« 整備新幹線が着工認可 3区間で三者三様の反応 | トップページ | 鹿児島市電谷山電停に運行100周年記念標柱 »

2012年7月 7日

整備新幹線所要時間のうさん臭さ

 北陸新幹線延伸 所要時間の試算、不透明(2012年07月02日 朝日新聞 マイタウン福井)

 県新幹線建設推進課は、北陸新幹線の敦賀延伸の効果をホームページにまとめている。その中の福井―東京間の所要時間が5月23日、2時間40分から2時間52分に修正され、12分長くなった。今まで、途中の停車時間も含めた平均時速は240キロだったが、国土交通省が金沢などの途中駅での停車時間をより詳しく計算した結果、205キロになったからだ。現在の所要時間の見直しもあり、これまで50分だった時間短縮効果も36分に弱まった。

 あ〜あ,また出てきた所要時間の問題……。事業が進捗するにつれて,現行のほくほく線経由の特急「はくたか」+越後湯沢乗り換えとの差はどんどん縮まることになるかも。

 遅くなったという所要時間試算の前提となる評定速度は205km/h。現行の長野新幹線東京〜長野間の最速列車の評定速度は164km/h(平均132km/h)だから,205km/hという前提もかなり甘い。

 北陸新幹線は整備新幹線なので最高速度が260km/h。どのような計算をして評定速度が240km/hになっていたのか,教えてほしいものだ。

 所要時間の算出は(将来実現されるかもしれない)最高速度300km/hで行って速さの夢を振りまき,建設費用の算出は最高速度260km/hということにして安く作るという夢を振りまくという二枚舌。もういい加減にやめてほしい。

|

« 整備新幹線が着工認可 3区間で三者三様の反応 | トップページ | 鹿児島市電谷山電停に運行100周年記念標柱 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

福井東京間までの所要時間は現行で3時間32分から35分。そうなると差し引き40分から43分の時間短縮になると思いますよ。福井から東京へ行く場合と東京から福井に行く場合では時間差があるのをご存知でしょうか。それから長野東京間の速度所要時間を元に計算は出来ないと思います。なぜなら地形や線形場所によってスピードのアップダウンを余儀なくされるからです。東北新幹線東京盛岡間が496.5kmで2時間30分、最速で2時間21分です。北陸新幹線東京金沢間は454kmです。2時間52分は妥当だと思うのですが。それから北陸新幹線には新車両投入が決定しているはずです。

投稿: 福井の人間 | 2012年7月 7日 23時56分

 この記事は東京〜金沢間ではなく,東京~福井530kmが2時間52分となっています。単純計算して評定速度は185km/h(記事の「途中の停車時間も含めた平均時速205km」とは計算が合わないので,何か前提が異なっているかも)。以前の評定速度200km/h近い見積もりよりも遅くなって,かなり現実的な数値になっているとは思います。
 速達タイプは東京〜長野間はノンストップ,もしくは大宮のみ停車にするとしても,この見積もりでは(整備新幹線の260km/h制限込みの計算なら)まだ少し甘い気がしますが,まあ,とにかく以前の所要時間の見積もり(平均時速240kmってやつ)は相当に胡散臭かったと思います。

 東京〜盛岡間の最速列車の評定速度は213km/hありますが,最高速度300km/hでかっ飛ばせる区間がありますし,北陸新幹線に同じ速度を求めるのは難しいです。同様に,東京〜新大阪の最速列車も213km/h,新大阪〜博多なら234km/hと,整備新幹線に比べると新幹線らしいスピードで走ります。

 東京〜長野間の所要時間を元に計算できないのは当然ですが,残念なことに金沢,福井へは東京〜長野が含まれることになりますので,無視はできないです。北陸新幹線がほくほく線経由の最短ルートだったら,東海道新幹線の代替路線にもなり得るし,理想的だったんでしょうけどね(長野の方が怒っちゃうかな)。
 ついでに言ってしまうと,東京〜大宮間の最高速度110km/h区間も残念です。

投稿: 三日画師 | 2012年7月 8日 02時38分

まずコンメントを掲載してくださいましたことに深く感謝しております。それでなのですが三日画師様は、ほくほく線経由越後湯沢乗り換えとの差はどんどん縮まるかもと述べられています。それはどこからどこまでを述べられていますか?現行ほくほく線経由は金沢からですと最速で3時間47分速達で4時間です。福井は東京へは米原経由で3時間32分35分です。

東京長野間の所要時間は当てになりません。日本海側へ抜けますと比較的線形が良くなりますのでかなりのスピードが出せると私は予想しています。ですので福井東京の2時間52分は妥当であると思っているのです。

JR東は金沢開業に合わせてコーナーや上り坂でも安定的にスピードを維持できる車両を投入することを決定しています。来年の冬には走行実験をする予定とのことです。
新幹線の所要時間は停車駅数や線形地形などで変化しますので特定の区間を元に計算しても仕方がないと思うのです。この所要時間の話というのは昔から議論されてきたのですが、金沢開業が2年をきっていますので真の所要時間は次期に分かると思われます。
因みに国土交通省は最新の東京金沢間の所要時間を2時間25分30分と発表しています。

