« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の8件の記事

2013年2月27日

理想のカメラに近づいてきた

 最近のデジタルカメラが,10年前に「理想のカメラ」だと思っていたものに近づいてきている。

080419-102633
〔Nikon D3+大口径標準レンズ〕

 Nikon D3はレリーズタイムラグ0.037sec,自動露出も昔よりずっと正確になっている。昨年から使っているNikon D800Eは,レリーズタイムラグが0.042秒と若干遅くはなったが,自動露出の精度はさらに良くなっている。

 しかし,私が「理想のカメラ」と呼んでいるのは,そういうスペックではない。理想は,Nikon D3の延長線にないこともわかってきた。
 私が撮りたいのは,写真コンテストで優秀賞を取るような奇跡的なシャッターチャンスをものにした写真でも,きれいなモデルさんの写真でもない。

 私は,この世の中で私が経験した森羅万象の一瞬一瞬を切り取りたいのだ。
 その森羅万象との邂逅の記録のすべて,いつどこで(年月日時分秒),標高はどのぐらいで(GPSの位置情報),どの方向を向いて(コンパス情報),そのときの気温はどのぐらいで,どのぐらいの風が吹いていて(体感温度は何度ぐらいで,暑かったのか,寒かったのか),太陽は出ていたのか(どのぐらい晴れ間があったのか),雨は降っていたのか……も記録したい。10年も前から,それが記録できるカメラこそが「理想のカメラ」だと思っていた。

 7〜8年前までは,CASIOのPROTREKという腕時計をカバンのポケットに入れて,気温,気圧,標高,方位などを知るすべを得た。しかし,身につける機器では,それを入れておくカバンや身につけた位置によって温度センサーは混乱し,まともな温度は測定できない。気圧は標高の精度も,細かなキャリブレーションなしでは,海岸線を歩いていても,シュノーケルを付けずに海面下を歩いていることになったりしてしまう。身につける機器が内蔵するセンサーでは,その精度には限界がありすぎる。

 それ以来,カメラにセンサーを内蔵させて,カメラ単体でキャリブレーションをしながら精度の高い測定ができないだろうかと考え続けたものの,カメラが撮影時に撮影場所の温度を記録することは無理という結論しかでてこなかった。

 ところが……である。iPhoneのカメラを利用して,目からうろこが落ちるのがはっきりわかった。温度センサーや湿度センサー,気圧・標高センサーは,カメラに内蔵しなくてもいいのだ。撮影位置情報が正確にわかれば,カメラがネットにアクセスして,撮影地の緯度・経度だけでなく,天気,気温,湿度,風速,日照時間,降雨量まで取り込むことができる。発想の転換である。

 先日から,InstaWeatherというiPhoneのアプリを使うようになった。このアプリを使うことにより,Instagramの写真に,その地点の気温,天気,湿度,風速,日照時間などを書き込むことができるようになる。まだまだお遊びの写真にしか使っていないが,これらの情報をExif情報に取り込めるようになれば,普通の写真にも十分使える。
 デジタルカメラが普及し始めて10年前後で,ここまで進歩したデジタルカメラ。次の10年間が楽しみでしかたがない。

130224-170106

130220-063831

130220-070538

130220-194729

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日

「ボーノ」の競合,殴り込み

 曙町に大型商業施設「ボーノ・タウン・アケボノ」ーサミット、HAC、エディオンが入居(2月25日 ヨコハマ経済新聞)

 横浜曙町に大型商業施設「BUONO TOWN AKEBONO(ボーノ・タウン・アケボノ)」(横浜市中区曙町3)がオープンする。2月27日に「サミットストア横浜曙町店」と「ハックドラッグ曙町店」が先行してオープンし、3月1日には「エディオン横浜店」が開店する。

 ボーノ・タウン・アケボノは国道16号線に面し、市営地下鉄伊勢佐木長者町駅や阪東橋駅から近く、利便性の高い場所に位置。180台収容の駐車場と135台を収容する駐輪場を備える。名前は、イタリア語で「おいしい」「すばらしい」などの意味の 「ボーノ」と「曙」をかけて命名された。

(リンク切れ)

 「ボーノ・タウン・アケボノ」がオープンするのは,横浜市中区曙町三丁目の横浜中郵便局の隣の敷地。横浜が誇る伊勢佐木町商店街と横浜橋通商店街の間の一等地に殴り込みをかける。

 そして,ボーノといえば……

積み木の街はあれから何処へ 相模大野
〔2013年3月15日のオープンに向けて準備が進む「ボーノ相模大野」〕

 相模大野の「ボーノ相模大野」も3月15日にグランドオープン予定だ。ボーノ相模大野のWebサイトを見ると,『「ボーノ」とは、イタリア語の buono!(「すばらしい」「おいしい」)と,大野(ono)を合わせた造語です』と,名前の由来もそっくり。

