« KマウントのボディとFマウントの広角ズームを更新 | トップページ | 常磐線の485系を淘汰したE653系が羽越線「いなほ」に »

2013年7月 9日

東北新幹線ダイヤ改正&奥羽本線青森~新青森間在来線増発

 JR東日本、青森~新青森間の在来線列車を増発…9月28日ダイヤ改正(2013年7月6日 レスポンス)

 JR東日本盛岡支社は7月5日、9月28日に実施する東北新幹線のダイヤ改正に合わせ、「はやぶさ」乗り継ぎに対応した在来線列車を奥羽本線青森~新青森間で増発すると発表した。
(中略)
 青森7時15分発~新青森7時21分着の増発列車を設定し、新青森駅での乗り換え時間を現在と同じ21分に収める。「はやて24号」が最高速度300km/hの「はやぶさ8号」に変わることから、増発列車~「はやぶさ8号」の乗り継ぎによる青森~東京間の所要時間は、現在より6分短い3時間53分となる。
(中略)
 新青森駅での乗り換え時間は現在より18分短い11分。「はやて26号」から「はやぶさ10号」への変更による所要時間の短縮も含めると、青森~東京間の所要時間は26分短縮されて3時間46分となる。

121231115604enhancer

 2013年秋のダイヤ改正で,最高速度が275km/hの「はやて」の一部が「はやぶさ」に変更となる。また,盛岡まで「はやぶさ」と連結する「スーパーこまち」のスピードアップにともない,新青森〜東京間の所要時間が6〜8分短縮。それに合わせて,在来線奥羽本線のダイヤ改正(増発列車が設定)が行われ,青森〜東京間の所要時間もかなり短縮することになる。

 奥羽本線の増発列車は,JR北海道の789系6両編成(2・3号車のみが利用可能)・JR東日本の485系で運転されることから,新青森〜函館間を結ぶ特急「スーパー白鳥」「白鳥」等の間合い運用だと思われる。

 こういう地道な所要時間の短縮は重要だし,喜ばしいニュースだと思う。

060814114253
〔JR北海道の789系電車〕

060814110900
〔JR東日本の485系電車〕

 東京〜青森駅間の所要時間が細かく書かれている記事は珍しい。2013年3月のダイヤ改正で,東北新幹線の最高速度が320km/h(宇都宮〜盛岡間)にアップし,東京〜新青森間の所要時間が2時間59分と,3時間を切ったことが大々的に報じられた。しかしながら実際は,東京〜新青森間を新幹線が高速で走っても,新青森から青森までは在来線に乗り換える必要があるので,東京〜青森間の所要時間は3時間を切ったりしない。

2010年12月4日:さて,本当の東北新幹線の所要時間を調べてみた

 JR東日本による青森までの所要時間短縮は喜ばしいが,第三セクターの青い森鉄道となった浅虫温泉,野辺地までの所要時間短縮も期待したい。

|

« KマウントのボディとFマウントの広角ズームを更新 | トップページ | 常磐線の485系を淘汰したE653系が羽越線「いなほ」に »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北新幹線ダイヤ改正&奥羽本線青森~新青森間在来線増発:

« KマウントのボディとFマウントの広角ズームを更新 | トップページ | 常磐線の485系を淘汰したE653系が羽越線「いなほ」に »