« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の4件の記事

2015年4月24日

放射能の不安をあおるマスコミ

 池袋の公園で高線量検出…2時間で年間被ばく限度(2015年4月23日 毎日新聞)

 東京都豊島区は23日、同区池袋本町4の区立「池袋本町電車の見える公園」で、滑り台付近の地表から最大で毎時480マイクロシーベルトの極めて高い放射線量が検出されたと発表した。国の除染基準値(0.23マイクロシーベルト)を大幅に超え、一般人の年間被ばく線量限度(1000マイクロシーベルト)に2時間強で達するレベル。何らかの放射性物質が地下に埋まっているとみられる。区は同日夜、公園を立ち入り禁止とし、池袋保健所に健康相談窓口を設ける一方、原子力規制委員会に助言を求め対策を講じる。

080601174535

 記事を読んで,なんだか不安をあおるような記事で悪質だな〜と思った。不安をあおる意図がないとしたら,逆に記者の知識不足・配慮不足が心配になる。

 毎日新聞の記事には,「数メートル離れると0.07μSV/hに下がる」という情報が書かれていない。一応「何らかの放射性物質が地下に埋まっているとみられる」とは書いてあるが,さらっと読むと,福島第一原発事故の影響じゃないかと心配する人が出てきそうな内容だ。雨樋や排水溝,すべり台の下は,雨水で流された放射性物質がたまりやすく,関東地方でも放射線量の高いホットスポットとして騒がれたという経緯もある。

 数メートル離れると0.07μSV/hに下がる,という情報があれば,「小さな放射線源が埋まっている」ことがわかり,福島第一原発事故の影響ではないことは明らかになる。放射線源は,医療用のものか非破壊検査等の工業用のものか,それはわからなくても,同じ公園で毎日遊んでいたからといって,子供たちに放射線による影響はなさそうだと安心することはできる。たとえでいえば,公園の片隅でいつもたき火をする人がいたとして,子供たちがたき火に接触しなければ火傷はしないし,公園で遊び回っているだけではたき火の暖かさを感じることはできないだろうと類推もできる。

 放射線源からはあらゆる方向に放射線が飛び出る。線量計は,放射線源が放出した放射線を受け取ることによって,放射線源の強さを算出している。放射線源と線量計のセンサー面が向き合う角度・距離・面積・表面形状によって,線量計が受け取る放射線量が変わるのだが,線量計を近づけたり,離したりして変化するのは(大ざっぱに)距離だけになる。空気などによる減衰を無視すれば,線量計との距離によって変わるのは,放射線源と線量計センサーの“形態係数”である。形態係数は,2つの面が幾何学的にどの程度の割合で向かい合っているかを示す数値で,まったく無関係な場合が0,2つの面が平行で無限に大きい場合や,完全に囲まれている場合が1になる。

 放射線源の形状を単純な半径 a の円とした場合,それと h だけ離れて平行に向かい合った微小面との形態係数は,

 f = a² / ( a² + h² )

で表される。放射線源の半径 a が無限大ならば f = 1,あるいは線量計の距離が 0 でも f = 1 となる(大ざっぱに)。距離 h を大きくすれば,f はどんどん 0 に近づく。

 線量計に示される数値は次のような式で表される。

 [線量計の数値]= f × k ×[放射線源の放射エネルギー量](kは定数)

 福島県内の放射線量が高めな地域では,線量計を地面に近づけても,地面から遠ざけても数値があまり変わらないのは,放射線源の半径 a が非常に大きいため,線量計の高さ h を変化させても形態係数 f ≒ 1 となるからである(もちろん,厳密には空気による減衰などの影響がある)。

 関東地方のように放射能汚染の少ないところのホットスポットで,地面に置いた線量計の数値が高く,地面から遠ざけると数値が大きく下がるのは,放射線源の半径 a が小さいためである。
 たとえば,地面から1メートル離したときに,線量計の数値が10分の1(0.1倍)になったとすれば,

