« RX100M3ボディの歪みと不可解な設計 | トップページ | 着地しかけて再び浮き上がるスキージャンプ »

2016年3月26日

台風被害の名松線が全線復旧

 台風被害の三重・名松線全線復旧 住民要望で6年半ぶり(2016年3月26日 朝日新聞)

 台風被害で一部が不通だった三重県中部のJR名松(めいしょう)線が26日、6年半ぶりに全線復旧した。終点の伊勢奥津(おきつ)駅(津市美杉町奥津)で26日朝、出発式があり、地元住民や鉄道ファンらが出発する列車を見送った。
 名松線は松阪駅から伊勢奥津駅の43・5キロを結ぶ路線。2009年10月、台風18号で線路に土砂が流れ込み、家城(いえき、津市白山町南家城)―伊勢奥津間の17・7キロが不通になった。JR東海は廃止を提案したが、地元住民らの署名運動などがあり、運行再開を決めた。

060101133251edit
〔松阪駅に停車する伊勢奥津駅行きキハ11形ディーゼルカー〕

 2009年10月の台風18号により大きな被害を受けて運休してから約6年半,名松線が本日3月26日から全線で運行を再開した。復旧には大規模な治山工事が必要になるため,そのまま廃止になる可能性が高いと思われていたが(特に家城〜伊勢奥津間),地元住民と自治体の熱意がかなうこととなった。

 被災直前の名松線は年間約7億6千万円の赤字を出しており,復旧には17億円もの費用が掛かった。費用は約12億円を三重県と津市,4億6千万円をJR東海が負担した。経営が安定しているJR東海でなければ,復旧は難しかったに違いない。

 家城〜伊勢奥津間で運行されていた代行バスの利用者は,バス1台当たり3人程度だったという。鉄道ファンが鉄道の採算に影響するほど乗車するとは思えないし,沿線自治体の人口は減少している。「乗って残そう名松線」運動だけで路線を維持するのは難しいだろう。

|

« RX100M3ボディの歪みと不可解な設計 | トップページ | 着地しかけて再び浮き上がるスキージャンプ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

復旧したのはいいのですが、並行して
抜本的な需要喚起策が提起されないと
赤字垂れ流しのままでまた推移してしまうような気がしますが・・・。

廃止には反対するくせに、車社会で普段は大して鉄道に乗らないという住民、どこも多いですからね。

投稿: BOY | 2016年4月 1日 19時31分

 高校生ぐらいしか鉄道を利用しないところは多いですね。
 あとは沿線自治体がどう判断するかだと思います。

投稿: 三日画師 | 2016年4月 9日 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風被害の名松線が全線復旧:

« RX100M3ボディの歪みと不可解な設計 | トップページ | 着地しかけて再び浮き上がるスキージャンプ »