 BUONO(曙町)とBONO(相模大野)が同じ「ボーノ」の看板を掲げてのオープン合戦となる。なんでまたこんなことになってしまったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月に小田急の代々木上原〜梅ヶ丘間が地下化

 小田急下北沢など3駅、3月に地下化(2013年2月1日 鉄道コム)

 小田急電鉄は1月31日、代々木上原~梅ヶ丘間の上下線と同区間の東北沢、下北沢、世田谷代田の3駅を、3月23日に地下化すると発表した。

 地下線に切り替えるのは、代々木上原~梅ヶ丘間の約2.2キロ。切替工事は3月22日(金)の終電後に実施し、3月23日(土)初電からは、東北沢、下北沢、世田谷代田の各駅が地下駅として営業する。地上の全9箇所の踏切は廃止となる。

040207-114805
〔地下化工事が進む前の下北沢駅(2004年2月)〕

 とうとうこのときがやってきた。小田急電鉄が東京都と進めている「小田急小田原線連続立体交差事業および複々線化事業」の最後の仕上げ的な区間が地下化される。

 世田谷代田より西側では,喜多見〜和泉多摩川間が1995年3月に立体化,1997年6月に複々線化。世田谷代田〜喜多見間では2002年12月に立体化,2004年11月に複々線化が完了している。

 小田急線が地下化されることに伴って,下北沢駅周辺の再開発が進むことになる。下北沢駅周辺を見てみれば,この街が自然発生的に「歩く」ことに適したかたちに形成されていて,そこがこの街の最大の魅力だということがわかる。

 ところが,下北沢の再開発計画では,その「歩く」街の真ん中を幹線道路が縦断し,大きなビルが立ち並ぶようになるらしい。
 現在の元気な下北沢の街を見ると,幹線道路によって多少街が分断されようが,一気に活力を失うことにはならないのかもしれないし,さらに元気な街になる可能性もあるとは思う。しかし,今の下北沢の魅力が消えてしまわないか,ちょっと心配である。

040207-124801
〔本多スタジオの横を走る小田急線(2004年2月)〕

040207-125929
〔下北沢東通り商店街の横を走る小田急線(2004年2月)〕

040207-130220
〔東北沢駅から小田急線の電車が下ってくる(2004年2月)〕

090516-163015
〔下北沢駅ホーム横の踏切(2009年5月)〕

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月24日

広島のJR可部線の廃止区間が全国初の復活へ

 JRの廃止区間が復活へ 広島の可部線、全国初(2013年02月04日 朝日新聞)

 可部線はかつて横川(広島市西区)―三段峡(広島県安芸太田町)の60キロを結んでいた。だが、山間部の可部(同市安佐北区)―三段峡の46キロは03年に廃止され、横川―可部の14キロになった。
 復活が決まったのは可部から西1・6キロで、復活区間には中間駅と終点駅を設置する。廃止前はディーゼル車が走っていたが、今回は電化する。レールを敷いたり駅舎を造ったりなどの事業費は27億円。市が3分の2、国が3分の1を負担し、JRは電車の運行と施設の維持管理を担う。

可部線の一部が復活する?
〔可部線の三段峡駅(2001年8月撮影)〕

010802-150324
〔広島から三段峡までの往復切符(2001年8月)〕

 可部駅から三段峡までの可部線非電化区間に関しては過去にも何度も廃止対象となり,2003年12月にとうとう可部〜三段峡間の46.2kmが廃線となった。可部駅から河戸駅までの1.3kmの区間については,JR西日本と広島市の間でも電化して残すという計画がなかったわけではないらしいが,可部線周辺自治体が一体となった存続運動を行っていたこともあって,一駅だけの存続運動は大きなものにはならず,三段峡までのローカル区間とともに廃止されたという経緯がある。

 そしてその後,旧河戸駅周辺には安佐北区役所や可部簡易裁判所,安佐北警察署,広島北税務署等の官庁が並んでいることから,旧可部線の線路敷きに線路を延ばし,旧河戸駅の手前に新駅を作ること,そしてさらに旧河戸駅より先の旧県営団地まで延伸する計画が明らかになってきた。

 線路を延ばすのは旧可部線の線路敷きであり,JR西日本も乗り気だったことから,簡単に延伸できるのかと思ったら,そこには「新しく踏切を設ける鉄道の新設は認められない。道路との交差は立体交差とする」という鉄道事業法の壁が立ちはだかった。

