« 地道に復興 ひたちなか海浜鉄道 | トップページ | docomo iPhone 5sの利用料金がほぼ判明 »

2013年11月 8日

東北からブルートレインが消える日……

 「あけぼの」来春廃止 ブルトレ、15年度末に全面廃止(2013年11月7日 秋田魁新報)

 本県を通り上野—青森を結ぶ寝台特急「あけぼの」が、来春のダイヤ改正で廃止される見通しであることが6日、JR関係者への取材で分かった。太平洋側を走る「北斗星」(上野—札幌)も、北海道新幹線の2015年度末の開業に合わせて廃止される見込み。これにより、青い塗装の客車が特徴の寝台特急・ブルートレインは15年度末までに全面廃止となる。

060813180204


[青森駅ホーム(2006年8月)]

 東北地方には,国鉄時代からたくさんの定期夜行列車が走っていた。山形,秋田新幹線の開業で,首都圏とのつながりが大きく変化し,夜行急行はなくなり寝台特急「あけぼの」と北海道札幌まで行く寝台特急「北斗星」,大阪〜札幌感を結ぶトワイライト・エクスプレス,そして少し毛色の異なる寝台特急カシオペアが残るばかり。
 来春に寝台特急「あけぼの」が廃止され,北海道新幹線の新函館までの開業で寝台特急「北斗星」が廃止されると,とうとう青い24系客車を利用した〝ブルートレイン〟が日本から姿を消すことになる。

 思い起こしてみると,東北・北海道への旅行は,金がなかった学生時代が多くて,夜行急行「八甲田」「津軽」ばかりに乗っていた。南部縦貫鉄道を訪ねるときには583系の「はくつる」にも乗った記憶がある。となると,東北地方のブルートレインの寝台特急「あけぼの」には,いまだに乗ったことがないことになる。これはぜひとも乗ってみたい。

040801-172640
[新札幌駅を走る寝台特急「北斗星」(2004年8月)]

040802-102217a
[苫小牧駅を走る寝台特急「北斗星」(2004年8月)]

 寝台特急「あけぼの」だけでなく,北海道にも渡る寝台特急「北斗星」も,廃止が近づいていることになる。利用客数を見れば,一部の席はなかなか切符を入手するのも難しいらしいし,乗車率も意外に高いらしい。いろいろなコストを考えると,老朽化した車両を新しい車両に置き換えてまで走らせたい列車ではなくなってしまった,ということだろう。
 夜行高速バスよりずっと自由度が高くて便利な乗り物だと個人的には思っているが,時代の流れには逆らえない。

|

« 地道に復興 ひたちなか海浜鉄道 | トップページ | docomo iPhone 5sの利用料金がほぼ判明 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北からブルートレインが消える日……:

« 地道に復興 ひたちなか海浜鉄道 | トップページ | docomo iPhone 5sの利用料金がほぼ判明 »