« 五條市内に残る五新線(未成線)橋脚取り壊され始まる | トップページ | 久留里線のキハ30形・キハ37形・キハ38形はあと数年で引退 »

2011年12月14日

馴染んだズームリングの回転方向は変えられない

ズームリングの回転方向に撃沈

 買ったばかりの新品ほやほや PowerShot S100。以前から使っている Cyber-shot DSC-HX5V と同様に GPS 機能が付いて,コンパクトなサイズ。そして何より,レンズのまわりに付いているコントロールリングを手動で回すことで,24mm/28mm/35mm/50mm/85mm/100mm/120mmの焦点距離を変えられるステップズーム機能(コントロールリングは露出補正他の機能に置き換えることも可能)が付いている。
 これぞ,ずっと待ち続けてきたコンパクトデジカメだ。レバーでズームを操作する電動ズームでは決して得られない,手動ズームに近い感覚を得られそう……。これこそが PowerShot S100 を選んだ理由……だったはずだった。

 が,撃沈した。コントロールリングでのステップズームは,私にはまったく使えないことがわかった。

 そう,最大の問題はステップズームの回転方向だった。
 私は長年 PENTAX と Nikon の一眼レフを使用している。奇跡的なことに,PENTAX と Nikon のピントリング,ズームリングの回転方向はまったく同じなので,とっさのときにもまったく違和感なく回すことができる。

各社のピントリング・ズームリングの回転方向一覧はこちら

ズームリングの回転方向に撃沈
 PENTAX DA☆16-50mm F2.8レンズ。
 ズームリングを(カメラボディから見て)右に回すと望遠側,左に回すと広角側になる。ピントリングは,右に回すと無限大側,左に回すと最短撮影距離側となる。20年以上使い続けて,体にしみ込んでしまった動作である。とっさのときには,頭で考える前に,指が反応してズームリングやピントリングを回している状態にまでなっている。

ズームリングの回転方向に撃沈
 こちらは Nikon のAF-S 28-70mm F2.8レンズ。距離目盛やズーム指標が,上の PENTAX とまったく同じことがわかる。

 この2社のカメラばかりを使っているぶんには,ほとんど違和感なくズームレンズを操作することができるのだ。

 ところが,そこに乱入してきた Canon の PowerShot S100。ズームリングの回転方向が逆なのは,ヨドバシカメラの店頭でいじり回したときから気になっていた。そんなものは,使い続けていればすぐに慣れるだろうと思ったのだ。

 しかし,甘かった。先日,一日中 PowerShot S100 を持ち歩いて,あちこち撮影して回っても,結局慣れることはまったく無かった。広角側に引こうとしてズームアップしてしまったり,その逆の操作を何度も何度も繰り返してしまう。あまりにストレスを感じるものだから,コントロールリングは露出補正の設定にして,ズームの操作は旧来の場所,シャッターボタン回りのレバーに戻すことで落ちついた。
 Canon の一眼レフユーザーは回転方向が一致するから,このような問題は生じない。悔しいけど,うらやましい。

 ズームリングの逆回転ぐらい,すぐに慣れるだろうと思っていたが,もうすっかり脳みそが硬くなってしまって,新しい動作を覚えられないのかもしれない。年寄りが新しいことを覚えられないというのは,こういうことを言うのだろう。残念だが,しかたがない。
 この機能はファームウエアで直せそうなところなので,何とか回転方向が選択できるように改良してほしい。熱望する!

 それ以外には特に不満がない。本当によくできたデジカメだと思う。

【参考】
2015年8月19日「デジタルカメラ操作の統一を阻むもの」

|

« 五條市内に残る五新線(未成線)橋脚取り壊され始まる | トップページ | 久留里線のキハ30形・キハ37形・キハ38形はあと数年で引退 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

「Canon の一眼レフユーザーは回転方向が一致するから,このような問題は生じない」と書いたのは,あくまでPowerShot S100と回転方向が一致するというだけで(同じメーカーだから当然と言えば当然),Canonの一眼レフがすべての基準という話ではない。念のため。

投稿: 三日画師 | 2014年7月25日 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馴染んだズームリングの回転方向は変えられない:

« 五條市内に残る五新線(未成線)橋脚取り壊され始まる | トップページ | 久留里線のキハ30形・キハ37形・キハ38形はあと数年で引退 »