« カメラのストラップあれこれ | トップページ | 親指AFできず「FUJIFILM X-T1欲しい熱」が少し冷める »

2014年5月13日

一に水平,二に水平,三四がなくて五に構図とピント

 私は写真で「作品」を撮らない。街並みや商店街を記録して歩いている。私にとって写真は「記録」なので,いくら気に入らない構図であっても,現実がそのような造形になっていれば,そのまま撮る。したがって構図はあまり重要ではなくなる。

 重要なのは水平だ。森羅万象はあらゆる線(境界)や色で構成されていて,どのような角度からでも見ることができるが,水平になるポイントは一個所しかない。どのような写真の撮り方をしても,水平線は一個所しかないのだ。写真で「作品」を作る場合は別だが,「記録」という点では,水平は正しく記録しておきたい。私の優先順位は「一に水平,二に水平,三四がなくて五に構図とピント」なんである。

 マイナビニュースに「建物や風景をもっとうまく撮るために」という記事があって,結論は「水平と平行を意識する」ことだと書いてあって,その通りだと思った。逆に言うと,適当に撮った写真でも,水平さえとれていれば,それなりにいい写真に見える。

 ただ,このマイナビニュース記事の作例は,水平が重要だと説明するためのものにしては,3枚とも0.4〜0.5度ほど反時計回りに傾いている(写真の右側が上がっている or 撮るときにカメラの右側が下がっている)のが残念だ。「一に水平,二に水平」の私は,この0.4〜0.5度がとても気になってしまう。

 それと,「最近のカメラはグリッド表示や水準計が標準でついている物もおおいのでこれらを使うとより簡単に水平をとることができます」という結論にも納得がいかない。なぜなら,多くのカメラに付いている9分割表示のグリッドは,水平をとるためには向かないばかりか,それに影響されて水平がとりにくいからだ。

140513002359
 多くのカメラに付いている9分割グリッド。これは,基本的には構図を決めるためのもので,このグリッドで水平をとるのは,現実的には非常に難しい。なぜなら,この9分割グリッドのグリッド線上に,水平をとるための基準となるラインがくることはないからである(全体に海が写るシーンを撮る場合以外)。

9
 たとえば,街の写真を撮るときに,9分割グリッドの左側の縦グリッド線(赤いライン)を建物の垂直ラインに合わせてしまうと,このように傾いた写真になる。
 街並みの写真では,9分割グリッドのグリッド線に垂直水平が合うところは画面の中に存在しない。カメラを傾けないように気をつけると,無意識にグリッド線を建物に合わせてしまうため,むしろ9分割グリッドは邪魔になる。

2
 画面の中にある垂直線(鉛直線)・水平線がどうなっているか,画面に書き込んでみるとこのようになる。
 9分割のグリッド線を合わせるべき垂直線・水平線が傾いているのだから,9分割グリッドで水平を出すのは無理という結論になる。

 ここで,唯一「カメラの水平の基準」となる線が,赤いラインである。どのような構図で撮っても,この赤いラインで示す真ん中の垂直線だけは,必ず垂直線(鉛直線)になる。

 当たり前と言えば当たり前のことなのだが,あまり知られていなかったりするので2回書く。カメラの水平の基準になるのは,真ん中の垂直線だけなのだ。

140420164042
 この写真でも,水平・垂直線の中で,唯一「真ん中の垂直線」だけは真っ直ぐなままだ。

 結論。カメラを傾けずに撮るためには,9分割グリッドは役に立たない。意識すべきは,「真ん中の垂直線」しかない。

 となると,カメラを傾けずに撮るためには,真ん中に垂直のグリッド線が必要だということになる。

140513002252
 これが真ん中に垂直のグリッド線がある24分割グリッド線。残念ながら,現在,真ん中に垂直のグリッド線があるのはこのタイプだけだと思う。
 必要なのは真ん中の垂直のグリッド線だけなので,昔の一眼レフにあった十字のグリッド(4分割)でも十分なのだが,それができるコンパクトデジカメは見たことがない。

140517064644
 参考:PENTAXの*ist Dで使っていたフォーカシングスクリーン(MI-60 AFスケールマット)

蛇足1:
 現実の風景では,電信柱は傾いていることが多いし,家やビルも微妙に傾いていることがある。完全に水平をとって撮ると,逆に傾いて見えてしまうこともある。そんなときは,もちろん水平に見えるように少しカメラを傾けて撮る。思考や嗜好は柔軟なほうが楽しい。

蛇足2:
 水平命の私には,PENTAXの一眼レフに付いている「自動水平補正機能(撮像素子を回転させることでカメラの傾きを自動補正し,水平にしてくれる)」が神がかり的に優れていると感じる。私は各社のカメラを併用しているが,水平に関してはPENTAXのカメラの歩留まりがかなり高くなる。

|

« カメラのストラップあれこれ | トップページ | 親指AFできず「FUJIFILM X-T1欲しい熱」が少し冷める »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。とても勉強になりました。
写真の左右ののビルに鉛直を求めると、写真が傾く事に答えを得ることができずにいた所、こちらに行き着きました。ありがとうございました。
同様の内容を逆検索しても、同じことに言及している方がおられないという・・・(^_^;)
こういった記事は本当に助かります。
(インスタグラムもフォローさせていただきました。)

投稿: saruo shoudoshima | 2017年7月21日 17時55分

 コメントありがとうございます。
 ほんの少し水平を直すだけでグッと良くなる写真が多いので,水平には多少なりとも気をつかって写真を撮りたいですね。

投稿: 三日画師 | 2017年7月23日 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一に水平,二に水平,三四がなくて五に構図とピント:

« カメラのストラップあれこれ | トップページ | 親指AFできず「FUJIFILM X-T1欲しい熱」が少し冷める »