« 北陸新幹線「米原ルート」割れる賛否 | トップページ | 秩父鉄道のパレオエクスプレスが運転再開 »

2013年4月23日

副都心線直通運転でまさかの渋谷一人負け?

 副都心線乗客増、JR渋谷駅の客減 東京、直通運転明暗(2013年4月4日 朝日新聞)

 東急東横線と東京メトロ副都心線で3月16日に直通運転を始めてから、副都心線の乗降客数が大幅に増加していることが東京メトロのまとめでわかった。一方、路線が競合するJR東日本の冨田哲郎社長は2日の記者会見で「渋谷駅の乗客が減っているのではないか」と話し、JRの利用客が減っている可能性に言及した。
 東京メトロによると、副都心線の池袋、新宿三丁目、明治神宮前の3駅の乗降客数を、相互直通開始前の3月2~8日と開始後の同16~27日で比べたところ、いずれも開始後に増加したという。1日平均すると、平日は3駅とも約4割増加。休日は、池袋は約6割、新宿三丁目は約8割、明治神宮前は約5割、それぞれ大幅に増加した。東京メトロは「東横線との直通運転開始で横浜方面からの乗客が増えたようだ」と分析している。

050206150838
〔伊勢丹新宿店がある新宿三丁目交差点(2005年2月)〕

 東急東横線と東京メトロ副都心線の直通運転が始まり,それ以前に副都心線に乗り入れていた東武東上線・西武有楽町線・西武池袋線とも相互直通運転することになった。
 直通運転開始前には,埼玉県から渋谷・横浜・元町中華街まで行きやすくなる,神奈川から明治神宮前(原宿・表参道)・新宿三丁目まで行きやすくなる,でも神奈川から池袋や埼玉まで行く理由はない……などと議論され,渋谷・明治神宮前・新宿三丁目あたりが勝ち組,池袋あたりが負け組になるという予想もあった。個人的には新宿三丁目が一人勝ちするんじゃないかという予感がしていた。

050206151531
〔新宿末廣亭がある新宿三丁目の末広通り(2005年2月)〕

 ところが,朝日新聞の記事によれば,渋谷駅の乗客が減り,池袋・新宿三丁目・明治神宮前は乗客が大幅増加しているようだ。いわば,渋谷の一人負けか。

 池袋・新宿・渋谷(・横浜)と,沿線には集客力の大きな街が並んでいる。以前は新宿に頻繁に出かけていたことはあるものの,人混みが好きではない私はこれらの街にはあまり縁がなく,街の魅力について比較できるだけの知識がない。しかしながら,池袋・新宿・渋谷の巨大繁華街は,それぞれに独特の魅力ある街であり,副都心線の直通運転ごときには左右されない固定客をもっているように思える。

110425152056
〔渋谷駅東口(2011年4月)〕

 では,なぜ差が生じたのだろうか。
 新宿・池袋にあって,渋谷にないもの……から連想すると,百貨店の時代は終わったと言われて久しいが,ひょっとしたら百貨店の集客力の差ではないだろうか。

 2011年の百貨店店舗別売上高ランキングがある。元ネタは日経MJ(日経流通新聞)」の「店舗別売上高ランキング」らしい。

(「東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行」ブログより)
2011年度百貨店店舗別売上高ランキング
① 伊勢丹新宿本店   235,010(+ 7.1%)
② 西武池袋本店  176,476(+ 5.5%)
③ 三越日本橋本店   165,220(▲19.6%)
④ 高島屋横浜店 131,794(▲ 1.7%)
⑤ 阪急うめだ本店       124,458(▲ 5.1%)
⑥ 高島屋東京店   124,242(▲ 2.2%)
⑦ 高島屋大阪店   117,890(+ 2.6%)
⑧ 松坂屋名古屋店   111,102(+ 1.1%)
⑨ ジェイアール名古屋タカシマヤ 104,002(+ 4.3%)
⑩ 東武百貨店池袋本店   102,936(▲ 5.8%)
⑪ そごう横浜店   100,996(▲ 0.7%)
⑫ 東急百貨店本店(渋谷)   96,999(▲ 2.2%)
⑬ 阪神梅田本店          92,350(▲ 3.8%)
⑭ 小田急百貨店新宿店    87,459(▲ 2.8%)
⑮ 近鉄阿百貨店倍野本店   84,793(▲ 2.8%)
⑯ 大丸心斎橋店        83,944(▲ 5.0%)
⑰ 高島屋京都店         83,378(▲ 2.3%)
⑱ 京王百貨店新宿店      80,814(▲ 1.1%)
⑲ 大丸神戸店          78,796(▲ 2.0%)
⑳ 名古屋栄三越     75,777(+ 1.4%)

 副都心線・東横線沿線には,日本でもトップクラスの百貨店が集まっていることがわかる。新宿には圧倒的1位の伊勢丹新宿本店,14位の小田急百貨店新宿店,18位の京王百貨店新宿店がある。池袋には2位の西武池袋本店,10位の東武百貨店池袋本店,横浜には4位の高島屋横浜店,11位のそごう横浜店がある。
 それに比べると,意外なことに渋谷には12位の東急百貨店本店しかない。

110425163025
〔渋谷駅ハチ公口(2011年4月)〕

 渋谷の魅力はそんなところにあるのではない,という意見は多いだろう。巨大な繁華街と比較して小規模な店が軒を連ねているのが魅力だと言われれば,たしかにその通りだと思う。今後,どのように渋谷が巻き返すのかが楽しみだ。
 東横線渋谷駅の高架駅跡と3月31日に閉館した東急百貨店東横店跡地を中心にして,かつてないほどの大規模な再開発が予定されている渋谷駅界隈。大型店が街の盛衰を左右するとすれば,跡地に地上43階建ての再開発ビルが建設される予定の2027年までの期間は,途方もなく長いように思う。

110425155228
〔3月31日に閉館した東急百貨店東横店東館(2011年4月)〕

110425163535
〔渋谷駅前のスクランブル交差点(2011年4月)〕

|

« 北陸新幹線「米原ルート」割れる賛否 | トップページ | 秩父鉄道のパレオエクスプレスが運転再開 »

鉄道」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

池袋、新宿にあって、渋谷にないのがもう一つ。大型書店ですよ。
新宿の紀伊国屋、ブックファースト。池袋のジュンク堂、リブロ。
渋谷には丸善とブックファーストがありますが、あんまり大きくないし。
でも、乗客数までには関係ないかなー?

