« 同じ名前の交差点が並ぶ弘前市 | トップページ | きれいなフォーシーム・ストレートが見たい »

2014年8月14日

熊本の県民百貨店が来年2月に閉店

 熊本の県民百貨店、15年2月に閉店へ 市の再開発で立ち退き(2014/8/13 日経新聞)

 熊本市の桜町再開発事業を巡り、臨時株主総会で移転を採択していた県民百貨店(熊本市、松本烝治社長)は12日、営業継続を断念し来年2月28日に閉店すると発表した。同日午後、同店で記者会見した松本社長は「熊本市で十数カ所の移転先を探したが決まらなかった」と釈明した。地元企業の肝煎りで2002年10月に産声を上げた熊本の名物百貨店がわずか12年で歴史の幕を閉じる。

Photo_2
くま経プレス・2013年12月号より

120504113025
〔県民百貨店と熊本交通センター(2012年5月撮影)〕

 1973年,熊本交通センターの改装に合わせて岩田屋伊勢丹ショッピングセンターとしてオープンしてから紆余曲折,12年前に開業した県民百貨店が閉店することになった。

 国内の各都市からどんどん百貨店がなくなる中,リーマン・ショック直後以外は大きな赤字になることもなく営業していたようだが,桜町の再開発ビルに入ることができず,具合の良い移転先も見つからなかったらしい。


|

« 同じ名前の交差点が並ぶ弘前市 | トップページ | きれいなフォーシーム・ストレートが見たい »

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本の県民百貨店が来年2月に閉店:

« 同じ名前の交差点が並ぶ弘前市 | トップページ | きれいなフォーシーム・ストレートが見たい »