« リニア名古屋駅が年度内にも着工 | トップページ | 近鉄が汎用特急車のカラーリングを変更 »

2015年10月20日

JR西日本が三江線の廃止を検討

 JR西日本、三江線廃止を検討 地元に戸惑い広がる(2015年10月17日 朝日新聞)

 島根県江津市と広島県三次市を結ぶJR三江線(108・1キロ)について、JR西日本が利用者低迷のため、廃止も含めてあり方を検討していることが分かった。JR西の説明を受けた島根県などが16日、明らかにした。今後、沿線自治体などと対応を考えていくという。

 小林淳一副知事によると、今月5日、JR西日本の幹部から電話があった。「三江線は厳しい状況が続いている」とした上で、「三江線を利用している人のニーズ、沿線のことを考えながら、地域交通のあり方について検討に入りたい」と、同社の意向を伝えられたという。

030430160418
三次駅にあった三江線専用0番線ホーム

 2013年8月の記録的な豪雨で濁川にかかる井原川橋梁の橋脚が流されるなどの大きな被害を受け,昨年7月にやっと全線が復旧したばかりの三江線に,存廃問題が持ち上がっている。

 三江線は広島県三次市の三次駅と島根県江津市の江津駅を江の川に沿って結ぶローカル線で,全通は1975年と比較的新しい路線である。福山と三次(塩町駅)を結ぶ福塩線と合わせて,山陰地方と山陽地方を結ぶ陰陽連絡路線という位置づけも弱く,開通したときには既にマイカー時代になっており,沿線における代替道路未整備という理由によって廃線を免れている状況だった。

 沿線の主な自治体の人口は広島県三次市5万3千人,島根県美郷町約5千人(中心は粕淵駅で2012年の1日平均乗車人員は23人),島根県川本町約3.5千人(石見川本駅の1日平均乗車人員は35人),島根県江津市約2万4千人であり,いずれも人口が大きく減少している。全国どこのローカル線にも共通しているが,県境を跨ぐ区間は利用客が極端に少なくなるので,この沿線人口の少なさは致命的だ。

 三江線の旅客輸送密度はJR全路線で最下位の約50人/日で,1992年度には1日平均1409人だった利用客が,2014年度は183人にまで減少しているという。国鉄再建法では,鉄道からバスへ転換する目安となる旅客輸送密度は4000人/日とされ,廃止対象となる特定地方交通線に指定されており,三江線の50人/日という数字は,既に公共交通機関としての役目が終わっていることを示す。

 三次から雲南市木次町・三刀屋町を通り出雲・松江方面とを結ぶ松江自動車道(中国横断自動車道尾道松江線)が2013年に全線開通した。三次東から三刀屋木次は新直轄方式で建設され,無料区間となっている。無料とはいえ,建設・運用に掛かる費用は税金でまかなっているわけだから,交通行政の判断で税金を投入していることになる。
 三江線の赤字を税金で補填しようとすると,今後の10年間で10億円ぐらいだろうか。松江自動車道に島根県がどのぐらいの税負担をしているのか不明だが,これから沿線の自治体が三江線をどうしたいのかを判断することになるだろう。

 2013年の豪雨被害で不通になった三江線の復旧には,トータルで10億8千万円かかったという(JR西日本が約6億円,地元自治体などが約4億8千万円)。約3年前,全国の多くの人が「とうとう廃線だろう」と感じていた三江線に巨額の税金を投じて復旧したばかりだ。どの時点で判断を誤ったのか,きちんと検証しておく必要があると思う。

|

« リニア名古屋駅が年度内にも着工 | トップページ | 近鉄が汎用特急車のカラーリングを変更 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

結局自治体が、毎年お布施をしないと残らないのでしょうね。
だいたいお寺ですら経営できなくて後継者が流出、複数のお寺を一つで面倒を見ているほど、人口流出してしまったそうですから。

投稿: ねこあたま | 2015年10月20日 10時21分

逆に良く持っていたなというのが本音です。
三江線にとって本線というべき芸備・木次線が
20年前には陰陽連絡機能を失っていたわけですが、
公共交通とは何だろうかと考えてしまうところが
あります。
JR発足以降誰の要望か知りませんが、JR・民鉄に
関わらず「恣意的」というべきダイヤの悪化等、廃止を
準備しているのではないかと勘繰りたくなる面を
感じます。

投稿: ねこあたま | 2015年10月20日 12時19分

 今はツアーバスやマイカーで旅行する時代になって,時刻表を持ち歩いて公共交通機関を乗り継ぎ,小さな温泉街や駅前の旅館に泊まるような旅を楽しむ人はずいぶん少なくなりました。

 かなりの旅好きでも,三江線に乗るのは困難な列車ダイヤになっていますね。山陰地方に興味があっても,広島県から島根県に行くのはハードルが高いです。

投稿: 三日画師 | 2015年10月24日 17時16分

三江線鉄道ご利用運賃×乗客数の計算ばかりして、採算が合う合わないの計算ばかりでは、いずれ廃止を待つ運命は否めません。

しかし、この事を「広告化」し、例えば、全国の人の目につくような箇所に張り出す事。(私の提案です)。

例えば、

今、山陰の島根と広島とを結ぶ唯一の鉄道路線「三江線」が、採算が合う合わないで廃止問題が持ち上がって困っています。
「三江線」を残すには皆様からの温かい「募金」か「ふるさと納税」かの、いずれかが頼りです。

「三江線存続」に、ご協力お願い致します。

「三江線存続協議会事務局」宛て。

投稿: (フアン3号) | 2015年11月18日 19時26分

今日(平成25年12月25日)の中国新聞に島根の記事が載った。「河津駅前ホテル完成」。「今日オープン」。
賑わい創出期待の声。等々、「江津駅前ホテル完成」に大きな期待を寄せる言葉がずらりと並んでいる!
しかしこれらの文字の中に、広島との接点に期待との声が一つも無い。「三江線廃止」が現実化しようとしているさなかの出来事であるにも関わらず、広島県との接点「三次駅」との関わりを大切にしたいとの文言が一つも無い。
「島根だけの視点」ではあまりにも考えが狭いのではないでしょうか。三江線存続を望む広島人より。

投稿: (フアン3号) | 2015年12月25日 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本が三江線の廃止を検討:

« リニア名古屋駅が年度内にも着工 | トップページ | 近鉄が汎用特急車のカラーリングを変更 »