« 待望のPENTAX K-1を予約した | トップページ | 設計は「頭を使わない」仕事と言われて…… »

2016年2月24日

ニコンが1型センサーのDLシリーズを発表

Nikon_dl1850_2

 ニコンがコンパクトデジカメ「DL」シリーズ3機種を発表した。実際に発売されるのは6月になる。

 3機種とも「Nikon 1」シリーズと同様の1型センサーを搭載しているのが特徴で,ソニーがRX100を出して人気機種になってから,各社が追従している“ちょっと大きめセンサー”のデジカメである。
 ちなみに「1型センサー」は対角寸法1インチのセンサーを意味することになっているが,撮像管時代からの慣習で,センサー部分の寸法ではなく撮像管の太さを示しているため,実際のセンサーサイズは0.6インチぐらいになる。

 個人的に注目しているのは,ズーム域を広角側に振ったDL18-50 f/1.8-2.8のみ。「まだ見ぬ RICOH GR21-D を熱望する日々」でも書いたように,サブカメラとして望んでいるのは「広角レンズ」のコンパクトデジカメなので,DL18-50 f/1.8-2.8の広角18mm相当の画角にはとても魅力を感じている。望遠側が50mm相当まであるのでメインカメラとしても十分使えると思うが,むしろ望遠側35mm相当に抑えて,小型化してくれたほうがサブカメラとして望ましく感じるほどだ。

 とりあえず,現在サブカメラとして重宝しているソニーCyber-shot DSC-RX100IIIとDL18-50 f/1.8-2.8のサイズを比較してみる。

Nikon_dl1850cybershot_dscrx100m31
Nikon_dl1850cybershot_dscrx100m32

 分厚くてポケットに入れての運用ができないCyber-shot DSC-RX100M3より,DL18-50 f/1.8-2.8はさらに分厚い。センサー面位置のマークがボディのかなり後ろにあるところを見ると,同じ光学系のレンズを使うかぎり,次世代機種で劇的に薄くなることはなさそうだ。
 広角側では絞り込んで撮ることが多く,明るいレンズはそれほど必要ないので,F3.5ぐらいに抑えて少しでも薄型化してくれたほうがありがたいが,世の中には「ボカせるレンズは良いレンズ」と思う人が多いようなので,無理な望みかもしれない。

 RX100M3購入の決め手となったレンズバリアも,DL18-50 f/1.8-2.8にはない。コンパクトカメラをメインカメラとして使うならレンズキャップでも問題ないが,サブカメラとしては失格だと思っている。

 メインカメラとして使うならレンズフードを付けたい。その点ではさすがニコン,スプリング式のレンズフードが用意されている(税別9000円もするけど)。
 そのせっかくのレンズフードは,残念ながら沈胴式レンズの先端に付けるタイプだ。広角ズームレンズなので,光学系は凹面先行で広角側にズームすると全長が縮んでレトロフォーカスとなり,望遠側で全長が伸びるタイプだ。先端にレンズフードを付ける構造では,望遠側でフードの効果がほとんど無いことになる。でもまあ,贅沢を言いすぎかな……

Nikon_dl1850

 DL18-50 f/1.8-2.8を購入するかどうかを決める上で,一番気になるのがカメラのレスポンスだ。ニコンのコンパクトデジカメでは,過去に悪い記憶しか無い(一眼レフは特に問題ない)。

 いままで購入したニコンのコンパクトデジカメは,COOLPIX P5100,COOLPIX 5700(E5700)の2機種(レンズ部回転式のCOOLPIX 950もあるが,激安になってから購入したためあまり使わず,使用感の記憶がない)。どちらもコンパクトカメラでは上位機種にランクされるカメラにもかかわらず,レスポンスが非常にもっさりしたカメラだった。

 あらゆる動作がもっさりする中で最も不満だったのが,単写モードでの最短撮影時間(shot to shot の Cycle Time)である。これはカタログに掲載されないので,実際に使ってみないとわからない数値だ。連写モードで10コマ/秒を謳うカメラでも,単写モードで2秒に3コマ撮れないカメラはストレスになる。ニコンのコンパクトデジカメの悪い意味での特徴だという印象がある。

 私は主に町並みの写真を撮影している。

151231165251
のように,左右からクルマが走ってくる状況で,道路の向こう側の家並みを撮影することが多い。

 不規則なタイミングで走ってくるクルマが入り込まないように町並みを写すためには,レーシングカーや列車や鳥を撮影するときのように,連写した中に当たりコマを期待する方法ではうまくいかない。運が良ければ余裕で撮れる場合もあれば,運が悪ければ10分待ってもクルマが途切れないこともある。連写するより,クルマがいなくなる瞬間にシャッターを押す必要がある。その瞬間が,1枚撮影した直後に訪れることもある。
 単写モードで,1・2・3と1秒間隔で数えるのに合わせてシャッターが切れないカメラ,つまり撮りたいタイミングでシャッターが切れないカメラは,たとえ連写モードで10コマ/秒撮れたとしても失格なのだ。

 ニコンのコンパクトカメラは,この単写モードでの撮影間隔が長いという印象が強い。それでニコンのコンパクトカメラを嫌ってきたので,COOLPIX P5100以降はまったく興味を持たずにいた。

 では,最近のニコンのコンパクトカメラではどうなのだろうと,ちょっと調べてみた。

 昨年3月に発売されて話題になった光学83倍ズームレンズのCOOLPIX P900。現在でも6〜7万円で売られているので,ニコンのコンパクトカメラではそこそこ上位の機種になるはずだ。

 カメラの性能をチェックするときによく見る IMAGING RESOURCEのサイトで調べたところ,Nikon P900のSingle Shot mode (Large Fine JPEG) の Cycle Time (shot to shot) は,1.36 second だ。つまり,単写モードでは1.36秒間隔でしかシャッターが切れないから,2秒で2コマぎりぎりしか撮れないことになる。連写モードではカタログスペックで約7コマ/秒を誇るカメラなのに,これはちょっと寂しい。

 ちなみに,SONYのCyber-shot DSC-RX100M3は,電源on/offでの異常なまったり感はあるものの,IMAGING RESOURCEのサイトでは,Single Shot mode (Large XFine JPEG) の Cycle Time (shot to shot) が < 0.25 second (Time per shot, averaged over 18 shots, 15 seconds to clear) であり,ほとんど自由なタイミングでシャッターを切ることができる。この点で,昔からSONYのコンパクトデジカメはストレスが少ない印象がある。

 DL18-50 f/1.8-2.8は高速連続撮影 AF追従 約20コマ/秒を謳っている。自由なタイミングでシャッターが切れるカメラになっていることを期待したいが,さてどうなるだろう。6月が楽しみだ。

|

« 待望のPENTAX K-1を予約した | トップページ | 設計は「頭を使わない」仕事と言われて…… »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコンが1型センサーのDLシリーズを発表:

« 待望のPENTAX K-1を予約した | トップページ | 設計は「頭を使わない」仕事と言われて…… »