延命水 スイッチバック トロッコ列車」とある木次線と比べるとアピール度の低さは否めなかったように感じました。

投稿: 猫めん | 2016年9月 1日 15時18分

 とうとう発表がありましたね。

 昭和48年版中学校社会科地図(中学時代の地図帳)を見たら,陰陽連絡新幹線として広島と松江を結ぶ新幹線が予定線として描かれていました。芸備線・木次線・三江線の現状を見ると隔世の感があります。

投稿: 三日画師 | 2016年9月 3日 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR三江線の存廃問題:

« 大東亜戦争中のニコン戸塚製作所内の映像 | トップページ | 愛される銚子電鉄 銚子商の生徒が銚電支援 »