« 東北の夏を彩る青森ねぶた祭りが始まる | トップページ | 二刀流大谷翔平の進化…セ・リーグだったら »

2016年8月 5日

「ウィンカーを出さない」岡山県がワーストは本当か?

 「ウィンカーの合図出さない」、岡山が全国ワースト(2016年8月2日 朝日新聞)

 日本自動車連盟(JAF)が行った交通マナーに関する調査で、岡山県は右左折や車線変更の時に「方向指示器(ウィンカー)の合図を出さない車が最も多い都道府県」という不名誉な結果が出た。これまでも県外ドライバーや観光客からの批判を受け、県警は合図の徹底を呼びかけてきたが、改善の必要性が裏付けられた形になった。

 調査は6月にJAFのホームページで実施。全国約6万5千人から回答があり、県内居住者は970人が答えた。「ウィンカーを出さずに車線変更や右左折する車が多い」との設問に対し、「とても思う」と答えた割合が53・2%、「やや思う」は37・8%で、合計した91・0%が全国でトップだった。特に、「とても思う」は全国平均(29・4%)を大きく上回った。

Photo

 JAFのホームページでの設問「ウィンカーを出さずに車線変更や右左折する車が多い」に対して,岡山県の回答者は「とても思う」と「やや思う」の合計が91.0%となり,全国で最も多いという。

 あれっ,この結果で岡山県がワーストと言えるのだろうか?

 ここで「91.0%」の岡山県は全国でワーストということになっているわけだが,この設問と回答の結果では,「91.0%の人がウィンカーを出さない」ということを意味しない。
 91.0%という数字は,ウィンカーを出さずに車線変更や右左折する車が多くて,怖い・危ないと思っている人の割合であると考えることができる。

 極端な解釈をすると,岡山県では91.0%のドライバーはいつもウィンカーを出しており,ウィンカーを出さない残りの9.0%の悪質なドライバーに対して「ウィンカーを出さない車」が多いと感じている可能性もある。

 その極端な考え方を進めて,とてもき県(仮称)では,50%のドライバーがいつもウィンカーを出していて,残りの50%はしょっちゅうウィンカーを忘れるいい加減な運転をし,わかりやすい道路ではウィンカーを出さなくたって問題ないと考え,JAFの設問「ウィンカーを出さずに車線変更や右左折する車が多い」にも,「あまり多いとは思わない」と回答したとする。

 すると,とてもき県では,「ウィンカーを出さない車が多い」に対して「思う」という回答は岡山県よりも少ない50%という数値になり,ワーストを逃れるばかりか,全国的にも優秀な県だということになる。

 さて,本当にこのJAFの設問内容と回答で,岡山県や香川県,徳島県に「ウィンカーを出さない車が多い」ことを説明できるだろうか?

|

« 東北の夏を彩る青森ねぶた祭りが始まる | トップページ | 二刀流大谷翔平の進化…セ・リーグだったら »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウィンカーを出さない」岡山県がワーストは本当か?:

« 東北の夏を彩る青森ねぶた祭りが始まる | トップページ | 二刀流大谷翔平の進化…セ・リーグだったら »