« 新型MacPro……パイプファイル置くの禁止ね | トップページ | 高岡駅前ビルが解体へ »

2013年10月27日

三岐鉄道三岐線の脱線事故もレール保守管理不備が原因

 レール保守不備、ゆがみ放置(2013年10月26日 朝日新聞)

 いなべ市藤原町の三岐鉄道三岐線東藤原駅構内で昨年6月、貨物列車が脱線した事故で、運輸安全委員会は25日、レールの保守管理の不備が原因とする調査報告書を公表した。現場の線路の設計図がなく、検査も不適切で、レールのゆがみが放置されていた。

鉄道事故:三岐鉄道のディーゼル機関車が脱線 富田駅で繰り返す/三重

 2012年6月に貨物列車を牽引する電気機関車が東藤原駅構内の分岐器(ポイント)付近で立て続けに脱線した事故は,レールの保守管理の不備が原因で,レールがずれてカーブがきつくなり,高さも左右で歪んでいたとする事故調査報告書が公表された。

 報告書の公表がずいぶん遅いような気がするけど,JR北海道の件がきっかけで,たまたま表にでてきたものだったりして…

|

« 新型MacPro……パイプファイル置くの禁止ね | トップページ | 高岡駅前ビルが解体へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三岐鉄道三岐線の脱線事故もレール保守管理不備が原因:

« 新型MacPro……パイプファイル置くの禁止ね | トップページ | 高岡駅前ビルが解体へ »