« 久しぶりにドラマチックな夕焼け | トップページ | 整備新幹線が着工認可 3区間で三者三様の反応 »

2012年6月29日

線路が燃える……

 枕木から炎…JR東海道線で運転一時見合わせ(2012年6月28日 読売新聞)

28日午後5時15分頃、愛知県一宮市栄のJR東海道線尾張一宮駅で、大垣駅発豊橋駅行き上り普通電車の運転士が、ホーム端から約300メートル南側の枕木から高さ10センチほどの炎が上がっているのを見つけた。

 運転士は電車を緊急停止させ、線路に降りて消火器で消し止めた。周囲に火の気はなく、一宮市消防本部が出火原因を調べている。

京福電鉄 東古市・永平寺
 消火完了(1998年5月 京福電鉄東古市駅にて)

 木製枕木は腐食防止のためにクレオソートなどをしみ込ませてあり,意外に燃えやすい。ホームでタバコを吸って,吸い殻を線路にポイッと捨てたりすると,こういう火事の原因になる。

 写真は15年近くも前の京福電鉄東古市駅(現えちぜん鉄道勝山永平寺線永平寺口駅)で撮ったもの。電車を降りて誰もいなくなったホームに居たところ,枕木から煙が上がっているのを発見。慌てて駅員さんを呼びに行き,消火が完了したところの写真である。無人駅だったら大変だ。

|

« 久しぶりにドラマチックな夕焼け | トップページ | 整備新幹線が着工認可 3区間で三者三様の反応 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

あの駅というか鉄道というか、そういうところの独特のにおいの正体ってクレオソートだったんですね。本当に一歩間違ったら大事になってますね…。地元消防団に加入している私としてはそういった厄介な物事が起きるのは非常に困るので、こういう大事なことはきちんと知らせる義務があると思います、「枕木は燃えやすいので線路上は火気厳禁」ということを。

投稿: クリス_NK | 2012年7月 4日 16時54分

 たばこを吸う人の中には,禁煙場所でも平気でスパスパ,吸い殻をどこにでも平気で捨てちゃう人がいますよね。線路に吸い殻を捨てるような人には,「火気厳禁」は効き目が少ない気がします。それで効き目があるような人は,「火気厳禁」じゃなくても吸い殻を線路に捨てたりしないでしょうし……。
 困ったもんですね。

投稿: 三日画師 | 2012年7月 7日 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 線路が燃える……:

« 久しぶりにドラマチックな夕焼け | トップページ | 整備新幹線が着工認可 3区間で三者三様の反応 »