« 福鉄延伸「ひげ線」議論が平行線となる理由 | トップページ | インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ »

2012年11月18日

JR久留里線の旧型ディーゼルカーが引退

 名物ディーゼル車、12月引退へ 千葉・JR久留里線(2012年11月10日 朝日新聞)

 木更津市と君津市を結ぶJR久留里線(木更津―上総亀山)の3種類のディーゼル車が、12月1日に引退する。JR東日本千葉支社は、ディープな鉄道ファン向けに「お掃除ツアー」や引退セレモニーを企画し、参加者を募っている。

 引退する車両は「キハ30形」「キハ37形」「キハ38形」。JR東日本管内で、この3種類が現役で運行している区間は久留里線の32キロ区間だけだ。老朽化に伴い、12月に開業100周年を迎えるのを機に、新型車両に入れ替えることになった。

久留里線のキハ30形・キハ37形・キハ38形が引退
〔久留里線の最古参キハ30形(2004年8月)〕

 一年前に「2012年の秋から2013年の春までに」という話が出ていたので,ほぼ予定通りに引退することになったようだ。

 写真の通り,車両の塗装があんまりなもんで,鉄道ファンにはあまり人気がない路線だったが(近所に人気の小湊鐵道があったことも影響?),旧型車両の引退が決まったことと,引退目前になって国鉄色に塗り直されたことで,写真を撮りに行く人も増えたらしい。

 引退する前に一度見に行きたいと思っていたが,12月1日はもうすぐで,鉄道ファンがたくさんいる状態は苦手な私には,ちょっと難しそうだ。

 久留里線 キハ30形・37形・38形 運転終了(2012年9月21日 鉄道コム)

 JR東日本千葉支社は、久留里線の旧型気動車3タイプ(キハ30形、キハ37形、キハ38形)の運転を終了。運転最終日は、2012年12月1日(土)。最終運転にあわせ、「旧型キハさよならセレモニー」を開催。開催日時は2012年12月1日(土)13:45頃で、開催場所は久留里駅。

|

« 福鉄延伸「ひげ線」議論が平行線となる理由 | トップページ | インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

あー、ついに久留里線からも消えちゃいましたか…。キハ52系の親戚であるわけですから、それがまたなくなってしまったのかと思うとなんとも寂しいものがあります。私も苦手ですね、鉄道ファンがごった返しになる状況というのは。そんな仲良くSLばんえつ物語号に乗れたもんだと思ってもいますけど…(下り会津若松発新潟行きですが、思った以上に空席がありました)。

実は私は自分の作っているRPGに列車を登場させているのですが、そのときに久留里線のこのカラーはすっかり見逃してしまいました。キハ52系というのが頭にあったせいで、親戚の車両まで手が回らなくなってて…なので、せめて私のRPGの中で永遠に走り続けてもらおうと思います。

投稿: クリス_NK | 2012年12月 8日 00時25分

 外付けドアの簡易的な車両(キハ52形=キハ20系ですので親戚というのは微妙に思いますが)が,2010年代まで残ったことが不思議でなりません。

投稿: 三日画師 | 2012年12月 9日 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR久留里線の旧型ディーゼルカーが引退:

« 福鉄延伸「ひげ線」議論が平行線となる理由 | トップページ | インド高速鉄道、新幹線システム採用で協議へ »