« 小田急ロマンスカーRSEが富士急行へ | トップページ | コトデン瓦町ビルの高松天満屋が来年3月閉店 »

2013年10月21日

ソニーのα7・α7Rが面白い

Sony_7r

 久しぶりにソニーらしい面白い製品だと思った。35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したEマウントデジカメα7・α7R。
 EマウントなのでNEX用のイメージサークルがAPS-Cサイズのレンズはクロップで使えるし,ミノルタ時代からの〝α〟のAマウントは,純正のAFカップラ付きマウントアダプタが用意される。

 小ぶりなボディのカメラで,オールドレンズを画角そのままに使うためのベースとしても最適だと思う。今まで私はMマウント・Lマウントのレンズを,APS-CセンサーのR-D1sか,マウントアダプターをつけたm4/3のLUMIX DMC-GX1で使ってきたが,α7・α7Rならばフルフレームで使えるのだ。
 やばい,買ってしまいそうな予感がする。ただ,買うとなったらレンズも新しく買うことになるわけで,たぶん最初の1本になりそうなSonnar T* FE 35mm F2.8 ZAが,かなり強気な値付けの8万8,200円ってところが,財布の紐が緩むのをガードしてくれそうだ。

 外観で話題になっているのが,ペンタ部の斜めのところにあるメーカーロゴが,あのCanon New F-1に似てるってこと。

Canon_new_f1

 たしかに,似てるような気がする。
 私が持っている古いカメラの中にも似ているのがある。ちょっとマイナーな機種だけど……

131020150109

 OLYMPUS OM-2 SPOT/PROGRAM(OM-2SP)である。OM-2やOM-2NではなくOM-2SP。OM-2でスポット測光と世界初のTTLダイレクト測光プログラムAEを実現したヘンタイな機種だ。

 久しぶりにファインダーをのぞき込んでシャッターを切ってみたが,バッテリーが無い状態で1/60secシャッターが問題なく切れる。視野率97%,0.86倍のファインダーは,現在使用しているフルフレームのNikon D800E,D3のファインダーよりもはるかに見やすい。一眼レフがオートフォーカスになり,デジタル一眼レフになって,「ファインダーの見やすさ」という大きなものを失ったことがわかる。久しぶりに,フィルムで写真を撮ってみたくなった。

131020143932_3_4_2

 あれっ,最後はα7・α7Rじゃなくて,フィルム一眼レフ礼賛になってしまった……

|

« 小田急ロマンスカーRSEが富士急行へ | トップページ | コトデン瓦町ビルの高松天満屋が来年3月閉店 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニーのα7・α7Rが面白い:

« 小田急ロマンスカーRSEが富士急行へ | トップページ | コトデン瓦町ビルの高松天満屋が来年3月閉店 »