投稿: sss | 2013年4月24日 01時59分

 なるほど,大型書店ですか。興味深い視点だと思います。

 そういえば,渋谷の大盛堂書店本店がなくなってからだいぶ経ちますね。あそこがなくなったのはショックでした。地図コーナーの店員さんの知識がハンパじゃなくて,国土地理院の地形図のとてもマイナーな地名を言っただけでも,サッと取り出してくれることに感服した記憶があります。

投稿: 三日画師 | 2013年4月24日 02時36分

この記事の読みどころは
東横線からJR山手線の乗り換え客が
減ったことだと思います。
渋谷の街の賑わいは途中下車的な
乗り換え買い物客は減ったと思いますが。
そして山手線の池袋、新宿、原宿の
乗降客も、どの程度減ったか
興味深いですね。
街の賑わいや大規模小売店は
さまざまな知恵を絞って集客に努めています。

投稿: ぷらっと。 | 2013年4月24日 04時18分

東横線沿線在住の者です。
以前は、渋谷で買い物、たまに新宿、銀座(日比谷線)というのが多かったです。
副都心線開業後は、渋谷で降りることは少なくなりました。ヒカリエは駅真上なので行くことはありますが、センター街・道玄坂方面がどうにも遠く感じて・・・。(実際ヒカリエは好調みたいですね)
銀座の三越行くなら、乗り換えなしで新宿伊勢丹行くほうが速いし便利。昼間は必ず座れる日比直もなくなりましたし。

あと東横線在住者にとって池袋は、殆ど行ったことがない人が多い気がします。とにかく遠い印象だったので。
今はそんな方々が、「近くなったし、一回行ってみるか」と言う感じではないでしょうか。

意外と打撃を受けているのは、銀座だったりするかもしれません。
最終的には、やっぱり新宿三丁目の勝ちになるような。

投稿: | 2013年4月24日 14時46分

「ご祝儀相場」だけで判断しても意味ないでしょう?
大新聞様は、たかだか半月そこらでもっともらしく書くんですねぇ・・・。

投稿: | 2013年4月24日 21時45分

 何かが起こった直後の過渡的な現象にも,それはそれで意味があると思いますよ。直通運転が始まった直後の動向には,変化に対する利用者の「意識」が如実に表れると思います。

 ずっと気になっていた隣のクラスの女の子が,クラス替えで突然クラスメイトになったら,やっぱり持ち続けていた「意識」が行動になって表れますよね。

 長期的には,様々な要因が加わって,直後の行動とは違うところにサチっていくんでしょうけど。

投稿: 三日画師 | 2013年4月26日 01時58分

渋谷での単純な乗換客が直通で降りなくなっただけなのでは? 東横線渋谷駅で「乗り続けている乗客数」のデータもないと判断できない。横浜方面から新宿池袋方面の東横線⇔副都心線&JRのうち、この為にJR乗降客が減っているのは可能性も大だと思う。乗り続け客数がわかれば確認できるんじゃない? 渋谷の街の魅力は、私には判断不能。

投稿: kiz-kaz | 2013年7月10日 11時14分

 渋谷駅の乗客が減った……という話は,乗り換え客が減ったことで説明できると思いますよ。
 でも,それだけじゃ,休日の乗降客数が池袋で約6割,新宿三丁目で約8割,明治神宮前で約5割も増えていることは説明できないでしょう?

 相互直通運転が始まったことによって,池袋,新宿三丁目,明治神宮前に行ってみよう,降りてみようと思った人がそれだけ増えたと考えるのが合理的だと思います。

 ただ,それが相互直通運転開始直後だけでなく,それ以降も続いているかどうかはわかりません。

投稿: 三日画師 | 2013年7月10日 19時37分

(自己コメント)
 2013年9月16日のニュースで,東横線と副都心線の直通運転開始から半年後の利用者動向が報道された。

 東京メトロが改札機データなどを元に動向を分析したところ,渋谷駅は20.2%増加,新宿三丁目駅は32.0%増加,池袋駅は9.1%増加したとのこと。

 渋谷駅に直結した「渋谷ヒカリエ」の効果と考えられるとのこと。

投稿: 三日画師 | 2013年9月16日 22時27分

山手線の混雑解消の為の直通運転でしょ。人出が分散して当初の目的は
達成されたわけです。駅目線で勝ち負けを気にするなんて
変わったサイトですね。

投稿: ち | 2016年11月19日 18時30分

言葉がわからずにコメントしている人がいるけど、
圧倒的に独走すること、他を寄せ付けないことも「一人勝ち」って言うんですよ。

投稿: | 2016年12月20日 22時27分

JR渋谷駅的には、一人負けかもしれないけど、東横副都心線渋谷駅は、乗客増だったわけでしょ?新聞記事への分析が、浅すぎやしませんか?

投稿: ち | 2016年12月21日 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線直通運転でまさかの渋谷一人負け?:

« 北陸新幹線「米原ルート」割れる賛否 | トップページ | 秩父鉄道のパレオエクスプレスが運転再開 »