 0.1 = a² / ( a² + 1.0² ) から,a = 0.33…となり,放射線源の大きさはおおよそ半径30cmだということがわかる。

 池袋の公園での計測値にこれを当てはめると,地表面での放射線量が480μSV/h,たとえば1メートル離れたところで0.07μSV/hという情報があれば,放射線源の大ざっぱな大きさが計算できる。

 ( 0.07 / 480 ) = a² / ( a² + 1.0² ) から,a ≒ 0.012。放射線源が円形であれば,半径1cm程度の小さなものだということがわかる。

 大ざっぱな計算だが,池袋の公園に埋まっている放射線源は,医療用のものか非破壊検査等の工業用のものかはわからないが,一円玉程度の小さなものだろう。明らかに福島第一原発事故で拡散した放射能ではない。

 関東地方やそれよりさらに西の地域でも,福島第一原発事故による放射能汚染が気になって気になってしかたがない人々は多い。必要以上に心配することによる風評被害がなくなる気配もない。政府や東電が情報を隠蔽していると強く批判していたマスコミが,示すべき情報を出さずに,読者の不安をあおるような記事を書いてどうするんだ……と言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日

とうとうデジアナ変換サービス終了

 日本でも地上デジタルテレビ放送が始まり,2011年7月24日にアナログ停波が実施された。
 しかし,停波後も既存のアナログ受信機を継続して使いたいという視聴者の要望や,リサイクルや廃棄処分の平準化,あるいはデジタル受信機購入負担の平準化のために,ケーブルテレビ会社が地上デジタルテレビ放送をアナログ方式に変換して再送信する「デジアナ変換」サービスが行われてきた。

150424032932r

 寝室用として古いアナログ液晶テレビを使っていた私には,デジアナ変換サービスはとてもありがたいサービスだったが,2015年4月23日にとうとうサービスが終了し,アナログ液晶テレビは廃棄物になってしまった。もちろん,地デジチューナーあるいはレコーダーを買って,アナログ出力にこのテレビを繋げば使えないことはないが,そこまでして古いアナログ液晶テレビを見たいわけではない。

 ずいぶん前から,デジアナ変換サービスの終了についての注意書きが画面に表示されていたので,いずれ終わるものだとは思っていた。

 たとえば,2014年11月には3時間ぐらい放送が中断し,このような警告画面が出続けたことがあった。サービス終了の予行演習のようなものだった。

141113155306

 2014年末の時点で「2015年3月までにデジアナ変換サービスの放送を終了」ということだったが……

150212215627

 2015年2月頃の画面上部の表示は「4月23日正午に終了予定」に変わっていた。

 ひょっとしてこのままずるずると終了予定日が延びてくれたらラッキーかも……と思い始めたが,そんなに甘くはなかった。
 もともと,天気予報とニュースぐらいしか見ないし(それ以外で意識的に見るのは「ドキュメント72時間」ぐらいかな),本気で見るならリビングの地デジテレビを見るから,買い換えはしないかもしれない……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島第一原発2号機で異常温度上昇?

 Twitterを見ていたら,福島第一原発の2号機の温度が20℃から80℃以上に急上昇していて,何か異常事態が発生しているのではないかという話題があった。私は放射能や原発関連に詳しい方を多くフォローしているのだが,それらの方は特にその件をツイートしておらず,あまり詳しいとは思えない方のツイートなどがリツイートされているので,懐疑的なスタンスで見守っていたが,続報が入ってこない。

 しかたないので,ちょっと調べてみたら,特に原子炉の温度が急上昇していることもなく,毎度毎度のお騒がせな方々が,ちゃんと調べもせずに大騒ぎしているだけだった。

 まず,情報源は『【ヤバイ】福島第一原発で緊急事態か!?2号機の温度が20度から80度以上に急上昇中!放射能測定データでも線量が急激に上昇!(真実を探すブログ)』というブログらしい。

