« 利用しない和田岬線廃止して住民は費用負担するのかね? | トップページ | 「さよなら高岡駅」改築直前、なべ祭り大盛況 »

2012年1月20日

土佐電鉄の外国電車が復活

 土佐電の外国電車が復活 カード対応、定期運行へ 高知(2012年1月14日 朝日新聞)

 電車の日などのイベント開催時しか運転されずに車庫で眠る土佐電気鉄道(高知県)の「外国電車」が、10月から定期運行で復活する。車掌の人件費などが必要になるが、同社は観光客や乗客の増加を期待している。

 外国電車は同社の開業85周年を記念し、「世界の電車が走る街」をPRしようと、1990年からドイツ、オーストリア、ノルウェー、ポルトガルの路面電車を導入。鉄道ファンでつくる「鉄道友の会」や「国際交通安全学会」から賞を受けるなど好評だった。

 しかし同社の経営が厳しさを増す中、外国電車はワンマン運転やICカードシステム「ですか」に対応していないため、2009年に定期運行を終了。街を走るのは10年1月~11年1月の「土佐・龍馬であい博」期間中の特別運行や、毎年5月の電車の日イベント開催時ぐらいになっていた。

i
 土佐電鉄が保有するポルトガル・リスボン市電(2002年5月)

 うむむ,ICカードシステム「ですか」対応機器を設置し,車掌の人件費は必要になるが,車庫で眠ったままだった車両が復活することを,とりあえず喜びたい。

 ただ,昨年9月の記事の関係者の話は,『車掌の乗務が必要になるなど費用がかさむためで、関係者は「厳しい経営状態のなかでは、なかなか走らせられない」と残念がっている』となっていて,走らせられなかった理由(費用がかさむ)は何も解決していないような気がする……。

|

« 利用しない和田岬線廃止して住民は費用負担するのかね? | トップページ | 「さよなら高岡駅」改築直前、なべ祭り大盛況 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

外国電車の復活が待ち遠しい

投稿: 路面電車オタク | 2012年2月 7日 16時26分

 外国電車の復活,楽しみですね。

投稿: 三日画師 | 2012年2月18日 02時33分

特にオーストリアの電車に乗りたいです

異国の空気を味わいたいです。

投稿: 路面電車オタク | 2012年3月17日 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐電鉄の外国電車が復活:

« 利用しない和田岬線廃止して住民は費用負担するのかね? | トップページ | 「さよなら高岡駅」改築直前、なべ祭り大盛況 »