« Googleマップの進化と劣化が止まらない | トップページ | AppleのGenius Barは予約してから行こう »

2014年12月17日

三角形駅舎「田原町」取り壊し…福井

 貴重三角形駅舎「田原町」取り壊し 福井鉄道とえちぜん鉄道結節点(2014年12月17日 福井新聞)

 64年前に建設され、レトロな雰囲気で親しまれた福井鉄道福武線とえちぜん鉄道三国芦原線の田原町駅舎(福井市田原1丁目)の残る3分の1の取り壊しが16日未明に始まった。両鉄道の相互乗り入れ事業の結節点となり、それぞれに新しい駅舎が建てられる。利用客や近隣の住民らからは「愛着があった」「寂しい」との声が聞かれる。

 福鉄によると、駅舎は1950年に建てられ両鉄道が共有、県内の古い駅舎の一つだった。今年2月に3分の2を取り壊しており、両鉄道はそれぞれ仮設ホームを設けて電車を運行している。

980501112522

 大好きな駅だったので利用するたびに撮影していたつもりだったが,手元の写真を見たらちゃんと撮影したものが残っていなかった。撮れるときに撮っておかないと,後で後悔することになるんだなぁ。

980501111007
 撮影は1998年5月。右が福井鉄道福武線,左が京福電鉄三国芦原線(現在のえちぜん鉄道三国芦原線)のホーム。

980501113315
 福井鉄道のホームから京福電鉄のホームへ通じる通路。

980501113902
 福井鉄道田原町駅のホーム。

980501114249
 福井鉄道福武線の次の駅は「裁判所前駅」だった。現在は「仁愛女子高校駅」という名称に変わっている。「裁判所前駅」のところが書き換えられたようになっているのは,1964年12月までは田原町駅と裁判所前駅の間に「松本通駅」があったため。ということは,この駅名標は1964年以前に作られたものが,そのまま使われていたことになる。

980501114407
 福井鉄道田原町駅から京福電鉄田原町駅への通路(1998年5月撮影)。「京福線のりば」と書かれているところに切符うりばがある。

980501114507
 右が京福電鉄のホーム,左が福井鉄道のホーム。福井新聞の記事にある「三角形駅舎」というのは,このように両駅のホームが「ハ」の字の形に配置されており,上から見ると三角形に見えることから。

980501114516
 京福電鉄の切符うりば。左がホーム。

031012164635
 福井鉄道のホームから見た「えちぜん鉄道三国芦原線」の電車(2003年10月撮影)。

 この2年前に,越前本線で立て続けに正面衝突事故が発生して京福電鉄越前本線・永平寺線と三国芦原線は全線運行休止となり,そのまま廃止になってしまうかと思われたが,通勤通学時間帯の列車輸送分の道路に移ったことにより幹線道路が激しく渋滞し,代行バスがまともに運行できなくなるという問題が発生。永平寺線を除いて,第三セクター鉄道のえちぜん鉄道として復活した。

031012164812

031012164916

|

« Googleマップの進化と劣化が止まらない | トップページ | AppleのGenius Barは予約してから行こう »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三角形駅舎「田原町」取り壊し…福井:

« Googleマップの進化と劣化が止まらない | トップページ | AppleのGenius Barは予約してから行こう »