« 初代「のぞみ」300系が3月16日ラストラン | トップページ | 一畑電車が元南海ズームカーを南海カラーに復元 »

2012年2月22日

南海会館ビルが154mの高層ビルに……

 なんば駅 154メートルビルや! 南海電鉄(2012年2月17日 朝日新聞)

 南海電気鉄道は16日、本社が入る南海会館ビル(大阪市中央区)の建て替え計画の概要を発表した。なんば駅直結の地上29階建ての複合高層ビルで、海外からの医療ツーリズムに対応したメディカルセンターなどを誘致。関西空港からのアクセスの良さを売りものにする。

 ビルは延べ床面積7万8千平方メートル、高さ約154メートル。上層部は賃貸オフィスで全体の7割超を占め、中層階にメディカルセンターや多目的ホール、低層階に伝統芸能が体験できる常設小劇場、商業施設などが入る。2016年春に着工し、完成は19年春の予定。総事業費は400億円。

なんば駅横の南海会館ビルが高層ビルに
 高島屋と一体化した南海なんば駅(2007年5月)

 今回154mの高層ビル計画が発表された南海会館ビル(南海本社)は,この高島屋の西側にあたる。現在は大阪難波郵便局なども入っているビルである。

 まぁ,えげつないな……と感じるのは,南海会館ビルの東側のなんば駅の真上には,南海電鉄自身が所有する南海サウスタワービル(地上36階,高さ147メートル)が既に建っており,そこには眺望の良さが評判になっている「スイスホテル南海大阪(フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナル傘下)」が入っているからである。その眺望の良さの一部(南西側)が,同じ南海電鉄が建てるビルによって影響を受けてしまうことになる。

 まぁ,当然そのぐらいの支障があることは誰だって考えるだろうから,だからこそ「えげつないな」と感じた次第。

|

« 初代「のぞみ」300系が3月16日ラストラン | トップページ | 一畑電車が元南海ズームカーを南海カラーに復元 »

鉄道」カテゴリの記事

都市・街並み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南海会館ビルが154mの高層ビルに……:

« 初代「のぞみ」300系が3月16日ラストラン | トップページ | 一畑電車が元南海ズームカーを南海カラーに復元 »