投稿: 福井の人間 | 2012年7月 8日 05時11分

いづれにしましても三日画師様。コメントを掲載していただきまして本当にありがとうございました。私の意見も夢も2年後の金沢開業で打ち砕かれるかもしれません。逆に期待していた通りになるかもしれません。ですが私は福井延伸が認可になり夢を持ちたいのです。本当に何か逆の意見を書きまして申し訳ありません。こういう事業には絶えず疑問の視点で見たり、ある程度期待を抑えて考えるのも重要だと考えさせられました。

投稿: 福井の人間 | 2012年7月 8日 05時44分

 コメントありがとうございます。
 東京までの所要時間が,ほくほく線経由とあまり変わらなくなるのは糸魚川ですね。ちょうど1年前に書いた「きしむ北陸新幹線・新潟編」で朝日新聞6月20日の記事を引用していますが,「(新潟)県によると、新幹線の各駅停車タイプの糸魚川−東京間の所要時間は約2時間40分で、特急と上越新幹線を乗り継ぐ現在と変わらない」と書かれています。
 糸魚川でどっこいどっこいということは,上越市直江津周辺の方は,今よりも時間が掛かるようになるかもしれません。

 さすがに福井や金沢,富山(速達タイプが停車する)からは,新幹線のほうが早いです。

 日本海側に抜けた後はスピードが出せると私も思っています。ただ,それでも現状では最高260km/hです。いかにスピードの出せる車両を投入しても最高260km/h止まり。もったいない……。

 個人的には,どうせ作るなら整備新幹線は最高速度260km/hという制限を取っ払って,300km/hは出せるようにしてほしいと思っています。所要時間を短縮できてこその新幹線です。

 それと,発表される所要時間が少しずつ増えていることに加え,どこも「速達タイプは長野駅通過」を言い出さないですよね。長野の方が猛反発するのは目に見えているので,金沢まで開通してから,あるいは開業してから数年後に発表されるのかもしれませんが,東京〜新大阪間の速達タイプの「のぞみ」の停車駅が品川・新横浜・名古屋・京都だけ,東京〜盛岡間の速達タイプ「はやて」は上野・大宮・仙台だけなのを考えれば,長野通過は妥当だと思うんですけど……。
 その点で,国交省やらの発表は大人だなぁとは思っています。

 さらに,越後湯沢でほくほく線に乗り換えている乗客が北陸新幹線を利用するようになると,上越新幹線の高崎〜越後湯沢間の乗客が大幅に減少し,新幹線としてはかなりの過疎路線になってしまう心配もあります。

 そうそう,意見が異なるのは全然気になりません(というか,東京〜福井の所要時間については同意見だと思いますよ)。自分の意見が絶対に正しいとは思ってませんし,「かすかだり」というタイトル通り,私三日画師が生意気なこと,思い上がった生意気なことを書いているブログですので。

投稿: 三日画師 | 2012年7月 8日 08時58分

静岡県内在住のものです。

静岡は在来線の時代からすべての特急が止まっていないので
新幹線ができても、静岡にひかりの停車は無理だわと感覚があったそうです。
(駅の構造を見てもらえれば解ります)
しかし沿線の都市規模や長野を止まらない特急がなかったことを踏まえると、「長野とばし」は難しいだろうと思っています。

如何せん整備新幹線が法律上・技術上300km/h運転に対応していないため、JRの自由にはなりません。とりわけ昨今ではコンプライアンスやJR北海道の問題もあるので、なおさら難しいと思います。

とはいえ新幹線開業後は乗り換えなしで劇的な改善が求められるわけですから、乗り入れもできない九州よりも恵まれていると言えます。

投稿: ねこあたま | 2013年10月 6日 22時22分

 北陸新幹線のJR東日本とJR西日本の乗務員交替は長野駅で行われることになりそうですので,「長野とばし」はなさそうですね。

 整備新幹線の260km/h制限はしかたがないですが,非常にもったいない話だと思っています。

投稿: 三日画師 | 2013年10月 6日 23時39分

北陸新幹線は大宮東京間の本数圧迫もあり、停車駅が増え北陸新幹線東京福井間は3時間~3時間10分になりそう
福井敦賀間を北陸新幹線を使って東海道経由でもそのくらいの時間になりそう。
どうせ東京基準でしかものを考えない世の中なんだし米原福井間を先に作るべきだった

投稿: | 2013年10月13日 16時48分

かがやきが東京金沢間2時間28分〜32分
金沢福井間は基本各駅停車だろうし、東京福井間の所用時間は3時間程度だろう

敦賀延伸時にはかがやきの本数は15〜20本に増えているだろうから利便性もまあまあ

投稿: あ | 2015年5月 2日 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 整備新幹線所要時間のうさん臭さ:

« 整備新幹線が着工認可 3区間で三者三様の反応 | トップページ | 鹿児島市電谷山電停に運行100周年記念標柱 »