« 富山地鉄も「黒部宇奈月温泉駅」だとわかりにくくね? | トップページ | 11月に終了するiGoogleからNetvibesに引っ越し完了 »

2013年6月16日

長野行新幹線の次は北陸長野新幹線?

 「長野新幹線」消える? 来年度に金沢まで延伸 北陸自治体と呼称論争(2013.5.18 msn産経)

 平成9年の東京-長野間開業以来、15年以上にわたり慣れ親しまれた「長野新幹線」という呼び名が消えるかもしれない。来年度に長野から金沢まで延伸されると長野は終点ではなくなり、正式名称の「北陸新幹線」に変わるとの見方があるためだ。(大竹直樹)

 「すでに定着している長野新幹線という呼び名がなくなるのはさびしい。それに、長野は北陸ではない」

 長野商工会議所の商工振興部長、徳武高久さん(55)は呼称から「長野」の地名が消えることに危機感を募らす。

080811120233
〔軽井沢駅の上田・長野方面ホーム。長野新幹線でも北陸新幹線でもなく,ただ「新幹線」と表示されている(2008年8月)〕

 北陸新幹線にまたもや呼称問題勃発? 記事を読んでいて憂鬱になる。
 もともと長野までの開業時に,暫定的に「長野新幹線」「長野新幹線」としたはずなのに,これは地域のエゴとしか思えない。

 北陸新幹線が金沢まで開業すると,速達列車の停車駅は,金沢・富山・(高崎・)大宮となり,長野は通過することになる可能性が高いと思っている。長野県の猛反発をまねくだろうが,東北新幹線の「はやて・こまち」が宇都宮・郡山・福島を通過すること,東海道新幹線の「のぞみ(・ひかり)」が静岡・浜松を通過することを考えれば,長野通過は納得がいく。「北陸長野新幹線」という呼び方にしてしまった場合,長野を通過する電車を作ることは,混乱をまねくと思われる。

北陸新幹線ルート計画図(黒部市公共交通戦略推進協議会)

 北陸新幹線は,東京と北陸地方を結ぶだけではなく,東京〜大阪間の東海道新幹線の代替路線として計画されたものだ。本来なら最短経路で東京〜上越〜北陸〜大阪を結ぶ目的があった。しかしながら,北陸新幹線が開業しても,糸魚川〜東京の所要時間は,糸魚川に停車する各駅停車タイプで約2時間40分で,在来線の特急「はくたか」を使って上越新幹線の越後湯沢で乗り継ぐ現在と変わらないという奇妙な事態が生じてしまった理由は,上の北陸新幹線ルート計画図を見るとよくわかる。

 糸魚川から特急「はくたか」を使うと,北陸新幹線と同じ所要時間になるのは,特急「はくたか」が東京方面への最短経路である「ほくほく線」を走行するからだ。また,長野〜高崎間に碓氷峠という急勾配区間が存在するため,スピードが出しにくいこともある。
 
 北陸新幹線を,越後湯沢で上越新幹線から分岐して,ほくほく線を通り上越(直江津)に繋がる最短経路で通していれば(長野新幹線は長野止まりとして),所要時間も短く,工事区間(越後湯沢〜糸魚川と長野〜糸魚川で比較)もさほど変わらず,大変な難工事だった飯山トンネルを通すこともなく,呼称問題などというくだらない争いも生じなかったんじゃないかと,いまさらながら思うのであった。

《続報》

 長野駅で乗務員交代 全列車が停車 北陸新幹線(6月17日 信州毎日新聞)

 2015年3月に金沢まで延伸開業する北陸新幹線で、JR西日本の乗務員が長野―金沢を運転することが決まった。長野(長野市)から飯山(飯山市)、上越妙高(新潟県上越市)にかけては、JR東日本の営業路線だが、全列車が停車する構造の長野駅で両社の運転士と車掌が乗務交代し、運行するのが効率的と判断した。JR東日本、西日本の両社が合意に至ったことを、JR関係者が16日、明らかにした。

 長野駅に全列車が停車。開業当初はそうだろうけど……

|

« 富山地鉄も「黒部宇奈月温泉駅」だとわかりにくくね? | トップページ | 11月に終了するiGoogleからNetvibesに引っ越し完了 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

東京、長野間をすべて東日本が担当 するとも言っていない
したがって現時点では長野全列車が長野に止まるかどうかはわからない

投稿: ガノ星人 | 2013年8月14日 15時40分

路線名は北陸新幹線に決定しましたね

投稿: てつ | 2013年10月 9日 03時03分

とりあえず北陸新幹線に決まってホッとしました。

投稿: 三日画師 | 2013年10月 9日 06時47分

古い記事へのコメントで恐縮ですが……

北陸新幹線の長野全列車停車は妥当だと思われます。
名古屋・京都・大阪、及び仙台は、いずれも人口100万を超える都市で、その都市への需要を満たすことを主目的とした列車が設定できるほどの需要があります。
対して、北陸新幹線延伸区間の主要都市である富山・金沢は、どちらも長野と都市の規模が大きく変わらない点で、東北・東海道新幹線と異なりますよね。
相対的に見れば、対長野の需要は十分大きいのです。

また、静岡や郡山などの都市も同様に、主にそれらの都市への需要を満たす目的で、毎時1本以上の列車が設定できるほどの需要があります。
しかし北陸新幹線の場合、長野通過の速達列車を設定し、かつ現行のあさまの本数を維持するのでは、輸送力が過剰になります。
かといって長野発着列車を減らすことも考えられないでしょう。

そしてやはり、関東対長野の速達列車の設定を増やすことでの需要喚起も狙いの内だと思われます。
今のダイヤでは速達便は少ないですからね。

ということで、仮に長野通過列車を設定するとしたら、関東対北陸で毎時2本以上の運行が成り立つまでの需要があることは必須条件だと思われますね。

投稿: しょくぱん | 2014年12月18日 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野行新幹線の次は北陸長野新幹線?:

« 富山地鉄も「黒部宇奈月温泉駅」だとわかりにくくね? | トップページ | 11月に終了するiGoogleからNetvibesに引っ越し完了 »