« 田舎館村の「田んぼアート駅」が開業 | トップページ | 斜め下からの目線でiPhone 5cに驚く »

2013年9月 7日

長野駅善光寺口駅前広場の整備が進んでいるらしい

 長野駅善光寺口駅前広場の整備(長野市)

 平成8年に都市計画決定されたウエストプラザ長野方面、ホテル池紋方面、ながの東急方面の3方向への歩行者専用デッキについては、景観が損なわれること、広場の開放感が失われること、デッキと歩道を結ぶ階段により歩道が狭くなり通行に支障が出ることなどから、ホテル池紋方面及びながの東急方面へのデッキは設置しないこととし、途中まで整備されているウエストプラザ長野方面への1方向のみを整備する。

050924-130638
〔長野駅善光寺口駅前の階段の上からバス乗り場を見下ろす(2005年9月)〕

 長野市では,2015年(平成27年)3月の北陸新幹線金沢延伸にあわせて,長野駅善光寺口駅前広場を整備予定であり,その工事が進み始めた模様だ。

 現在の長野駅は,1998年の長野冬季オリンピックの開催に合わせて急遽仕上げた駅舎なので,使いにくい部分が多いのだろうと思われる。駅前広場の整備工事であり,工期が一年半ぐらいしかないので,それほど大掛かりなものではないのかと思っていたが,長野駅駅舎の改築工事も含んでおり,かなりの突貫工事となりそうだ。

 写真に見える長野電鉄のりば入口(地下鉄の入口っぽいところ)は,既に閉鎖され,長野電鉄にのるためには,駅ビルMIDORI内の地下道出入口を使うようになっている。

050924-130704

 善光寺口駅前の正面のデッキから駅の左右に延びるエスカレーターと階段は,一旦撤去され,駅ビルの内部に同様の形状で再現することになる。

 善光寺口のファサードには巨大な列柱が並び,その上に巨大な庇がのる。背の高い巨大庇は視覚的開放感はあるが,少し風が吹いたときには雨避けの効果が弱そうだ。

050925-103836

 善光寺口駅前広場南西側のタクシープール。現在もタクシープールは駅前のバスロータリーとは切り離されているが,駅前広場の整備工事が終わったあとも,バスロータリーとタクシー&マイカー用のロータリーは分離されることになりそうだ。

050925-103954

 今回の善光寺口駅前広場整備工事では,長野駅前郵便局の前からタクシープールの上に向かって中途半端に延びていたこの跨道橋が,めでたく駅のペデストリアンデッキとつながることになる。

|

« 田舎館村の「田んぼアート駅」が開業 | トップページ | 斜め下からの目線でiPhone 5cに驚く »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野駅善光寺口駅前広場の整備が進んでいるらしい:

« 田舎館村の「田んぼアート駅」が開業 | トップページ | 斜め下からの目線でiPhone 5cに驚く »