« JR久留里線の旧型ディーゼルカーが引退 | トップページ | JR姫路駅新駅ビル「piole姫路」が来年GW開業 »

2012年11月21日

インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ

 インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ(2012年11月20日 読売新聞)

 野田首相は20日、プノンペンでインドのシン首相と会談した。インドの高速鉄道構想について、日本の新幹線システムの採用を念頭に、両国間で具体的な協議を進めていくことで一致した。

 両首脳は、産業基盤(インフラ)開発について、「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」などの推進に向け、引き続き協力していく方針を確認した。

東北新幹線全線開業の悩み
〔郡山駅構内を疾走する東北新幹線(2003年8月)〕

 JR東日本が主導となった日本の鉄道企業連合が,記事にあるインド,そしてインドネシア,ベトナムの3カ国の4案件で受注を獲得する可能性が出てきた。

 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の後も,「新幹線」の安全神話は崩れていない。着実に受注まで繋げてほしいところだ。

|

« JR久留里線の旧型ディーゼルカーが引退 | トップページ | JR姫路駅新駅ビル「piole姫路」が来年GW開業 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ:

« JR久留里線の旧型ディーゼルカーが引退 | トップページ | JR姫路駅新駅ビル「piole姫路」が来年GW開業 »