« 養老渓谷駅と久留里駅を結ぶバス路線試行 | トップページ | 大相撲のジレンマ 横綱昇進基準と公傷制度 »

2016年7月21日

都電荒川線の軌道緑化検証実験

 都電荒川線 軌道緑化検証実験開始(2016年4月26日 トーケンニュース)

東京都交通局が企画する都電荒川線における既存の軌道敷きを活用した緑のネットワーク化(軌道緑化)に向けた検証実験の協力企業としてトーケンが選ばれ、軌道緑化敷設工事が完了し、来年の3月まで検証実験が行われます。

050504132638
〔都電荒川線(2005年5月4日撮影)〕

 都電荒川線の荒川車庫前停留所付近の上下線で軌道緑化敷設工事が完了し,2017年3月まで約1年間に渡って生育状況の経過観察を行うという。

 過去にも何度か軌道緑化検証実験を行っているが,電車が行き来するため水やりが難しかったり,また線路に塗った油が飛び散ることで植物が枯れてしまい緑化に失敗し,今度が3回目の挑戦になるようだ。

 熊本市電や鹿児島市電では既に軌道緑化が進められている。そのような先行事例からもいろいろ学んだことだろうし,実験に成功して,緑化区間が増えることを期待したい。

120504140234
〔軌道緑化されている熊本市通町筋の熊本市電(2012年5月4日撮影)〕

|

« 養老渓谷駅と久留里駅を結ぶバス路線試行 | トップページ | 大相撲のジレンマ 横綱昇進基準と公傷制度 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電荒川線の軌道緑化検証実験:

« 養老渓谷駅と久留里駅を結ぶバス路線試行 | トップページ | 大相撲のジレンマ 横綱昇進基準と公傷制度 »