« ソニーα7Sの縦位置グリップ「VG-C1EM」 | トップページ | 新橋文化劇場・ロマン劇場が8月末に閉館 »

2014年7月22日

ニコンがD800/D800E後継機のD810発売

D810

 7月17日,Nikonの新しいデジタル一眼レフカメラD810が発売された。D800/D800Eの後継機である。

 D800Eユーザーの私としては,心穏やかではいられない。
 最近SONYのα7Sを買ったばかりなので,D810がD800Eからすぐに買い換えたくなるほど魅力あるカメラだったら正直困ってしまうところだったが,なんとか我慢できる範囲に収まってくれたと,思い込むことにしたい。

 D810のスペック等を詳細に見て,これからもまだまだD800Eを使い続ける理由を明確にしておくことにする。

■ 新センサー採用。画像処理エンジンがD4Sと共通のEXPEED 4になる

 新センサーの採用と画像処理エンジンのアップデートで,常用感度がD800EのISO100〜6400からISO64〜12800になった。ISO64に対応すると,明るいところでも絞り開放で撮ることができ,NDフィルターを使わなくてもボケの大きな写真が撮れるようになるのだが,個人的にはボケの大きな写真は一切撮るつもりはないので,低感度側の拡大はどうでもいい。
 高感度側が拡大しているのは正直うらやましい。

 画像処理エンジンが変わったことで,ピクチャーコントロールに「ニュートラル」よりもハイライト&暗部を残し,トーンカーブが直線に近い「フラット」が追加されている。素材重視でレタッチ前提の絵作りらしく,RAWは使わずJPEGオンリーの私には向かないようにも思うが,いつもニュートラル+アクティブD-ライティング強めの設定で撮っているので,ちょっとどんな絵になるのか見てみたい気がする。アクティブD-ライティングを強めにすると,ハイライトや強い光線が当たった部分の周囲に,かなり違和感(異様に暗くなる)を感じるので,そのへんが改良されるかもしれない。

 ニコンのEXPEED 4は,PENTAX K-3の画像処理エンジンPRIME IIIと同じ富士通のMilbeaut M-7Mがベースになっている。K-3がファームウェアアップデートで回折補正機能を追加できたのは,Milbeaut M-7Mの機能を使ったためと言われる。ということは,今後D810に回折補正機能が付くようになったとしても不思議ではない(付かない可能性のほうが高いとは思うが)。町並みの写真を絞り込んで撮影することの多い私には,うらやましい機能である。

■ シャッター音が変わり,静かになったらしい

 D810ではミラーのアップ&ダウン駆動を,どちらもモーター駆動で行うようになった。いままではモーターとバネを使っており,それよりも静音化しているようだ。ミラーバランサーも新しいものになっているらしく,大きくて下品だったD800Eのシャッター音よりもずいぶん静かに,そして上品な音になっているそうだ。これはうらやましい。

 ただ,ミラーのアップ&ダウンをモーター駆動にしたことにより,レリーズタイムラグが少し大きくなり,0.052secとなっている。D800Eは0.042secだった。一眼レフとしては,0.052secというレリーズタイムラグは遅いほうではないが,ほんのわずかとはいえ遅くなったことは残念だ。
(デジタルカメラのレリーズタイムラグ一覧は「レリーズタイムラグに関する誤解と現実」を参照)

 D810の連写速度は約5コマ/secと,D800Eの約4コマ/secよりも若干早くなっている。私はオートブラケットするとき以外はカメラの連写というものを使わないので,どうでもいい。

■ AFセンサーモジュールはアドバンストマルチCAM 3500FX

 AFセンサーモジュールは,D800/D800E,D4/D4Sと同じだが,AFエリアモードにはD4Sと同じグループエリアAFが追加されているらしい。基本的にはど真ん中のAFポイントしか使わないし,AFで動体を撮影したりしないので,どうでもいいところかな。

■ 液晶モニターの解像度

 D800/D800Eの3.2インチ約92万ドットから,3.2インチ約122.9万ドットに増えているが,デジカメの液晶モニターで作品を鑑賞するわけではないので,あまり気にならない。

■ その他

 D810のボディを見て,とてもうらやましく感じるのは,「D810」というシルク印刷が歪んでいないこと。ひょっとしたら,これが一番うらやましいところかもしれない。D800/D800Eのあの歪みはなんだったのだろう。

 ずっと愛用しているニコンのCapture NX 2は今後のアップデートがなくなり,D810からは無料のCapture NX-Dを使わざるをえなくなる。Capture NX-Dは,試用版だけではなく,製品版でもU Pointテクノロジーは搭載しないらしい。慣れの問題かもしれないけど,Capture NX 2がそのまま使えないというだけで,しばらくニコンの新しいカメラはなくてもいいかな,という気分になる。めでたし,めでたし。

|

« ソニーα7Sの縦位置グリップ「VG-C1EM」 | トップページ | 新橋文化劇場・ロマン劇場が8月末に閉館 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。とりあえず、(私にとっては「我慢できる」範囲ではなく)新規で買う範囲でもないようです。ちなみに現在はマイクロ4/3が、まったく動いていません。ニコンとペンタックスのAPS-C、しかも旧モデルです。

投稿: 魚籃坂 | 2014年7月22日 20時23分

 デジカメと畳は新しいほうがいい……という言葉に私自身惑わされているかもしれません。お恥ずかしい限りです。

投稿: 三日画師 | 2014年7月23日 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコンがD800/D800E後継機のD810発売:

» 【圧倒的な精細感と心地よい操作感を両立】デジタル一眼レフ「D810」 [ぱふぅ家のサイバー小物]
新開発されたローパスレス仕様フルサイズセンサー+画像処理エンジン「EXPEED4」 [続きを読む]

受信: 2014年7月28日 12時08分

« ソニーα7Sの縦位置グリップ「VG-C1EM」 | トップページ | 新橋文化劇場・ロマン劇場が8月末に閉館 »