« 京急線脱線,車両搬出に難航して復旧未定 | トップページ | 名古屋駅前の象徴「大名古屋ビルヂング」が閉館 »

2012年9月27日

秩父鉄道パレオエクスプレス復旧は来年3月か

 秩父鉄道8月脱線事故のSL 整備に半年(2012年09月24日 朝日新聞)

 8月に脱線事故を起こした秩父鉄道(本社・熊谷市)のSL「パレオエクスプレス」が、年内に運行再開できないことになった。事故後、電気機関車が客車を引く特別列車を運行させているが、秋の行楽シーズンを控え、秩父観光への影響も出そうだ。
 秩父鉄道によると、蒸気機関車各部の点検整備と組み立てに半年程度かかるため、来年3月下旬の運行再開を目指す。

パレオエクスプレス C58復活25周年
[C58機関車が牽くパレオエクスプレス]

 熊谷市大麻生の秩父鉄道広瀬川原熊谷工場で起きた脱線事故は,ポイントを切り替える際の係員の確認不足が原因とか。これは残念。
 SLの修理はJR大宮総合車両センターに依頼するが,別のSLの修理が先に決まっていたため,パレオエクスプレスの修理をすぐに行うことは困難で,今年の秋の行楽シーズンには間に合わないようだ。

|

« 京急線脱線,車両搬出に難航して復旧未定 | トップページ | 名古屋駅前の象徴「大名古屋ビルヂング」が閉館 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道パレオエクスプレス復旧は来年3月か:

« 京急線脱線,車両搬出に難航して復旧未定 | トップページ | 名古屋駅前の象徴「大名古屋ビルヂング」が閉館 »