« 「姫路フォーラス」が来年1月に閉店へ | トップページ | 高崎駅西口にイオン開業へ 都心回帰鮮明に »

2015年8月 6日

鹿児島市の山形屋バスセンターが8月末で廃止

 山形屋バスセンターが廃止へ(2015年7月31日 NHK鹿児島)

60年余りにわたって多くの利用者に親しまれてきた鹿児島市中心部の「山形屋バスセンター」が8月いっぱいで閉鎖されることになりました。
鹿児島交通と鹿児島市の老舗デパート「山形屋」は31日、デパートの建物の1階部分に設置されているバスターミナル、「山形屋バスセンター」を8月いっぱいで閉鎖すると発表しました。
このバスセンターには、鹿児島市内をはじめ、薩摩地方の南部や大隅地方に向かう便など平日は1日294便が発着し、鹿児島市中心部のバスターミナルとして親しまれてきました。

030731-142310
〔電車通りの山形屋とバスターミナルに入る路線バス〕

 老舗デパート山形屋の耐震改修工事と,バスが横断歩道や人通りの多い道を出入りするときに歩行者や車の通行の妨げになっており,安全性を向上するためというのがバスターミナル廃止の理由になっている。

 市街地の中心にあるバスターミナルがなくなるのは,鹿児島市の旧来の繁華街にとって大きなダメージになるかもしれない。

 デパートが入ったビルの1階部分にバスターミナルが入るという構造は,私が住んでいる横浜市港南区の中心部,上大岡の駅ビル(京急百貨店)と同じだ。バスターミナルの上部空間を有効利用するという意味で,非常に合理的な構造だと思うのだが,周辺が繁華街であればあるほど,バスターミナルに出入りするバスと歩行者の動線が重なってしまうという問題がある。
 また,左折してバスターミナルに入る路線は良いが,逆方向の路線の場合は右折で入らざるを得なくなり,それを避けるためにバスターミナルに入る前に降車専用バス停を設け,バスが大きく迂回してバスターミナルに戻ってくることになる(上大岡の場合はそのようにしているし,山形屋バスセンターも同様ではないかと推測する)。

 明治から大正時代にかけて,鹿児島市の商業の中心は広馬場通り(現在の電車通り・大門口通りの東に平行する通り)にあり,商店や金融機関が軒を連ねていたという。
 そこに,いづろ通から鹿児島駅に向かう路面電車を通す計画が持ち上がった際,道路拡幅を嫌った広馬場通りに対して,隣の狭い加治木通り(現在の電車通り)にあった山形屋が用地の提供や店舗撤去の自己負担を申し出て,現在の電車通りに路面電車が通ることになったのだそうだ。

 結果として,鹿児島市の商業の中心は電車通りに移り,さらに西側の天文館通りまで広がることになった。

030731-144406
〔いづろ通と三越鹿児島店(現マルヤガーデンズ)〕

 そして現在,九州新幹線の開業とともに「鹿児島中央」駅となった,かつての西鹿児島駅一帯が再開発によって鹿児島市の中心繁華街になりつつある。大型商業施設併設の駅ビルのアミュプラザ鹿児島の店舗面積は山形屋を上回る。名物だった桜島口大階段を撤去して,アミュプラザ鹿児島プレミアム館も2014年に開業した。

 鹿児島中央駅がまだ西鹿児島駅だった頃は,東京や大阪からの優等列車の終着駅というだけで,駅前には繁華街と言えるようなにぎわいはなかった。学生時代に九州ワイド周遊券を使った貧乏旅行で,夜行急行列車から降りた西鹿児島駅前はがらんとしていて,鹿児島市電だけが動いているようなところだった。

030731-181126
 建設中のアミュプラザ鹿児島と整備中の駅前広場(2003年撮影)。

030731-175050
 2003年,西鹿児島駅前の鹿児島銀行支店と南国日本生命ビル。まだのんびりしていた頃の駅前の雰囲気が残る。現在ここには高層複合ビルの鹿児島中央ターミナルビルが建ち,1階部分が高速バスや鹿児島空港行きの南国交通バスターミナル「Reise」になっている。

030731-180258
 まだ「西鹿児島」だが,新八代からの九州新幹線の部分開業の準備が整いつつある2003年の西鹿児島駅と,桜島口大階段。

 大変貌した鹿児島中央駅周辺に対して,旧来の繁華街である天文館・電車通りがどのように対抗していくのかが注目される。谷山地区にできた巨大なショッピングセンター「イオンモール鹿児島」(店舗面積はアミュプラザ鹿児島の2倍近い)は鹿児島県全域を商圏に設定しているという。鹿児島中央駅周辺と天文館・電車通りが競い合うだけではなく,手を組んで郊外のショッピングセンターに対抗していく必要があるのかもしれない。

|

« 「姫路フォーラス」が来年1月に閉店へ | トップページ | 高崎駅西口にイオン開業へ 都心回帰鮮明に »

雑記」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

はじめましてm(__)m

バスセンターが閉鎖してて、理由を知りたく検索してたどりつきました。

8月までだったんですね…

自分が子供の頃から当たり前にあったものがどんどんなくなっていく中、バスセンターまでもなくなるとは…

時代の流れって毎度切ないですね(´θωθ)


ありがとうございましたm(__)m

投稿: ルイテン | 2015年9月18日 14時41分

 はじめまして。

 ブログの中に「耐震改修工事と,バスが横断歩道や人通りの多い道を出入りするときに歩行者や車の通行の妨げになっており,安全性を向上するため」と書いておきながら,テレビや新聞では報道できない特別な理由があるのかと思っておりました。

 地元の方が閉鎖の理由を検索するということは,やっぱり閉鎖の理由が明確じゃないということですね。

 全国各地でバス路線が縮小してて,見慣れたものがなくなるのは寂しいですね。

投稿: 三日画師 | 2015年9月19日 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島市の山形屋バスセンターが8月末で廃止:

« 「姫路フォーラス」が来年1月に閉店へ | トップページ | 高崎駅西口にイオン開業へ 都心回帰鮮明に »