« 親指AFできず「FUJIFILM X-T1欲しい熱」が少し冷める | トップページ | 土佐電鉄と高知県交通を統合する方向で検討 »

2014年5月22日

ひたちなか海浜鉄道が延伸に向けシャトルバス運行

 延伸に向け、需要調査 海浜鉄道シャトルバス運行(2014年5月14日 朝日新聞)

 シャトルバスは、海浜公園で人気のネモフィラとコキアの見ごろに合わせ、春と秋の年2回運行してきた。昨年度は1年間(26日間)で6487人が利用し、前年度(25日間)の約1・5倍に。今年は海浜公園の入場者数が今月4日に開園以来過去最高の7万1620人を記録した。ひたちなか海浜鉄道の吉田千秋社長は「バスを3台走らせたが、鉄道の限界に近いところまでお客さんがいた」と語るほどの盛況だった。

021104150636
[ひたちなか海浜鉄道の終点阿字ヶ浦駅(2002年11月茨城交通湊線時代)]

 ひたちなか海浜鉄道が運行している阿字ヶ浦駅と国営ひたち海浜公園を結ぶ無料シャトルバスが好調なようだ。この無料シャトルバスによって,阿字ヶ浦駅と国営ひたち海浜公園を結ぶ鉄道延伸の要否や効果の検討を探っているらしい。
 まだまだ天候や季節によって需要が大きく変動するなど,判断が難しいようだ。

 新しい顧客の開拓と,路線延伸(路線維持)は,ローカル鉄道の共通の課題だから,ぜひとも延伸を成功させてほしいものである。

021104150015
 阿字ヶ浦駅のホームの終点。ここから先に線路は延びるのだろうか……

|

« 親指AFできず「FUJIFILM X-T1欲しい熱」が少し冷める | トップページ | 土佐電鉄と高知県交通を統合する方向で検討 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひたちなか海浜鉄道が延伸に向けシャトルバス運行:

« 親指AFできず「FUJIFILM X-T1欲しい熱」が少し冷める | トップページ | 土佐電鉄と高知県交通を統合する方向で検討 »