« 駅前探検倶楽部アプリ終了のお知らせ | トップページ | 「ホームドアは一日にして成らず」… »

2013年6月29日

弘南鉄道社長が「大鰐線を廃止」に言及

 弘南鉄道社長「大鰐線を廃止」(2013年6月28日 東奥日報)

 弘南鉄道(本社平川市)の船越弘造社長は27日、第102期定時株主総会のあいさつで、利用者減少が続く大鰐線(中央弘前-大鰐間13.9キロ)について2017年3月末で廃止する方針を示した。大鰐線の廃止は、今回の株主総会の議案に盛り込まれておらず、同社としての方針も打ち出していないが、社長が対外的に具体的な廃止時期を明示したのは初めて。
(中略)
 大鰐線の利用者数は1974年度の約389万8千人をピークに、2012年度はピーク時の14.8%の約57万6千人に減少。同社によると、同路線の経常損益も1970年に弘前電気鉄道から経営権の譲渡を受けた当初から赤字が続いており、これに引きずられ、会社全体の経常損益に影響を及ぼしている。

060813-134653a
〔弘前中央駅付近の土淵川沿いを走る弘南鉄道大鰐線の電車(2006年8月)〕

 株主総会冒頭の挨拶で,船越社長は,大鰐線が慢性的な赤字に陥っている現状を示した上で「17年3月31日で大鰐線を廃止する方向で考えている」と述べたという。

 利用者数が1974年のピークの7分の1に減ってしまった現状はかなり厳しい。奥羽本線に架かる老朽化した跨線橋の改修が済んで一山越えたかと思ったが,主要利用者と思われる高校生は今後も減少を続けることから,将来の見通しは暗い。

060813-153250
〔奥羽本線大鰐温泉駅との接続駅である大鰐駅(2006年8月)〕

 大鰐線の一方のターミナルである大鰐。JRの駅が大鰐温泉となっているように,温泉とスキーの町として繁栄した大鰐町が衰退してしまい,財政的にも厳しい状況にあることも影響していると思われる。

【参考】
写真撮っけど,さすけねがい?「2006年8月13日 (日曜日):弘南鉄道で大鰐温泉へ」

|

« 駅前探検倶楽部アプリ終了のお知らせ | トップページ | 「ホームドアは一日にして成らず」… »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

利用客の減少。

また、地方ローカル線が消えてゆく。

本当に鐵道ブーム?。

と言いたくなります。

投稿: ピカチュウの休日倶楽部 | 2013年7月 6日 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弘南鉄道社長が「大鰐線を廃止」に言及:

« 駅前探検倶楽部アプリ終了のお知らせ | トップページ | 「ホームドアは一日にして成らず」… »