« JR東日本の新幹線200系電車が定期運行終了 | トップページ | 2013年春のダイヤ改正で国鉄型が続々引退 »

2013年3月17日

JR東海が再来年までに国鉄型気動車を完全置き換えへ

 国鉄型気動車を完全置き換えへ、JR東海(2013年3月14日 鉄道コム)

 JR東海は14日、キハ25形2次車を新製し、国鉄型の気動車を全て置き換えると発表した。
 (中略)
 投入数は52両で、費用は約120億円。2014年度から2015年度にかけて、高山本線、太多線、紀勢本線、参宮線に順次投入する。JR東海管内では、国鉄型のキハ40・47・48形が59両在籍するが、キハ25形2次車の投入完了後は全てJR発足後の気動車となる。

060102093434
〔紀勢本線松阪駅付近を走るキハ48形気動車(2006年1月)〕

 JR東海が2014年度から2015年度にかけて,国鉄末期に大量生産されたキハ40系気動車を一掃するようだ。全国のローカル線のどこに行っても見かけた姿が見られなくなるのは,ちょっと寂しい気もする。
 ただ,いかにも国鉄時代に設計された感のある剛性の高そうな重い車体と,うなりを上げる非力なエンジン……は,さすがに時代にそぐわない車両になってきているのは確かだ。

 それにしても,新しく投入される車両がキハ25形とは何の冗談……と思ったら,マジだった。キハ25形気動車ってのはJR東海の最新車両だったのね……。

060102165909
〔新宮駅に停車するキハ48形気動車(2006年1月)〕

|

« JR東日本の新幹線200系電車が定期運行終了 | トップページ | 2013年春のダイヤ改正で国鉄型が続々引退 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR東海が再来年までに国鉄型気動車を完全置き換えへ:

« JR東日本の新幹線200系電車が定期運行終了 | トップページ | 2013年春のダイヤ改正で国鉄型が続々引退 »