2
 問題とされる福島第一原発2号機の温度データである。黄緑色のデータが「SUPPLY AIR D/W COOLER HVH2-16E(TE-16-114K#1)」の温度,シアン(青)のデータが「SUPPLY AIR D/W COOLER HVH2-16D(TE-16-114J#1)」の温度(いずれも単位は℃)である。

 たしかに,2015年4月3日頃から黄緑色のTE-16-114K#1の値が急上昇して,90℃近くに達していることがわかる。D/Wはドライウェル(原子炉格納容器)だろうから,TE-16-114K#1・TE-16-114J#1はその空調機の供給空気温度だろうと推測される。原子炉圧力容器内ではなく,その外側の格納容器の温度である。この温度が正しければ,もっと大騒ぎになるはず。

 このグラフは,福島第一原発のプラントパラメータを自動取得し,グラフによる可視化をしている『ふくいちプラントパラメータモニタ Fukushima Daiichi Nuclear Plant Parameters Monitor.』というサイトによるグラフである。このサイトはとても素晴らしいので,福島第一原発で計測されている各種プラントパラメータ(温度・水位・圧力など)の状況を知りたい方は,一度見ておいた方がいいと思う。

 理工系の方だと,測定物の各部に熱電対などを貼り付けて,温度変化を測定したことがあると思う。そこでこのような急激な温度変化があったとすると,たぶんほとんどの人は,熱電対の異常もしくは貼り付けていた熱電対が剥がれた,浮き上がった……などと要因を考えるだろう。物体には熱容量があるので,このような温度上昇カーブにはならない。
 それでは何が原因なのだろう?

 福島第一原発の原子炉内の温度計の信頼性評価については,事故の翌年の2012年に東京電力が提出した『福島第一原子力発電所第1号機、第2号機及び第3号機の 原子炉内温度計並びに原子炉格納容器内温度計の信頼性評価について』という資料があるので,それを見てみる。ググればすぐに見つかる。

 まず,問題となっている温度計(いわゆる「T熱電対」の銅−コンスタンタン熱電対)の位置は次のように示されている。

25

 TE-16-114J#1が64番(青字),問題のTE-16-114K#1が66番(緑字)である。
 青字の熱電対は正常で,評価対象(監視に使用可能),緑字の熱電対は評価対象ではあるが参考使用,赤字は事故後に故障したものを表している。つまり,90℃近くまで達した温度計は,正しそうな温度を示したり,異常な温度を示したりするため,参考程度にしか使用できないものなのだ。

 温度計(熱電対)の信頼性評価対象および評価結果の表から,TE-16-114K#1前後の評価結果を抜き出してみた。

23_01

 2012年2月末から3月にかけての温度トレンドも発表されているので,それ(『1F-2 保安規定関連温度計(PCV)』を見てみる。

24__01

 青い細線が問題のTE-16-114K#1の温度である。青緑の太線が正常なTE-16-114J#1。

 少し小さなグラフなので見づらいが,なんのことはない,2012年からTE-16-114K#1(SUPPLY AIR D/W COOLER HVH2-16E)の温度は正しそうな値を示したり,80℃前後に跳ね上がったりを繰り返しているのである。

 計測器との接続方法にもよるだろうが,熱電対は回路のどこかで断線する・断線しかける(=抵抗が上昇する)と異常高温を示す。正しそうな温度と異常高温を瞬時に行き来する場合は,回路のどこかに接触不良がある可能性が高い。

 過去にも同様の表示値変動を繰り返している温度計の値を,今まで温度計のデータを見たことのない人が初めて見たことによって,大騒ぎが始まったことになる。

 神奈川県では,晴れた日の夕方の西の空に輝く火球のようなものがよく見える。羽田空港から西に向かう飛行機と飛行機雲を,沈みかけた太陽が下から照らすことによって輝くのだが,誰かが「UFOだ」というのを聞いて,普段から空を見ていない人がそれを見て「これはなんだ?」「異常だ」と騒ぎになることが,数年おきに発生する。

