« 四日市市長選は今日25日投開票。さてどうなる…… | トップページ | 北陸本線並行在来線区間を実質無償でゲット »

2012年11月27日

「スマート電池くん」を実用化して烏山線に導入へ

 蓄電池で走る次世代車両 烏山線に14年から 栃木(2012年11月21日 朝日新聞)

 JR東日本は、開発を進めていた蓄電池で走る次世代型車両を烏山線に導入すると発表した。2014年春ごろに営業運転を始める予定という。国内初の導入になるといい、数年をかけて烏山線の全車両を新型車両に置き換える。

051016124112t
〔龍門の滝の上を走る烏山線のキハ40形気動車(2005年10月)〕

 烏山線で実用化実験を行っていた蓄電池駆動電車「スマート電池くん」。元はハイブリッド気動車として試作されたキヤE991形気動車で,蓄電池駆動電車システムだけではなく,燃料電池駆動にも改造されたりして,実験が続けられていた。

 大容量のバッテリーを搭載し,電化区間ではパンタグラフから充電しながら走行し,非電化区間はバッテリーでモーターを駆動して走行する。10分間の充電で約20km走行できるという優れもの。
 烏山線には実験車両をベースにしたEV-E301系が導入されるという。

|

« 四日市市長選は今日25日投開票。さてどうなる…… | トップページ | 北陸本線並行在来線区間を実質無償でゲット »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

烏山線ってものすごいところを走ってるんですね…まさか滝の上を走ってるとは。

でも、この車両のアイデアはすごいものがあると思います。10分充電で20km走行可能…これなら宝積寺駅で20分以上停車して待てば1往復可能、宇都宮に延長運転しても15分ほどかかるのでその間に充電が可能ですし、アイデアとしては非常に面白いものがあります。

しかし、列車のカラーリングがどうなるかが心配です。個人的にはこのカラーリングこそ烏山線だと思っているので、できれば引き継いで欲しいものです。アルミ丸出しの車両では味気ないですからね。

投稿: クリス_NK | 2012年12月 8日 00時33分

 私もアルミ板金,ステンレス板金そのままの車両は好きじゃないです。カッコいいカラーリングの車両を期待したいです。

投稿: 三日画師 | 2012年12月 9日 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スマート電池くん」を実用化して烏山線に導入へ:

« 四日市市長選は今日25日投開票。さてどうなる…… | トップページ | 北陸本線並行在来線区間を実質無償でゲット »