« 炭酸水が好き=身体に悪い? んなバカな… | トップページ | 大涌谷「ごく小規模な噴火」の基準は? »

2015年6月27日

SONYがα7R IIを国内正式発表


 ソニー「α7R II」国内正式発表 ファーストインプレッション(2015/6/26 デジカメWatch)

すでに海外で発表になっているソニー「α7R II」(ILCE-7RM2)が6月26日、日本でも正式発表された。呼び方は「アルファ セブン アール マークツー」だ。α7 IIに続き、α7シリーズの高解像力モデルである“R”も2世代目に突入した。

7rii

 海外では6月10日に既に正式発表されていたα7R II (ILCE-7RM2) が,国内でもやっと正式発表された。
 4,240万画素の裏面照射型CMOSセンサーとボディ内5軸手ぶれ補正を搭載している。ボディの形状はα7 IIを踏襲している。高速なAFのための像面位相差AF素子はセンサーサイズの45%をカバーしている。

 α7Rで最も残念だったシャッターユニットが新規設計のものになり,シャッター音は静かになっているらしい。しかも,電子先幕シャッターはもちろんのこと,サイレント撮影機能(無音シャッター)まで搭載している。α7Rの問題をほぼ解決しているようだ。

 私はサイレント撮影機能(無音シャッター)に圧倒的な魅力を感じてα7Sを使用している。
 α7Sには現時点では一番使用頻度の高いカメラになっているが,不満がないわけではない。昨年7月5日の『無音シャッターの SONY α7S を購入!』で書いたα7Sの残念な点は次の通りである。

・シャッターボタン周辺に少しガタがあり,レリーズ時の感触が安っぽい
・ファインダー部のアイセンサーが赤外線を検知してEVFと液晶モニターを切り替えてくれるのだが,残念ながら腹部の赤外線にも敏感に反応するため,可動式液晶モニターを起こしてウエストレベルで撮影しようとすると,勝手にEVFに切り替わってしまい,腹からカメラを少し離さないと撮影できない
・吊り環の位置がシャッターボタンを押す人差し指に干渉する
・レンズラインナップが貧弱(好みのレンズが少ない)
・グリップが好みじゃない
・カスタムボタン2を「モニターミュート」に設定して,ファインダーを覗いているとき以外の電力消費を抑えようと思うのだが,「モニターミュート」しても液晶ディスプレイのバックライトが点いたまま(シャッター速度などが表示されている)なので,あまり省エネに寄与していない
・せっかくISOオートでISO409600まで設定できるのに,プログラムAE時にシャッター速度低限値が設定できない

 残念ながらこれらは解決していない。
 さらに,良かった点として挙げた中で,「・高感度と広いダイナミックレンジ(ダイナミックレンジは?かも)」の「?」部分であるダイナミックレンジは,やはりあまり広くなく,現在では少し不満に思っている。

150508-121935

のような写真で暗部を持ち上げると,意外にざらざらになりやすいのだ。そもそも,DレンジオプティマイザーDROを5(強)に設定して撮影していて,さらに持ち上げようというのだから無茶なのではあるが。

 α7Sの意外なほどのダイナミックレンジの狭さは,同時に使用している(高感度に弱いはずの)Nikon D800EやPENTAX K-5 IIsと比べても見劣りしていると感じる。いろいろググってみたが,α7Sのダイナミックレンジが狭いと文句を言っているページは少ない。でも,実際に使ってみると狭く感じるのは明かだ。

 DxOMark Sensor ScoresのLandscape (Dynamic Range)のスコアを比べてみると,

 Nikon D800E:14.3 Evs
 PENTAX K-5 IIs:14.1 Evs
 SONY α7S:13.2 Evs
(SONY α7R:14.1 Evs)

となっていて,やっぱりα7Sのダイナミックレンジは少し低い数値になっていて,これは使っていての実感と一致する。

 新しいα7R IIがどのような数値をたたき出すのかは不明だが,SONY α7Rのあらゆる点を改良しているとすれば,かなり魅力的な機種だと言える。

 ネックとなるのは,約44万円と言われる店頭予想価格だ。世間からは〈独身貴族〉と呼ばれる高貴な身分の私ではあるが,ホイホイと買える金額ではない。年末もしくは来年早々には,念願のPENTAXフルフレーム一眼レフも発売されるはず。

 α7R IIのダイナミックレンジがどうなるのか,とても楽しみだ……

7rii2

|

« 炭酸水が好き=身体に悪い? んなバカな… | トップページ | 大涌谷「ごく小規模な噴火」の基準は? »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONYがα7R IIを国内正式発表:

« 炭酸水が好き=身体に悪い? んなバカな… | トップページ | 大涌谷「ごく小規模な噴火」の基準は? »