« 一に水平,二に水平,三四がなくて五に構図とピント | トップページ | ひたちなか海浜鉄道が延伸に向けシャトルバス運行 »

2014年5月14日

親指AFできず「FUJIFILM X-T1欲しい熱」が少し冷める

Img_main01

 欲しくてたまらなかった富士フイルムのX-T1。近所のヨドバシカメラの店頭には,縦位置バッテリーグリップ付きの製品が展示されていて,手に持ったときの感触がすばらしすぎるX-T1。

 自分が現在何種類のマウントのカメラを持っているのかを冷静に考え,衝動買いしたくなる気持ちを抑えるのに大変だった。デジタルカメラだけでも,所有しているマウントは,メインのPENTAX Kマウント[K-7・K-5 IIs]と同じくメインのNikon Fマウント[D800E・D3],サブ用のパナソニックのマイクロ4/3[GX1・GF1],最近使わなくなってしまったライカMマウント[エプソンR-D1s]の4つもある。
(使わなくなったフィルムカメラでは,Kマウント・Fマウント・MマウントのほかにOMマウントとPENTAX 67マウントまである)

 すでに首が回らない状況なのに,さらにマウントをひとつ増やしたら泥沼化必至だ。その程度の判断力は残っている。

 そんなときに,ひとつの記事が目に入った。デジカメWatchの「新製品レビュー:XF 23mm F1.4 R 絞り開放から高いパフォーマンスの大口径広角レンズ」だ。

 取り上げられているのは,フルフレームで35mmレンズ相当のXF 23mm F1.4 Rレンズ。単焦点レンズ一本だけ付けてぷらぷら歩くときには最適の焦点距離だ。

 気になったのは,“操作面での大きな特徴は、距離指標付きのフォーカスリングを搭載している点だ。通常時はロックがかかって回転しないが、フォーカスリングを手前に引くと、距離指標があらわれリングが回転するようになる”のところだ。

 えっ? X-T1はフルタイムマニュアル操作ができないの?

と思った。10数年前,ニコンのAFレンズがAF-S化されるまでは,ニコンのAFレンズにフルタイムマニュアルができるレンズはなかった。その点で,先行するキヤノンのユーザーがうらやましくてしかたがなかったことを,今でも覚えている。

 その頃に,ニコンユーザーに人気だったのが,トキナーのAT-Xシリーズだった。このトキナーのレンズが,XF 23mm F1.4 Rと同様に,フォーカスリングを手前に引くことでマニュアルフォーカスができるという特徴を持っていた(私は純正レンズ主義なので買わなかったが)。当時はそれが便利だという感覚があったが,超音波モーター駆動のレンズが多くなり,フルタイムマニュアルできるのが普通になってしまった現在では,“だから何?”ぐらいの機能に感じる。

 むしろ,“通常時はロックがかかって回転しない”=AFモード時はフォーカスリングが回らない=フルタイムマニュアルができないことになる。

 そういうわけで,近所のヨドバシカメラに実際に確認に行った。ありがたいことに,X-T1には縦位置バッテリーグリップとXF 23mm F1.4 Rが付いていた。

 そこでいじってみると,やっぱりフルタイムマニュアル操作ができない。さらに知った衝撃的な事実。X-T1では,「シャッターボタンでのAF動作」をOFFにすることができないのだ。フルタイムマニュアルレンズとはペアになる親指AFができない。こんなによくできたカメラなのに残念……

 パナソニックのLUMIX DMC-GX1や高級コンパクトカメラのように,親指でAFロックしてから撮るという逃げ道は残っているが……

 ガッカリ感はとても大きかった。X-T1欲しい熱が少し下がったかもしれない。それはそれで良かったのかも……

|

« 一に水平,二に水平,三四がなくて五に構図とピント | トップページ | ひたちなか海浜鉄道が延伸に向けシャトルバス運行 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

なんだ…。超音波モーターとかステッピングモーターとか、原価で数千円もしないんですけどね…。そういう使用になった理由が、よく判りません。ツァイスのTouitに期待ですかね…。

投稿: 魚籃坂 | 2014年5月16日 19時58分

 コスト削減以外に,AFモードでのフルタイムマニュアル無しのAF/MF切り替え方式になった理由を想像してみると,“MF時に,昔のMF専用レンズのようなねっとりとしたトルク感を実現する”というのは考えられたんですが,残念ながらMF時の感触は昔のMFレンズと比べられるようなレベルではないですね。

 Touitには注目していますが,私はミーハーで見た目重視なので,あのヌルっとしたデザインには魅力を感じないです。

投稿: 三日画師 | 2014年5月16日 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親指AFできず「FUJIFILM X-T1欲しい熱」が少し冷める:

« 一に水平,二に水平,三四がなくて五に構図とピント | トップページ | ひたちなか海浜鉄道が延伸に向けシャトルバス運行 »