« キーボードのポッチ | トップページ | ソニーα7Sの縦位置グリップ「VG-C1EM」 »

2014年7月21日

困った外付けHDD……人間あきらめが肝心?

140721191059

 今年の4月,Apple StoreでMacBook Pro Retinaと一緒に買ったLaCieの外付けHDD「d2 Thunderbolt+USB3.0 LCH-D2T030TB3G」が困った状態になっている。製品名の通り,Thunderbolt接続の外付け3TB HDDである。

 使い始めた頃は,Thunderboltの速さに感動するばかりだった。1995年から撮り始めたデジカメ写真が現在数TBになってしまったので,そのバックアップ用に使用し始めたのだが,全データをUSB2.0のHDDから転送するのに数時間しかかからない。ファイルコピー時間でUSB3.0接続の外付けHDDとThunderbolt接続HDDを比較すると,だいたい2倍ぐらい速い印象だ。

 ところが,いつの頃からか次のような表示が現れはじめた。

Photo

 ディスクの不正な取り出し “LaCie”の取り出し操作をしてから接続解除/電源切。

 いきなりThunderboltケーブルを引っこ抜いたかのようなダイアログだ。ところが,実際はケーブルは抜けていないし,ちゃんとLaCieはマウントされたままだ。
 ひょっとしたらコネクタが接触不良を起こしているかもしれないので,MacBook Pro Retinaに2つ付いているThunderboltコネクタを入れ換えてみた。が,同じように,たまに「ディスクの不正な取り出し」エラーが発生する。

 ネットを検索すると,Appleサポートコミュニティの“時々「ディスクの不正な取り出し」の通知”というのが見つかる。「USB3.0接続」「スリープから復帰するとフリーズする」とは症状が異なるが,「何の前触れもなく」「OS X Mavericksにアップグレードしてから発生する」というあたりが興味深い。

 6月になり,最初は数日に1回だった「ディスクの不正な取り出し」のメッセージが頻繁に起こるようになり,しかも本当にマウントが外れてしまうことも急増。OS Xのディスクユーティリティでチェックしたところ,修復不可能のエラーが発生しているということで,フォーマットからやり直すことになってしまった。

 が,フォーマット中にも「ディスクの不正な取り出し」が出てしまい,なんどもフォーマットに失敗。ついに,メーカーに修理に出すことになった。

 Apple Store(ネット直販)で購入したものとは言え,Appleで修理をしてくれるわけはないので,とても面倒だ。サポート先を調べたところ,LaCieの製品はエレコムELECOM社が行っているLaCie。修理窓口はなく,いきなり製品を送ることになるようだ。とりあえず,事前にWebから問い合わせして,HDDを修理窓口に送った。宅配便でものを送ったのは,ものすごく久しぶりな気がする。

 しばらくして,HDDが戻ってきた。

140721190825

 すっかり修理されて戻ってきたのかと思ったら,「PCによる長時間接続検査・HDD動作検査はOKでした」「MacにてThunderbolt接続で正常にマウント/フォーマット可能でした」ということで,そっくりそのまま戻ってきてしまった。
 修理表には「初期状態で返却する」と書かれているが,なんとHDDはMS-DOS FAT形式でフォーマットされていた。いまどきFATですぜ,FAT。3TBのHDDをFAT形式で初期化……(声も出ない)

 PCによる長時間接続検査……ってことは,Macで長時間接続検査はやってない模様。がっかり。調子が良いときには,私のところでも「MacにてThunderbolt接続で正常にマウント/フォーマット可能」なわけだから,「可能」だからといって,不具合がないかどうかは判断できないはずなのだが……

 Apple製品ならば,銀座かどこかのApple Storeのジーニアスバーに持ち込めるのだが,LaCieじゃそれができない。ヨドバシカメラなどで買っておけば,そのままヨドバシの修理窓口に出すこともできるし,買って数週間ならば新品と交換だろう。Apple Store(直販)でMacBook Proと一緒にHDDを買ってしまったことを,小一時間ぐらい反省することになった。

 というわけで,LaCieのHDDは,現在USB3.0接続で使用している。HDDにThunderboltコネクタが付いているのを見ると後悔するので,極力うしろは見ないようにして,USB3.0接続のHDDだと思い込むことにした。今のところ特にトラブルは発生していない。

|

« キーボードのポッチ | トップページ | ソニーα7Sの縦位置グリップ「VG-C1EM」 »

コンピュータ」カテゴリの記事

コメント

これ本当ストレスですよね。
修理にだしても問題なしで戻ってきて新品交換もしてもらえませんでした。
yosemiteになった今もブツブツ切れます。

投稿: ヒロポン | 2015年9月13日 00時39分

 修理に出しても問題なしで戻ってきて,しかも問題が解決していないというのは,本当にストレスになりますね。

 私のところでは,Thunderbolt接続はあきらめ,USB3.0接続で問題なくなりましたが(それでも速度が遅いのは納得できないし,何のために高価なThunderbolt付きを買ったのか,という状況ですが),Yosemiteでも直らないのは困ったもんですね。

投稿: 三日画師 | 2015年9月13日 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 困った外付けHDD……人間あきらめが肝心?:

« キーボードのポッチ | トップページ | ソニーα7Sの縦位置グリップ「VG-C1EM」 »