040128170402edit_2
 新百合ヶ丘から見えた夕空の飛行機雲。小さいものを含めると4機の飛行機が見える。

120620190727_29

 綺麗でドラマチックな夕焼けに感動して,思わず写真を撮ってTwitterにアップする。いつも空を見て,綺麗な雲の写真を撮ったり,夕焼けや一番星を楽しみにしていると,このような写真もただただ感動的なばかりだし,だいたい同時刻に別の場所で同じを空を見ている人から,どんどん夕焼けの写真がアップされることになる。ああ,みんなやっぱり美しい空が好きなんだなと嬉しくなる。

 ところが,そんな美しい雲の写真が数多くアップされているときに,『地震雲』でTwitterを検索すると興味深いことがわかる。「怖い!地震雲だ」「不気味な地震雲。関東ヤバイ」「あの地震の前にもこんな雲だったんだけど」……。驚くことに,地震雲のような不明確な,非科学的なものを信じている人が結構いらっしゃるのである。

 いつも空を見ていれば,山の影響による笠雲やレンズ雲,つるし雲,交差する飛行機雲,放射状の巻雲,波打つような波状雲やいわし雲など,雲にはいろいろな種類があって,気象状態によって変化し,とても表情豊かで楽しいものだということがわかる。

 日本およびその周辺域は世界でも地震の多い地域で,M4.0以上の地震はひと月に平均73回,M5.0以上の地震はひと月に9回,M6.0以上の地震はひと月に1.4回も起こっている。2011年3月11日以降はさらに活発になっている。毎日,空には何かしらの雲が出ていて,毎日どこかで地震は起こっている。「地震雲」とやらが出てから数日後までに地震が発生することには相関などない。逆に言えば,何かしらの雲が出ていたら,その後に何かしらの地震が起こるということを確実にこじつけることができる。これを一般的には「意味がない」という。

 話がだいぶ逸れてしまった。何かの現象に自分が望んでいるような意味を見いだそうとすると,とんでもない結論になってしまうので注意しましょう,ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 4日

特急スーパー白鳥が発煙により青函トンネル内で停止

 青函トンネルで緊急停止 特急から煙 乗客124人、地上避難(2015年4月3日 北海道新聞)

 3日午後5時15分ごろ、渡島管内知内町と本州をつなぐ青函トンネル(全長53・85キロ)内で、函館発新青森行き特急スーパー白鳥34号(6両編成、乗客124人)の車掌が異臭を感じた後、窓の外で火花が飛んでいるのを見つけ、列車をトンネル内で緊急停車させた。車外に出た運転士が2両目床下のモーター付近から煙が出ているのを発見し、消火作業を行った。JR北海道によると、モーターの配線が焦げたのが原因としている。乗客は約1キロ離れた避難用の旧竜飛海底駅から青森県側の地上へ避難した。乗客2人が体調不良を訴え、病院に搬送された。
(中略)
 列車は、トンネル内にある2カ所の緊急避難駅のうち青森側にある旧竜飛海底駅から、青森方面へ1・2キロ進んだ地点で停車。車掌が非常ブレーキをかけた。運転士が消火器で消火作業を行い、約15分後に煙が収まったのを確認した。その間、車掌は乗客を最後尾の車両へ移動させた。

060814114253
〔津軽線蟹田駅の789系特急「スーパー白鳥」(2006年8月撮影)〕

 あわや大惨事となるところだった。
 2011年5月27日にJR石勝線の第1ニニウトンネル内で緊急停止し,車体が大きく歪むほどに焼け落ちた特急「スーパーおおぞら14号」のように車体が燃えて大量に発煙してしまったとしたら,トンネル内を約2.4kmも乗客が誘導路を緊急避難駅まで歩いた今回の避難方法では大惨事になっていた可能性があった。消火作業と運の良さもあって,今回は火災が大きくなることはなかったが,今回の緊急停止が正しかったのか,トンネル内を北海道新幹線が通ることになる今後も同じ手順で問題ないのか等,慎重に検討する必要があると考える。

