« ラグビーW杯で日本が歴史的大金星 | トップページ | 北海道新幹線の札幌高架ルートで失態? »

2015年9月21日

PENTAXフルフレーム機は意外に小さいかも

 Size comparison between the new Pentax full frame and K-3 DSLR cameras(2015年9月19日 Photo Rumors)

Xitek forum member created a size comparison between the Pentax full frame DSLR camera (screenshots taken from the new teaser) and the K-3 (via Ricehigh).


K3

 RICOHイメージングのティーザーサイトに,PENTAXのフルフレーム一眼レフが2016年春にデビューするという情報が提示されている。
 少しずつ外観などが公開されていくと思われ,今後の展開がとても気になる。

 Photo Rumorsのサイトとそこからのリンクに,ティーザーサイトの画像のマウント径から,PENTAX K-3とのサイズ比較画像が公開されている。まだ形状に不確定なところがあるので正確な比較にはならないが(大きい小さいにはサイズ以外に見た目の影響も寄与するため),とても参考になる。

 フルフレームだけあってペンタミラー部がとても大きい。RICOH IMAGING社は意地でも視野率100%を実現してくるだろうから,これは事前に予想できていたことだ。その他は,意外にコンパクトにまとまっているようにも見える。PENTAXの一眼レフは他社に比べて非常に小型なのが特徴で(エントリー機を除く),アルミニウム合金やマグネシウム合金に比べて非常に重い金属であるステンレス製のシャシを使い続けていることから,外装はマグネシウム合金で小型なのにみっしり重いという特徴がある。

 PENTAXのフルフレーム一眼レフには,ぜひとも「小型」を実現してほしいため,期待を込めて,マウント径情報を頼りに,Canon EOS 5D Mark III そしてNikon D810 と予想サイズを比較してみよう。

 ボディサイズの情報は,私がよく利用している Camera Size(Digital Camera Size Comparison)のサイトを利用した。

 まずはPENTAX K-3とCanon EOS 5D Mark III そしてNikon D810のサイズ比較情報を得る。

Eos_5d_mark_iiipentax_k3

Nikon_d810pentax_k3

 こうやって並べてみると,やっぱりPENTAXの一眼レフは小さい。もちろん,センサーサイズがフルフレームとAPS-Cという違いはあるのだが,日頃からNikon D3・D800E(バッテリーグリップ付き)とPENTAX K-5 IIs(バッテリーグリップ付き)を併用していると,PENTAXのカメラは西欧人より小さい日本人の手に馴染むような気がする。

 これらの画像のPENTAX K-3のマウント径を基準にして,来春の新フルフレーム一眼レフの大きさを予想してみることにする。

Canon EOS 5D Mark IIIとPENTAXフルサイズの比較

Nikon D810とPENTAXフルサイズの比較

 PENTAX K-3との比較では,ずいぶん大きくも感じたPENTAXのフルフレーム一眼レフだが,Canon EOS 5D Mark III や Nikon D810 に比べれば十分コンパクトなサイズに収まりそうだ。

 残念ながら今年中の発売はなくなってしまったPENTAXのフルフレーム一眼レフ。春の訪れとともに登場する,匂い立つような美しさの一眼レフに期待したい。

|

« ラグビーW杯で日本が歴史的大金星 | トップページ | 北海道新幹線の札幌高架ルートで失態? »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PENTAXフルフレーム機は意外に小さいかも:

« ラグビーW杯で日本が歴史的大金星 | トップページ | 北海道新幹線の札幌高架ルートで失態? »