« デジタルカメラ操作性の統一を阻むもの | トップページ | 東急東横線渋谷駅跡地の再開発始まる »

2015年8月20日

膨らむリチウムイオン電池が怖い

 スマホ予備電池、預けないで 航空機貨物室で発火の恐れ(2015年8月7日 朝日新聞)

 飛行機に乗る前に航空会社に預ける手荷物に、スマホ充電用のモバイルバッテリーは入れないで、と航空各社が呼びかけている。貨物室では発火する恐れがあるからだ。だが、あまり知られておらず、成田空港では見つかる度に客を呼び戻し、運航にも支障が出ている。

 預け入れできないのは、スマホだけでなくパソコンやデジタルカメラなどにも使うリチウムイオン電池(リチウムイオンポリマー電池を含む)。スマホの充電用のモバイルバッテリーとして持ち歩かれることが多い。

150820160620
〔異常に膨らんだモバイルバッテリー(単三電池は比較のため)〕

 今から7〜8年前はiPhoneでのテザリングは一般的ではなく,PHSのAdvanced/W-ZERO3[es]でマルチプロキシサーバー「DeleGate」というツールを使って旅先でネット接続をしていた。このAdvanced/W-ZERO3[es]がバッテリー食いで,いつも旅行には外部給電用のモバイルバッテリーが手放せなかった。

080911183109

 iPhoneとiPhoneのテザリングで十分になってからはPHSを解約し,モバイルバッテリー「PowerBank slim」はずっとホコリをかぶらせておいたのだが,ある日手に取ってみると,内部のリチウムイオンバッテリー(この製品は正確にいうとリチウムポリマーバッテリー)が大きく膨らみ,筐体が壊れていて驚いた。

 怖いねぇ。運が悪ければ破裂・発火していたかもしれない。

 現在はiPhone 5sを使っていて,バッテリーはなんとか一日持つようになったし,屋外でテザリングすることもなくなったので,モバイルバッテリーを使うことはなくなった。バッテリーが進化して高エネルギー密度になると,何か問題があったときのトラブルが大きくなる。一度あの膨らみを見たら,怖くて二度と買う気はしない。

141028-231109
iPhone 5のバッテリーの膨らみも経験したし(無料交換になった)

|

« デジタルカメラ操作性の統一を阻むもの | トップページ | 東急東横線渋谷駅跡地の再開発始まる »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 膨らむリチウムイオン電池が怖い:

« デジタルカメラ操作性の統一を阻むもの | トップページ | 東急東横線渋谷駅跡地の再開発始まる »