« 奈良で渋滞解消のために歩道撤去するも… | トップページ | 池上線戸越銀座駅のリニューアル計画発表 »

2015年8月28日

柔道の野村忠宏氏に国民栄誉賞を

 野村忠宏に国民栄誉賞を Rソックス・上原が訴える(2015年8月26日 デイリースポーツ)

 8月29日に出場する全日本実業柔道個人選手権大会限りでの現役引退を発表した五輪柔道3連覇の野村忠宏(40)についてレッドソックスの上原浩治投手(40)が26日、国民栄誉賞授与を訴えた。

 上原は公式ブログに「とうとうこの日が来てしまったね。29日の全日本実業柔道個人選手権で引退…。怪我との戦い、その中でも凄い実績をあげてきた。オリンピック三連覇」と、その業績を記した。

 そんな野村の引退を聞いて、上原は「なぜ国民栄誉賞が野村さんに渡らないんだろう?いまでも思ってます」と訴えた。

3

 上原投手の言う通りだと思う。

 1996年アトランタ,2000年シドニー,2004年アテネ,オリンピック柔道で三連覇。とてつもない偉業なのに,なぜ野村忠宏氏は国民栄誉賞をもらえないのだろう。

 同じことが,アテネ,北京,そしてロンドンのオリンピック女子63kg級レスリングで三連覇を達成し,四連覇の可能性まである伊調馨選手にも言える。伊調選手は2003年5月以来負け知らずという,圧倒的な強さを継続しており,連勝記録でも同じオリンピック女子55kg級レスリングで三連覇をして国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里選手を上回っている。

 国民栄誉賞の基準がいい加減すぎやしないだろうか?

 ちなみに,オリンピックの金メダリストで国民栄誉賞を受賞しているのは,柔道の山下泰雄氏(金メダル1個),女子マラソンの高橋尚子氏(金メダル1個),女子レスリングの吉田沙保里選手(金メダル3個)の3人である。

|

« 奈良で渋滞解消のために歩道撤去するも… | トップページ | 池上線戸越銀座駅のリニューアル計画発表 »

スポーツ」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柔道の野村忠宏氏に国民栄誉賞を:

« 奈良で渋滞解消のために歩道撤去するも… | トップページ | 池上線戸越銀座駅のリニューアル計画発表 »