« ザ・ビートルズのストリーミング配信開始 | トップページ | 八高線多摩川橋梁の牛群地形が消滅 »

2015年12月25日

JR博多駅と博多港を結ぶロープウェイ構想

 博多駅と湾岸結ぶロープウエー構想 JR九州「観光の目玉に」(2015年12月12日 西日本新聞)

 JR九州が福岡市の博多駅と博多港のウオーターフロント(WF)地区間をロープウエーで結ぶ構想を検討していることが11日分かった。両地区につながる大博通りの上空約2・5キロを運行するアイデアで、実現すれば日本初の都心型ロープウエーになる。WF地区への交通アクセス改善につながるほか、観光の目玉、街の新たなシンボルとして期待される。

 複数の関係者が明らかにした。福岡市が今年春に民間から公募した「WF地区再整備基本計画」への提案の中に、ロープウエー構想を盛り込んだ。定員15人前後のゴンドラを導入し、大博通りの中央分離帯に支柱を立てて駅から中央ふ頭付近までをロープでつなげる構造を想定。空から街の景観も楽しんでもらう。博多駅ビルや博多港の建物にロープウエーが直接乗り入れる案もある。

120430111435
〔JR博多駅から博多港に真っ直ぐ続く大博通り(2012年4月撮影)〕

 福岡市が公募した「WF地区再整備基本計画」へJR九州など(JR九州以外の企業もロープウェイ案を提案しているらしい)が提案した段階だが,都市型ロープウェイはなかなかおもしろいアイデアだ。ロンドンオリンピックの際に作られたロンドンの都市型ロープウェイ「エミレーツ・エア・ライン」は,今やちょっとした人気スポットになっている。

 輸送量は小さいが,地上の構造物は小規模で済むので,地下鉄延伸やモノレールに比べればだいぶ安上がりだろう。

 輸送量はバスでも代替できそう(福岡には日本最大級のバス会社「西鉄バス」がある)だが,博多の新名所としての魅力向上は代えがたい。また,日常的に使う交通機関としてはバスのほうが優れているかもしれないが,非日常性の強い観光客や出張ビジネス客には,乗り場と目的地が明確な軌道系・索道系の乗りものは乗りやすさのメリットがとても大きい。

 博多駅前から近くの柳橋までバスに乗ろうとしたときに,苦労したことを覚えている。私は旅慣れている自信はあったし,各地で路線バスを利用して,前乗り先払い中降り,後ろ乗り後払い前降り,前乗り後払い前降りなど,ほとんどのバスの乗り方にも対応できるつもりだったが,博多駅前のバス乗り場はなかなかハードだった。

120429171348edit_2

 柳橋を通るバスは博多駅前「A」のりばから出ることはわかった。ここから発車するバスのほとんどは「柳橋」バス停を通るから,次に来たバスに乗ればだいたいは大丈夫だよ,と教えてくれる人もいる。

 日没前に柳橋に行きたかったので,「降車バス停 柳橋」の横に書いてあるバス番号を読むと,こう書いてあった「6番・6-1番・100円循環バス・急行系統以外の全てのバス」。6番か6-1番か100円循環バス,そして急行系統じゃないバスに乗れば柳橋にはたどり着くらしい。

 ところが「以外の全てのバス」が絶妙だ。「以外」という言葉は,文章のどこまでに掛かっているのだろうか。「〔100円循環バス・急行系統〕以外の全てのバス」ということなら,100円循環バスは柳橋に行かないことになる。それはマズい。もっと範囲を広く取って「〔6番・6-1番・100円循環バス・急行系統〕以外の全てのバス」だとすると,6番・6-1番もダメだ。何番のバスが来たら乗れるのか,瞬間的な判断が要求されるようになる。もちろん,日常的にここのバスを使っている人なら,私が何を心配しているのかがわからないことだろう。

 ありがたいことに,博多バスターミナルのWebサイトを見たら,博多駅前市内バス「A」のりばのバス番号と行先の対応表があった。助かった〜これはわかりそうだ。

A_2

 行先「柳橋」の横のバス番号は「9〜19」「214」……バス停の表示と全然違う。さらにわかりにくくなった。

 ほとんどのバスが通るバス停「柳橋」だから,こんなわかりにくいことになったのだと思われるが,結論としてはやっぱり旅行者にとって「バスは敷居が高い」ってことを言いたい。

 この点で,どこで乗ってどこで降りるかがビジュアル化されている軌道系・索道系の交通機関は完勝である。

|

« ザ・ビートルズのストリーミング配信開始 | トップページ | 八高線多摩川橋梁の牛群地形が消滅 »

鉄道」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR博多駅と博多港を結ぶロープウェイ構想:

« ザ・ビートルズのストリーミング配信開始 | トップページ | 八高線多摩川橋梁の牛群地形が消滅 »