« 江戸時代の温泉番付の嶽温泉とは? | トップページ | 木津川市と笠置町との複雑すぎる境界 »

2016年2月 7日

ドラマ「早春スケッチブック」の希望ヶ丘

 日本映画専門チャンネルで放映されている1983年のドラマ「早春スケッチブック」。以前,このドラマは横浜市旭区の希望ヶ丘駅周辺がロケ地になっていると,ブログへのコメントで教えていただいたので,注目して見てみた。

 オープニングから,希望ヶ丘商店街の映像が次々に出てくる。商店街が人と車でいっぱいだ。思わず画面キャプチャーして,2012年に撮影したときの写真と比較してみた。

Op_1
 まずは丘陵に広がる住宅街と相鉄線の電車。場所は不明。

Op_2
120311150938
 希望ヶ丘駅すぐ横の踏切を北側の商店街から見たところ。

Op_3
120311155046
 希望が丘商店街の相鉄ローゼン側から希望ヶ丘駅を見たところ。当時は狭い商店街に車があふれていたようだ。

Op_4
120311150254
 相鉄線希望ヶ丘駅のホーム。

 どっちの町が良いかどうかは置いといて,1983年は雑然としていたことがわかる。ドラマのほうがかなり焦点距離の長いレンズで撮っているので,それが強調されているかもしれない。

|

« 江戸時代の温泉番付の嶽温泉とは? | トップページ | 木津川市と笠置町との複雑すぎる境界 »

雑記」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「早春スケッチブック」の希望ヶ丘:

« 江戸時代の温泉番付の嶽温泉とは? | トップページ | 木津川市と笠置町との複雑すぎる境界 »