« ヒーター発熱量とデューティ比と消費電力量と室温 | トップページ | 薄型の新しいMacBookが登場 »

2015年2月28日

京成電鉄「3300形」が引退で大混乱

 京成電鉄:「3300形」引退 ファン殺到で混乱に(2015年2月28日 毎日新聞)

 京成電鉄が約46年間運行した電車「3300形」が28日、引退した。「さよならイベント」が行われた京成成田駅(千葉県)のホームには、最後の雄姿をカメラに収めようとする約600人の鉄道ファンが殺到し、押されて転ぶ人が出るなど一時、混乱した。

 1968〜72年にかけて製造された京成の通勤型電車。都営地下鉄1号線(浅草線)乗り入れ用電車として登場した3000形の流れをくみ、初期の塗装にちなんで「赤電」の名称で親しまれたが、老朽化に伴い、廃止されることになった。


Photo

 京成電鉄の3300形引退イベントが行われたという。行列&人混み嫌いの私には信じられない光景だが,約600人もの鉄道ファンが詰めかけたようだ。鉄道会社はこういう風にひとに集まってもらいたいからイベントを開催するのだと思うが,もし一般的な利用客の邪魔になるようなら,鉄道会社としては本末転倒だし,やめてもらいたい気がする。

000416150731

001112122601

 京成電車3300形は,神奈川在住の私にはあまり縁のない車両だったが,車体下部のアンチクライマーが印象に残る電車だった。シンメトリックな貫通扉付きの正面3枚窓で,ステンレスやアルミ合金が剥き出しじゃない塗装車両は珍しくなりつつあり,寂しいかぎりである。

|

« ヒーター発熱量とデューティ比と消費電力量と室温 | トップページ | 薄型の新しいMacBookが登場 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京成電鉄「3300形」が引退で大混乱:

« ヒーター発熱量とデューティ比と消費電力量と室温 | トップページ | 薄型の新しいMacBookが登場 »