« 新橋文化劇場・ロマン劇場が8月末に閉館 | トップページ | リニア中央新幹線名古屋駅周辺の開発 »

2014年7月23日

福塩線(南線)府中〜福山間が100周年

 福塩線100周年で記念イベント JR府中駅など(2014年7月22日 朝日新聞)

 福山市と三次市を結ぶ福塩線(27駅、78キロ)のうち南線と呼ばれる府中―福山間(15駅、23・6キロ)が開通して100年になるのを記念して21日、JR府中駅や福山駅で記念式典などが催された。
 南線区間は1914(大正3)年7月21日、民間の両備軽便鉄道として開業。38(昭和13)年までに府中―塩町(三次市)間が結ばれ、全線が開通した。
 備後の瀬戸内と山間部を結ぶ大動脈として長年、地域を支えてきた。記録のある87年度以降の福山駅を除く府中駅以南の1日あたりの乗降客は91年の約2万1200人がピーク。年々利用者は減り、ここ1、2年は回復傾向も見られるが、昨年度は約1万7千人。

030430175718
[府中駅に停車する福塩南線の福山行き115系電車(2003年4月撮影)]

 福塩南線は軽便鉄道だったとはいえ,戦前には両備鉄道として両備福山駅〜府中町駅間が電化されていた。その後国有化され,塩町側から延びてきた国鉄ローカル線の福塩北線と合わせて福塩線となり,軌間も1067mmに改軌されたが,同じ福塩線でも福山〜府中間の電化区間福塩南線と,非電化の福塩北線はまったくの別路線的な扱いになっている。福塩北線は,一日に朝夕の6往復しか走らない。

 気になるのは,一時的とはいえ,福塩北線の下川辺駅(府中駅から一駅目)までは,全通後に電化され,直流1500Vに昇圧までされていることだ。
 下川辺駅は利用者の少ない1面1線の無人駅である。なぜ,福塩北線の府中〜下川辺間が特別扱いで電化され,その後すぐに架線が取り払われたのか,なんだかとても気になるではないか……

030430182034
[府中駅に停車する福塩南線の福山行き105系電車(2003年4月撮影)]

030430180334
[府中駅に停車する福塩北線のキハ120形ディーゼルカー(2003年4月撮影)]

|

« 新橋文化劇場・ロマン劇場が8月末に閉館 | トップページ | リニア中央新幹線名古屋駅周辺の開発 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福塩線(南線)府中〜福山間が100周年:

« 新橋文化劇場・ロマン劇場が8月末に閉館 | トップページ | リニア中央新幹線名古屋駅周辺の開発 »