 引用した新聞の記事を読んでも,踏切の問題がどのように解決したかは書いていない。金を掛けて立体交差にしたのか,思い切って踏切を廃止にしたのか,実際のところはどうだったんだろう? ちょっと気になる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

えちぜん鉄道と福井鉄道の相互乗り入れは15年度4月から

 相互乗り入れは15年度4月から えち鉄・福鉄(2013年2月9日 朝日新聞)

 県と福井市は2015年4月から1時間に2本程度、福井鉄道福武線とえちぜん鉄道三国芦原線の直通運転を目指す。13年度からえち鉄の駅ホームを低床車両に合わせて低くし、田原町駅で両鉄道が乗り入れできるように線路を敷く。
 直通区間は福鉄越前武生駅―えち鉄鷲塚針原駅。低床車両を新たに2編成導入する。福鉄のホームは全て低床車両に対応しているが、えち鉄は非対応のため改修し、総事業費は19億2千万円を見込む。
(中略)
 福井市の福鉄駅前線(ひげ線)延伸計画や、県が進めるえちぜん鉄道高架化はダイヤに影響しないという。

 道路の高さからも電車に乗れるステップの付いた福井鉄道の車両がえちぜん鉄道に乗り入れることになるため,えちぜん鉄道側では低床車両に合わせてホームを低く改修する必要がある。総事業費は約19億円で,国の補助が6億4千万円,福井県が10億1千万円,福井市が2億7千万円を負担し,福鉄とえち鉄側の負担はない。
 福井駅前のひげ線延伸計画といい,やっと福井の街づくりも動き出した感じだろうか。2年後が楽しみだ。

小浜〜敦賀〜福井へ
〔福井鉄道の福井駅前駅の福井鉄道200形(2011年5月)〕

福井鉄道とえちぜん鉄道が相互乗り入れへ
〔福井鉄道の電車が田原町駅に入ってくる(2003年10月)〕

福井鉄道とえちぜん鉄道が相互乗り入れへ
〔田原町駅では福鉄の線路とえち鉄の線路が隣接している(2003年10月)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日

ラウンドアバウト型の円形交差点が飯田市に登場

 円形交差点:ラウンドアバウト型、飯田で運用開始 全国初、信号機撤去し改造 /長野(毎日jp)

 飯田市が、同市東和町の五差路信号交差点で昨年から進めていたラウンドアバウト型円形交差点への改造工事がほぼ終わり、信号機を撤去し円形交差点として運用を始めた。同様の円形交差点は既に市内にあるが、国際交通安全学会によると、信号機を取り外し円形交差点に改造するのは全国初。

(リンク切れ)


大きな地図で見る

 ヨーロッパには多く見られるラウンドアバウト型円形交差点。右直事故が生じない構造,交差点内の速度が抑制され重大事故が防げる,無駄な信号待ちが無くなる,信号機がなくても(停電時でも)車がさばける……と,以前は私も「良いことずくめの方法」だと思っていた。

 しかし,街が広場に向かって放射状に形成された都市(ヨーロッパに多い)に多いのは必然性があるとしても,街がどちらかというと格子状に形成され,直交している道路の多い都市に適しているかどうか,ちょっと疑問を感じるところがある。

 歩行者の立場になって考えると問題点が見えてくる。
 飯田市東和町の交差点の写真をよく見てみよう。削り取られた過去の横断歩道の跡を見てほしい。今までは,それぞれの道路の歩道を直進する場合,交差点の部分でも歩道から横断歩道をほぼ直進することができた。
 それが,ラウンドアバウト型円形交差点になって,横断歩道の位置は5m〜10m程度交差点から遠ざかる方向に付け直されている。ひとつひとつの横断歩道は移動量はそれほど大きくないとしても,たとえば交差点の反対側まで行くことを考えると,歩行者はかなり遠回りをすることになる。

 歩行者の移動量を小さくするには,中央の島の部分にも歩道を設け(島の内部も人が歩けるようにする),歩道のコーナー部分から中央の島に渡る横断歩道を設置するのが良さそうだが,交通量の多い環道を歩行者が横断することになって,事故が増える可能性が高い。

 また,交差点に信号機がなくなることから,道路交通法における「横断歩道等における歩行者等の優先」が守られないと,歩行者が交差点を渡りにくくなる可能性がある。
 信号機のある横断歩道では,車両側の信号が青であれば歩行者が横断歩道を渡ろうとしている(横断歩道の前に人が立っている)場合でも一時停止する必要はないが,信号機のない横断歩道では,車両は横断歩道を渡ろうとしている人や自転車の通行を妨げることができない。

