« 生まれて初めて心電図が「normal」表示に | トップページ | 南海電鉄加太線が開業100年 »

2012年5月28日

都電が荒川線だけになって40年

 唯一の都電、地元の支えで40年 東京(2012年5月28日 朝日新聞)

 かつては東京のいたる所を走った都電。自動車の台頭とともに多くが姿を消す中、現在の荒川線は地元の要望によって残った。唯一の路線となってから、今年で40年。今も電車を支えているのは、下町の沿線住民たちの取り組みだ。

050504132638
 町屋付近を走る都電(2005年5月)

 東京都電が開業したのは明治時代(当時は東京市電だろうけど)のはずだから,40年というのは間違いじゃないか……と思ったら,「唯一の都電」になってから40年ということらしい。

 専用軌道区間が多かったからとか,ほかにもいろいろ残った理由は考えられるけど,やっぱり世の中が「路面電車は交通渋滞の原因」という考えから,少しだけ変わってきたことも大きいんじゃないかと思う。

 いつも混雑している電車という印象があるから,同じ輸送量を路線バスで実現するのは難しいし,かといって地下鉄を引くほど需要のある区間ではない。地方の中核となる都市でも,長崎や熊本,鹿児島など,路面電車を残した街の賑わいを見ると,適当な交通量のある街では路面電車が公共交通機関として有効なのだと思う。

041128152030
 大塚駅前を走る都電(2004年11月)

|

« 生まれて初めて心電図が「normal」表示に | トップページ | 南海電鉄加太線が開業100年 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電が荒川線だけになって40年:

« 生まれて初めて心電図が「normal」表示に | トップページ | 南海電鉄加太線が開業100年 »