« 台風で不通になっていた身延線身延〜内船が運転再開 | トップページ | 南海会館ビルが154mの高層ビルに…… »

2012年2月22日

初代「のぞみ」300系が3月16日ラストラン

 初代「のぞみ」300系引退へ 3月16日ラストラン(2012年2月16日 朝日新聞)

 東海道・山陽新幹線で1992年に初代「のぞみ」としてデビューした300系車両が3月16日に引退する。JR東海は16日、現役の2編成に「ありがとう」「LAST RUN」などと描かれたステッカーを貼り、うち1編成を東京都内の車両基地で公開した。引退まで、この姿で走らせるという。

 300系は、車体をアルミ合金にすることで軽量化を実現。従来より50キロ速い270キロで、東京―新大阪を2時間半で駆け抜けた。

初代「のぞみ」300系引退へ 3月16日ラストラン
 東京駅に停車する300系電車。隣の100系は既に引退している(2002年6月撮影)

 あまり人気のない車両だという印象だったが,最後となると鉄ちゃんの心境まで変わってしまうのかな。
 すでに,脚立でフェンスによじ登って撮影しようとして,列車を止めてしまう人まで現れているらしい。最後ぐらいは静かに見送ってやりたい気がする。

|

« 台風で不通になっていた身延線身延〜内船が運転再開 | トップページ | 南海会館ビルが154mの高層ビルに…… »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初代「のぞみ」300系が3月16日ラストラン:

« 台風で不通になっていた身延線身延〜内船が運転再開 | トップページ | 南海会館ビルが154mの高層ビルに…… »