 つまり,ラウンドアバウト型円形交差点の横断歩道では,歩行者はいつでも渡りたいときに横断歩道を渡れるはずなのだが,どうなるだろうか。私の経験では,信号機のない横断歩道を渡ろうとしても,止まってくれる車のほうが少ないのが現状である。信号機のない横断歩道を渡っている人に対して,クラクションを鳴らして通過する車すら存在する。

 飯田市の試みは面白いと思うが,実際に運用してみてどういうことになるのか,注目してみたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Capture NX2アップデートでDMC-GX1が使えるように

 2011年12月に買った「LUMIX DMC-GX1の使用頻度が低い」という記事を昨年8月に書いた
 カメラが気に入らないわけではない。もちろん気に入ったから購入したのだ。

Panasonic LUMIX DMC-GX1を買った
[2011年12月に買ったLUMIX DMC-GX1と2011年5月に買ったFinePix X100]
 FinePix X100は,昨年5月のGWの九州旅行へも持って行き,福岡〜鳥栖〜長崎〜熊本〜北九州戸畑〜北九州若松などで大活躍してくれた。本来なら,このような旅行にはLUMIX DMC-GX1を持って行きたかったところだ。

ViewNX 2とCapture NX2でLUMIX DMC-GX1のJPEGファイルが開けない

 LUMIX DMC-GX1を使う気にならないのは,DMC-GX1が生成する「JPEG」画像全部が全部,NikonのViewNX 2とCapture NX2という愛用している画像ビューア&画像編集ソフトでは「無効な色の設定であるため、サポートされていません」というエラーが出てしまい,表示できないからだ。カメラ固有のRAWデータではなく,汎用のJPEG(正式にはJFIF形式かな)にもかかわらず,である。

 私が富士フイルムのFinePix X100だけでなく(もちろんニコンのD3やD800E,PENTAXのK-7,CanonのPowerShot S100も同様に),PanasonicのデジカメであるLUMIX DMC-GX1が生成するJPEGファイルの処理も,ニコンのViewNX2 & Capture NX2というソフトで使いたい理由,それは別記事に書いたので,興味のある方にはそちらを読んでいただくことにして,2月5日にそのニコンのCapture NX2のアップデートソフトウェアが発表された。

 そして,Ver.2.3.5からVer.2.4.0への変更内容とリストには,Nikon 1 J3やNikon 1 S1のRAW画像への対応などに混じって,

一部のJPEG画像について,まれに表示できないことがある現象を修正しました。

の一文があった。

 そう,JPEG画像が表示できないってのは,もろにLUMIX DMC-GX1のJPEGを開こうとしたときの症状だ。一度はあきらめて,LUMIX DMC-GX1を使ったときだけは,JPEG画像をすべてAdobe Photoshop Lightroom 4を使って全部処理してから画像フォルダに戻すなんてことをやっていたが,それをやめられるかもしれない。

 さっそくアップデータをダウンロードし,Capture NX2をVer.2.4.0にアップデート。さっそく,今まで開けなかったLUMIX DMC-GX1が生成したJPEG画像をCapture NX2で開いてみると,問題なく開ける。さらに,アップデートしたのはCapture NX2だけなのに,純正標準添付のViewNX 2でも問題なく開けるようになった。

 これでLUMIX DMC-GX1を使わない理由はなくなった。
 昨年の夏にD800Eを買ってからは,重量級のレンズ(標準ズーム or 広角ズームだけど)を持ち歩くことも多くなっていたが,ときどきは軽量LUMIX DMC-GX1で気分を軽やかにすることもできそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日

レンズが引っ込まなくなったPowerShot S100の無償修理完了

 帰省から戻って,すぐにヨドバシカメラの修理コーナーに持っていった保証期間切れの「レンズが引っ込まなくなったPowerShot S100」。季節柄,メーカーは忙しそうなので,そのまま修理を進めるかどうかの判断を仰ぐ電話はいつもより日数がかかるかもしれません……ということだったので,次のコンパクトデジカメは何にしようかななどと考えながら日々を過ごした(壊れやすいカメラは懲り懲り)。

 そして,修理に出してから10日後の今日,「無償修理が完了しました」とのヨドバシカメラからの留守電が入っていた。既に保証期間を過ぎているとは言え,有償修理になったら,ネチネチと文句を言った後で,キヤノンの工場がある下丸子の多摩川にPowerShot S100を投げ込みに行くつもりだったので,ちょっと気が抜けた(笑)

PowerShot S100無償修理完了
〔レンズが引っ込んだ状態(当たり前だけど)で戻ってきたPowerShot S100〕

 修理票には「レンズエラーの発生を確認いたしました」「関連部品は交換の上,調整いたしました」と書かれている。
 交換部品は,「部番:CM1-7205-000」「部品名称:絞りユニット」だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »