« いまさら「NIFTY-Serve」感 | トップページ | 戸塚駅の東海道線「3ドア乗車口」表示が消えてた »

2012年6月17日

横浜市営地下鉄ブルーラインに「急行」?

 市営地下鉄ブルーラインに「急行」、14年度運行目指す/横浜(2012年6月5日 カナロコ)

 横浜市交通局が市営地下鉄ブルーラインへの「急行」や「快速」運転の導入を本格的に検討することが4日、分かった。2012、13年度中に進め、14年度中の運行開始を目指す。市交通局運転課の山内義則課長は「利便性を向上させ、利用客の増加につなげたい」と話している。

120615190806_07
 横浜市営地下鉄上永谷駅(2012年6月15日撮影)
 電車の追い越しが可能な待避駅は上永谷と新羽駅しかない……

120615191104_08
 上永谷駅では乗務員の交代も行われる(2012年6月15日撮影)

 急行または快速運転の導入が検討されているのはブルーラインの全線,湘南台〜あざみ野駅間。同区間の現在の所要時間は1時間7分だが,12分短縮して55分で結ぶ計画らしい。
 ただ,追い越し可能な設備のある駅は上永谷と新羽しかなく,地下鉄だけに駅の改良には費用が掛かりすぎるため,運転本数は1時間に2本程度になりそう。ということは,急行を待つよりも,来た電車に乗ったほうが早いことになるわけで,あまりありがたく感じないかもしれない。
 実際の利用パターンも,横浜,新横浜,センター南,上大岡,戸塚,……あたりで乗客が入れ替わる割合が多く,区間利用がほとんどではないかと思われる。

 とはいえ,地下鉄は地上を走る鉄道よりも停車駅が多く,時間が掛かる印象があることも確かなので,急行運転の要望が強いのもよくわかる気がする。

 評価は停車駅がどうなるか次第かな。どうでもいいけど,最寄り駅の上永谷には停まってほしいものだと,超個人的希望で記事を締めたい。

|

« いまさら「NIFTY-Serve」感 | トップページ | 戸塚駅の東海道線「3ドア乗車口」表示が消えてた »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

かつて、神戸市営地下鉄西神・山手線で
快速を運行してましたが、
以下の理由で廃止になりました。

・普通列車の待避線設備が無い状態(待避線設備があるのは名谷1駅のみ)
での快速列車運行では、
前後を走る普通列車の運転間隔を拡げなくてはならず、混雑率のばらつきが大きい。
・快速通過駅の利用客には等間隔の運行ができないため、利便性の低下となった。
・それで普通列車の運行間隔を等間隔にする方が
快速運行に比べ、サービス向上になるとの結論にいたった。
(神戸市総合コールセンターのFAQサイトより引用)

おそらくこの「ブルーライン」も同じような理由で
短期間で急行or快速の運行が廃止になるような気がします。

投稿: てるてるちゃん | 2012年6月18日 21時05分

 てるてるちゃん,コメントありがとうございます。

 神戸市営地下鉄西神・山手線の例が,そのまんま当てはまりそうですね。追い抜きのない急行は,不均一で不便な普通列車を増やすばかり。参考になります。

投稿: 三日画師 | 2012年6月21日 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市営地下鉄ブルーラインに「急行」?:

« いまさら「NIFTY-Serve」感 | トップページ | 戸塚駅の東海道線「3ドア乗車口」表示が消えてた »