 気になるのは,列車が青函トンネル内に設置された避難・消火の拠点である「竜飛定点」を約1.2kmも通りすぎていたことである。

 1972年に北陸本線の急行「きたぐに」が火災を起こし,北陸トンネル内で緊急停止したことによって脱出が困難となり,多くの死傷者が発生するという大惨事があった。それを教訓にして,長いトンネル内で列車に火災が発生した場合はトンネル内部で緊急停車しないようにマニュアルが改められている。

 実際に,JR北海道が平成23年9月16日に作成した「トンネル内における列車火災時の処置手順(抜粋)」には,“トンネル内走行中に火災を発見、又は通報を受けた場合は、火勢、部位にかかわらず運転を継続し、トンネル、橋梁等を避けて安全な箇所に停止すること”という記載がある。トンネル内で停止しないことが基本である。

 もちろん,今回事故があった青函トンネルは全長が53.9kmもあり,通常の規則をそのまま適用するには無理がある。竜飛定点(旧竜飛海底駅)と吉岡定点(旧吉岡海底駅)に緊急時の避難・消火設備が設置され,トンネル内での緊急停止が可能になっている。今回はそのうち竜飛定点が避難に使用された。

 ところが,どうやら今回,モーターの配線で発生した煙・発火は,トンネル内に設置されていた青函トンネル列車火災検知装置*¹が作動せず,緊急停止すべき竜飛定点を1.2km通りすぎた地点で車掌が列車を停止したようなのだ。

 青函トンネルの全長は53.9kmもあるが,竜飛定点の次の津軽今別駅までは19.5kmである。竜飛定点を1.2kmほど通りすぎた地点から津軽今別駅までは18.3kmとなる。つまり,青函トンネル内では例外的な運用があるとは言え,『長いトンネル内では運転を継続し,トンネル内で停止しない』のが,急行「きたぐに」事故を教訓にして作成された列車火災時の処置手順の基本中の基本である。53.9kmではなく19.5kmのトンネルに1.2kmほど入り込んだ状態で緊急停止した判断は正しかったのだろうか。

 列車の運転を継続し,青函トンネルを抜けて18.3km先にある津軽今別駅まで走行した上で避難するのと,トンネル内に消火設備のない竜飛定点から1.2kmほどの地点で緊急停止し,乗客が列車から降りて約1.2kmの竜飛定点までの誘導路を引き返すことを天秤に掛ける必要があるのではないだろうか。

 これは専門家が慎重に考える必要があるだろう。しかし私の素人考えでは,津軽今別駅までの走行時間はゆっくり走って15分程度,最高速度の140km/hで走行すれば8分程度だ。プラットフォームのないトンネル内で乗客124人全員が列車を降りて約1.2km歩くには少なくとも30分は掛かることを考えれば,津軽今別駅まで運転を継続するのが正しい選択だったのではないかと感じる。地上出口までを往復するケーブルカー「青函トンネル竜飛斜坑線」の定員が20人だったため(もともとトンネル工事時の作業員・物資運搬用だからしかたがない),全員の避難が完了するのに5時間半も掛かったことを考慮するとなおさらである。

 2011年の石勝線の事故で列車が緊急停止したのは,第1ニニウトンネルという長さが700mというやや短いトンネルで,乗客がなんとか避難することができた。それを抜けるとすぐに長大トンネルに入る寸前だった。また今回の青函トンネルでの事故は運良く火災が大きく広がることがなかった。
 どちらの事故も,JR北海道としては運良く大惨事を免れたと言える。ハインリッヒの法則などで言われるような,軽微な事故の積み重ねの上に発生する大惨事が起きないように,事故の分析・対策を徹底的に行っていただくことをJR北海道に期待したい。

*1 青函トンネル列車火災検知装置(独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構のサイト

060814122035
〔青函トンネルの青森側出口にある津軽海峡線の津軽今別駅〕

060814122043
〔津軽海峡線の津軽今別駅と津軽線津軽二股駅を結ぶ階段〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »