« 海芝浦駅の改札口は本当に出られないのか? | トップページ | 特急スーパー白鳥が発煙により青函トンネル内で停止 »

2015年3月28日

北海道の「赤い電車」711系がとうとう引退

 北海道の「赤い電車」711系、46年余りの歴史に幕(2015年03月15日 レスポンス)

 1968年の営業運行開始以来、津軽海峡線を除く北海道内の交流電化区間を走り続けてきた「赤い電車」こと711系電車が、3月13日をもって営業運行を終了した。

 1980年までに総勢114両が製造された711系は、国鉄在来線初の交流専用電車。1965年に策定された国鉄の第三次長期計画に函館本線小樽~滝川間の電化計画が盛り込まれたのを機に、試作車2編成が1967年に登場した。その試験結果を基に1968年には量産車が登場し、同年8月から小樽~滝川間で営業運行を開始した。

040802091305
〔札幌駅のホームに停車する赤い711系電車(2004年8月撮影)〕

 国鉄711系電車は,札幌駅前後の函館本線電化事業に合わせて作られた交流専用の耐寒耐雪タイプの近郊形電車だった。近郊形電車だったが,デッキ付きの2ドア仕様だったため,急行列車に使用されたこともあった。

 1980年に室蘭本線・千歳線室蘭〜白石間が電化され,2004年に札幌〜苫小牧あたりを旅したときには,頻繁に「赤い電車」711系を見ることができた。

040802181104
〔苫小牧駅に停車する「赤い電車」711系(2004年8月撮影)〕

040802182545
〔2004年8月の苫小牧駅構内〕

040803075714
〔苫小牧駅に停車する711系電車(2004年8月撮影)〕

 2012年10月のダイヤ改正で711系電車は室蘭本線・千歳線から去り,札沼線(学園都市線)の運用に入るなどして運用範囲が狭くなり,2015年3月13日の岩見沢発〜札幌行きの普通列車が最後の運用となったらしい。

|

« 海芝浦駅の改札口は本当に出られないのか? | トップページ | 特急スーパー白鳥が発煙により青函トンネル内で停止 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の「赤い電車」711系がとうとう引退:

« 海芝浦駅の改札口は本当に出られないのか? | トップページ | 特急スーパー白鳥が発煙により青函トンネル内で停止 »