« 山陽新幹線N700系の金属カバー脱落事故 | トップページ | 柔道の野村忠宏氏に国民栄誉賞を »

2015年8月25日

奈良で渋滞解消のために歩道撤去するも…

 人より車優先と苦情…歩道撤去、路肩歩行相次ぐ(2015年08月22日 読売新聞)

 奈良県が県庁西側の歩道を撤去した今春以降、車道の路肩を歩く人が目立ち、危険性を指摘する声が上がっている。

 観光客も少なくなく、県は歩道代わりの通路を設定し、看板で誘導しているが、路肩歩行者は後を絶たず、新たな対策を検討している。

 歩道がなくなったのは、県庁と西隣の県文化会館の間にある幅10メートルの市道。県庁側に幅2・4メートルの歩道が約100メートルにわたって設けられていた。

Photo
〔問題の奈良県庁西側の道路と奈良県庁西交差点〕

 上のGoogleマップの中央が奈良県庁西交差点,右上が奈良県庁で,東西を貫く広い通りが大宮通り。南側全体が興福寺の境内である。
 問題になっているのは奈良県庁西交差点から北に延びる市道の奈良県庁側で,以前は片側1車線の道路に片側だけ歩道があったところを,歩道をつぶして車線を増やし,奈良県庁西交差点の左折車線にしたため,路肩を歩く人が目立つようになったという。

 奈良県庁の北側には県立美術館があり,近鉄奈良駅や興福寺から県立美術館に向かう人は,県庁西交差点の横断歩道を県庁側に渡ったあとで矢印のように歩くことになる。従来は横断歩道を渡った正面に歩道があったが,それが撤去されたため,西側を大きく迂回することになる。

 近鉄奈良駅から県立美術館に向かうとき,駅から出る際に大宮通りの北側に出るか,駅を出たところの横断歩道で北側に渡ってしまえば,県庁西交差点で大宮通りを渡る必要はないが,そこで大宮通りの南側の歩道を歩いてしまうと,途中に横断歩道はないので,どうしても県庁西交差点の横断歩道を渡ることになってしまう。
 記憶では,地下にある近鉄奈良駅から地上に出るときに,階段ではなくエスカレーターやエレベーターを使うと,大宮通りの南側にある奈良近鉄ビルに出ることになったはずなので,どうしても大宮通りの南側を歩いてしまう人が多いのだと思う。記事の中で,県が県警と設置を協議中という横断歩道ができれば,問題は改善するかもしれない。

Photo_2
 奈良県庁西交差点の歩道を渡り終えた状態をGoogleストリートビューで表示してみた。右の建物が奈良県庁である。歩道を撤去して作った左折車線に停車する車と,まさに今,問題の路肩を歩こうとしている女性が写っている。

 女性が歩こうとしている路肩は側溝の上も含めれば4〜50cmぐらいある(50cm程度あるとしたら,うっかり路側帯にも見える)のに対して,市道の左側(西側)の路肩は数cm程度で無いに等しい。さらに左側の,奈良県庁が求めている県文化会館の前庭の中を通るコースはかなり遠回りに感じるし,問題の路肩を歩きたくなるのはよくわかる。左右の路肩の幅の違いは,道路管理者が歩行者を誘導しているようにも見えるからである。
 実際には,危険な路肩を歩いて県庁の北側まで行っても,県立美術館側に渡る横断歩道はなく,結局遠回りをしてしまうのだが。

 渋滞が慢性化している奈良市中心部。奈良県庁周辺は官庁街である上に,奈良公園周辺への観光客の車が重なる。その中でも県庁東交差点とこの奈良県庁西交差点の渋滞がひどいらしく,歩道撤去は渋滞緩和のためのやむを得ない施策と考えたのだろう。

 奈良市街地への流入交通の抑制が必要なことは,奈良県・奈良市もわかっているはず。古都だから道幅の狭い道路が多く,それを拡幅する計画もいろいろあるようだが,歴史を壊す施策はばかばかしい。もっと強力にパーク・アンド・バスライド施策を進めるしか方法がないと思う。

 今回の施策の発端は,県庁東隣へのバスターミナルを備えた複合施設「登大路ターミナル(仮称)」の整備計画だという。このバスターミナルが,パーク・アンド・バスライドの推進を考慮したものだったのなら納得もできる。

 もっとも,世の中には歩道などなく,路肩しか歩くことができない道路も多いのだが……

|

« 山陽新幹線N700系の金属カバー脱落事故 | トップページ | 柔道の野村忠宏氏に国民栄誉賞を »

雑記」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

京都の四条通では逆に、車道を潰して歩道を広げる施策を実行中です。元々片側2車線のうち、歩道側の1車線は駐停車車両が多かったため 実質片側1車線状態が続いており、潰しても実害は少ないとの判断だったようです。結果、歩道は前より歩きやすくなったし、車も最近は周知が広がってきたせいか 一般車は四条通を避けるようになってきています。

投稿: kyoto | 2015年8月26日 14時40分

 コメントありがとうございます。

 京都の四条通の2車線化工事が始まって,たいへんな渋滞が発生しているという記事は読んだ記憶があります。
 もともと歩道側の車線は路上駐車の車が多くて機能していなかったようですし,どうしても最初は慣れないので混乱してしまったのでしょうね。

 四条通は歩行者が大変多いところなので,部外者の勝手な意見ではありますが,バスのみが通行できるトランジットモール,あるいは一方通行にするのもありじゃないかと思ってみたりします。実際は荷下ろし用の車をどうするかなど,問題は多いのでしょうけど。

投稿: 三日画師 | 2015年8月26日 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良で渋滞解消のために歩道撤去するも…:

« 山陽新幹線N700系の金属カバー脱落事故 | トップページ | 柔道の野村忠宏氏に国民栄誉賞を »