« インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ | トップページ | モ750形保存10周年(旧谷汲駅) »

2012年11月25日

JR姫路駅新駅ビル「piole姫路」が来年GW開業

 新駅ビルpiole 来年GWめどに開業(2012年11月14日 朝日新聞)

 JR西日本は13日、JR姫路駅北口で建設を進めている新しい駅ビルを来年のゴールデンウイークをめどに開業する、と発表した。名称は「piole(ピオレ)姫路」。店舗面積約1万3千平方メートルに、東急ハンズ(本社・東京)など約120店舗が入る一大商業施設となり、姫路の新しいランドマークになりそうだ。

Himeji_piole 新駅ビルの完成イメージ図=JR西日本提供

 新しい駅ビル「piole(ピオレ)姫路」は地上6階建て,地下1階でキーテナントは東急ハンズ。その他,姫路初出店のブランドを中心としたファッションビルと位置づけられるということで,東急ハンズ以外には,あまりおっさんが入りやすい店はなさそうだ。

 JR姫路駅の高架化と新しい北口駅ビルの建設で,山陽電鉄山陽姫路駅はどうするんだろうと思っていたが,特に動きは見当たらない。JRの高架化のために,山陽電鉄はJRの線路の上をオーバークロスしていたところを,大規模な線路付け替え工事を行って,高架化したJRの線路の下を通るようになった。

 数日前に記事を書いたJR福井駅もそうだが,JR姫路駅も高架化することが信じられないほどの大きな駅で,側線がたくさんある駅構内だった。それを丸ごと取っ払ってしまう大掛かりな高架化工事でもあり,ひょっとしたら,山陽電鉄はJR山陽本線・姫新線の高架線をくぐった後で,JR姫路駅のホームに並べるように駅を作り直すのではないかと予想していた(素人の勝手な予想。資料等は見ていない)。

 次ぎに示すのが,JR姫路駅が高架化工事をするまえの旧駅ビル・フェスタが元気だった頃の航空写真である。

1974_01
〔1974年撮影の姫路駅の航空写真〕

 こちらが,現在のGoogleマップである。JR姫路駅のマークが修正されずに,既に取り壊されてしまったフェスタの上に位置しているのが泣ける。

Googleマップ
〔2012年のGoogleマップ〕

 この二つの姫路駅上空からの写真とGoogleマップを見てどう感じるだろう。

 ごちゃごちゃした小さな店が整理されて,きれいになった?
 それよりも,JR姫路駅の在来線ホームが,全力で街や商店街から南側に50mほど遠ざかったように見えないだろうか。旧駅ビル・フェスタの下と駅前広場の下に延びていた地下街が,駅ら離れて表示されていて,寂しそうだ。

 それと,やはり山陽電鉄の山陽姫路駅とJR姫路駅の乗り換えが今まで以上に遠くなる。
 山陽電鉄とJRとの交差部分では大規模な工事が行われていたから,ひょっとしたら新しいJR姫路駅に山陽姫路駅が横付けになるような工事も行われるのかと期待したが,それはなかった。JR姫路駅が南側に大きく50mほど後退したことによって生じた大きなスペースに,なんとか山陽電鉄を走らせることができれば,山陽電鉄とJR山陽本線・姫新線が一体となった駅となり,とても便利になると思うのだが……。

 やはり,山陽電鉄山陽姫路駅が南側に遠ざかることに対して,商店街から反対が出るだろうか。でも,JRの駅が50mほど南に遠ざかることに反対しなかった商店街が,山陽姫路駅も50m南側にJRと一緒に遠ざかることに反対するのは,ちょっと違うんじゃないかという気がする。

090101142343
〔取り壊される前のJR姫路駅ビル・フェスタ(2009年1月〕

090101142515
〔JR姫路駅から少し遠くなってしまう山陽姫路駅(2009年1月)〕

090101154110
〔JR姫路駅の前から見た山陽電鉄山陽姫路駅(2009年1月)〕

080501175557
〔高架化前の姫新線の線路とJR姫路駅。新しいホームは跨線橋の右側にできる(2008年5月〕

|

« インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ | トップページ | モ750形保存10周年(旧谷汲駅) »

鉄道」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。姫路に住んでいた事があります。私も山陽が一体化して乗り換えしやすく周辺もすっきりする(または別の物件開発)と思っていました。山陽のあたりに外堀の門があったようなので一体化して復元でもしてくれればとも思ったのです。付け加えますと、高架になるので大手前通りが駅下を通ってドーンと南まで抜けるのかなとも期待していたのですが。

どこかで読んだので真偽は分かりませんが、田中角栄の頃、角栄が姫路を訪れて「駅はもっと南に下げないと発展の妨げになる」と言ったという不確かな記憶があります。

投稿: さくらくさ | 2012年12月15日 22時30分

 はじめまして。コメントありがとうございます。

 姫路駅の南側は新幹線の駅ができた後で市街化したので,都市の規模の割には駅の南北を結ぶ道路が貧弱な感じではありましたね。地図を見ると,駅の南北を結ぶ道路がたくさん整備されつつあるようですので,それが完成すると状況ががらりと変わるかもしれません。

投稿: 三日画師 | 2012年12月23日 02時22分

はじめましてです。姫路在住の者です。もうすぐ完成ですね。
駅北側の通りは、十二所線(西行き2号線)より南から駅まではバスとタクシー専用道路になりました。歩行者道路になります。
姫路駅北側に駅ビルもほぼ完成して、2階から山陽電車につながる、歩道もできつつあります。
元々あった駅ビル辺りは地下から吹き抜けの広場になります。

投稿: かんち | 2013年2月 1日 19時15分

 かんちさん,はじめまして。コメントありがとうございます。

 十二所線というと,大手前通りを白銀交差点で横切る,広い一方通行の道路ですね。ということは,だいぶ思い切った施策が講じられたようですね。また姫路に行ってみたくなりました。駅前から見る姫路城も映えるかもしれませんね。

投稿: 三日画師 | 2013年2月 7日 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR姫路駅新駅ビル「piole姫路」が来年GW開業:

« インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ | トップページ | モ750形保存10周年(旧谷汲駅) »