« 兵庫県南部地震の発生時刻は5時47分では? | トップページ | 百恵ちゃん語録 »

2015年1月19日

大阪市の学校給食問題…ひどいミスリード

 大阪市の学校給食:おかず冷たい 食べ残し7割(毎日新聞 2015年01月19日)

 大阪市で昨年4月から、市立中1年生を対象に仕出し弁当を配る方式での給食が始まった。全国最低だった大阪府内の公立中給食実施率を改善しようと、橋下徹市長が府知事時代から掲げていた肝煎り政策。しかし「おかずが冷たい」などと生徒から不満が上がっており、7割以上の生徒が食べ残している。

150110131802

 これはずるい記事だと思った。

 見出しの「食べ残し7割」と「7割以上の生徒が食べ残している」の間には,男と女の間に流れる暗くて深い川があるほどの違いがある。「食べ残し7割」では,給食の7割が残飯として廃棄されているように読めてしまう。

 おかずを食中毒防止のために10℃の冷蔵庫に入れているため,冷たい煮込みハンバーグが出されていることが,給食不人気の原因であるかのように書かれている。もちろんそれも多少は影響しているかもしれない。

 しかし,記事をよく読むと,「食べ残し7割」の根拠は,市教委が昨年6月に実施したアンケート調査なのである。

 給食を「全部食べている」と答えたのは10・8%。これに対し、「ほとんど食べていない」29・0%▽「少しだけ食べている」18・2%▽「半分くらい食べている」26・2%で、給食を食べ残しているのは計73・4%に上った。

 食べ残し7割の根拠は,「半分くらい食べている」「少しだけ食べている」「ほとんど食べていない」の合計73.4%ということであって,7割の食材がすべて残飯になっているわけではない。
 
 アンケートの選択肢は,「全部食べている」「半分くらい食べている」「少しだけ食べている」「ほとんど食べていない」の4つしかない。数値の合計を考えると,第5の選択肢として「(食べられないものなどは残すが)だいたい食べている」というものがあったはずだ。アンケートに全員が答えているとすれば,その第5の選択肢「だいたい食べている」は15.8%になるはずだ。

 とすれば,「全部食べている」「だいたい食べている」「半分くらい食べている」の合計は52.8%となる。約半数の生徒は弁当をそこそこ食べていることがわかる。冷たい煮込みハンバーグでさえも,である。

 この記事からひとつだけわかることは,毎日新聞はよほど橋下市長が嫌いなんだな……ということかな。

|

« 兵庫県南部地震の発生時刻は5時47分では? | トップページ | 百恵ちゃん語録 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市の学校給食問題…ひどいミスリード:

« 兵庫県南部地震の発生時刻は5時47分では? | トップページ | 百恵ちゃん語録 »